BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

M1 Macユーザーは絶対要る! ポート不足を解消するOWC Thunderbolt Hub【動画付】

素晴らしいM1 Macだが、ひとつ問題がある

M1チップを搭載したMacBook Airは素晴らしい。

しかし、筆者のように、MacBook Proなどの上位モデルから乗り換えた人間にとっては、ひとつ問題がある。

ポートが足りないのだ。

もともと2ポートモデルを使ってた人は、それほど感じないかもしれないが、筆者のように元々4ポートモデルを使っていた人にとっては、いくらM1 Macが素晴らしいからといって、ポートが減ると困る。

たとえば、筆者の場合、LG 5Kディスプレイの接続が電源を兼ねてはいるが、それでもディスプレイとSSDを接続すると、もうそれ以上接続できない。

その状態で、SDカードを読むこともできないし、マウスやキーボードを接続することもできない。最近は、ビデオ会議用にウェブカメラや、マイク、ヘッドセットなどを接続しなければならないことも多いが、それも接続できない。とにかく圧倒的にポートが足りないのだ。

M1には、Thunderboltのコントローラが2ポート分しかないということなので、この問題はM1 MacBook Pro(2ポート)や、M1 Mac miniでも共通だ。

困難な、Thunderbolt 3の拡張

となると誰もが考えるのが、ハブを接続することだろうが、筆者の知る限りThunderboltケーブルを拡張できるハブは販売されていないのだ。Thunderbolt 3の仕様としては、デイジーチェーンも、ツリー状にも接続できるはずなのだが、なぜかそういうハブが売っていない。

おそらく技術的に難しいのだと思う。Thunderbolt 3は、データを40Gbps、100Wまでの電源を繋げるという仕様。それを分岐させて、それぞれに性能保証をする、その技術的ハードルが高いのだろう。

しかし! ついに、そんな製品が発売された。

やってくれたのは激速のSSDなどを販売するOWCだ。

ポートを大幅に拡大。電源供給も

ご覧のように背面には、3つのThunderbolt 4ポートが並ぶ。

さらに、電源アダプター用のコネクターと、Kensingtonロックのホール。60W出力ということなので、十分な電源を供給するには、電源が要るこれは分かる。

表側には、Macに繋ぐためのThunderbolt 4ポートが設けられている。

さらに、オマケっぽいが、USB 3.2 10Gbpsのポートも設けられている。USBメモリーなどをちょこっと繋ぐときには、この前面に設けられているというのがメリットになるだろう。

実際、これなしではやっていけない!

 

現在の筆者の使用例としてはこんな感じ。

OWC Thunderbolt Hubから3本に分岐。1本はLG 5Kディスプレイに接続し、そこからUSB-C経由でLogicoolのStreamCam(USB-C)に接続。

もうひとつのポートにはOWCの高速接続SSD、Envoy Expressの2TBモデルを接続。ハブを経由してもその高速性能が損なわれないのも嬉しい。

もうひとつのポートにはTUNEWEAR ALMIGHTY DOCK C3を接続。そこにマウスのドングルと、LogicoolのヘッドセットH340、そしてコンデンサーマイクを接続している。これでYouTubeも作れる。

これだけの機材をケーブル1本で、接続できるというのがありがたい。これでもまだ、MacBook Air本体にはThunderbolt 4のポートがひとつ余っているのだ。さらに可能性を広げられる。バックアップ用のSSDを接続するなんてこともできる。

お値段は、記事を書いている時点で聞いた話では、2万4000円前後(税込)とちょっとお高いが、MacBook Pro(4ポート)からの乗り換え組としてはこれがないとかなり困る。価格としては高いけど、これはマストバイといえる製品だと思う。アダプターがデカイのが玉にキズだが、これは60Wの電源を供給するためには仕方がないところなのだろう。

お求めはこちらからどうぞ。

OWC Thunderbolt Hub
http://www.amazon.co.jp/dp/B08P58FDD9/ref=nosim?tag=peacs-22
(2020年11月27日0時から発売開始。12月6日まで10%オフのクーポンあり)

このHubはサイズからいっても、基本的には電源アダプターに接続して、在宅で、もしくはオフィスでのみつかうイメージだろう。持ち歩くには電源アダプターが大き過ぎる。

これで、4ポート以上のモデルが出る時まで、MacBook Airで十分耐えられる。もしかしたら、これがあればMacBook Proの4ポートモデルを待つ必要さえなくなってしまうかもしれない。

M1 Macユーザー必携のアイテムだといえるだろう。

 

(村上タクタ)

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load