BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ちいさな2TB。OWC Envoy Pro Elektronが発売同時にクリスマスセール

激速で知られるOWCから超コンパクトモデル

HDDより高価だが、速度とコンパクトネスにおいて、ストレージはSSDを選ばざるを得なくなっている。中でも、圧倒的なスピードとクオリティを見せてくれるのがOWCのSSDだ。

その圧倒的なスピードを見ると、やはり同じ買うならOWCと思わざるを得ない。ちなみに、一般的なHDDだと、数十MB/sがせいぜい。一般的なUSB-C接続のSSDだと、2〜300MB/sぐらい。しかし、過去テストしてきたOWC製のSSDは圧倒的数値を叩き出してきた。

激速の外付けSSD、OWC Envoy Pro EXに安価なUSB-Cモデルが登場! これはお勧め!

激速の外付けSSD、OWC Envoy Pro EXに安価なUSB-Cモデルが登場! これはお勧め!

2019年07月26日


激速! 換装可能! コンパクト! OWCのTB接続SSD、Envoy Expressを試してみた

激速! 換装可能! コンパクト! OWCのTB接続SSD、Envoy Expressを試してみた

2020年10月13日


コンパクトで、速度は920MB/s〜870MB/s

そのOWCから、今度は圧倒的にコンパクトなSSDが発売された。製品名はEnvoy Pro Elektron。

76×52×12mmで、わずか85g。ちょうど幅広の消しゴムぐらいのサイズ感だ。

付属するケーブルはUSB-C to USB-C、USB-Aに変換できるアダプターが付属する。比較的幅広い用途を想定したもののようだ。というか、本体が小さ過ぎて、ケーブルがすごく大きく見える。

接続はUSB 3.2 Gen 2で、10Gb/s。公称の転送速度は(実測とあるが)最大1011MB/s。

さて、早速、速度チェック。

このコンパクトさからは想像できないぐらい速く、READもWRITEも700〜600MB/sぐらいの速度を記録。

十分に早いが、ただ1,011MB/sという公称値からすると、もうひと伸びしてもいい。

そういえば、一説によるとM1 Macは、USB-C接続の場合、十分な転送速度を発揮できない場合がある……との話があるのを思い出して、インテルチップを積んだMacBook Pro 13(2020)でもテストしてみた。

すると920MB/s〜870MB/sあたりの数字をマーク。

Envoy Pro Elektronは十分に1,000MB/s近いスペックを発揮することは分かったが、M1 MacがUSB-C接続SSDの性能を十分に発揮できないことがあるというウワサを立証してしまい、ちょっと複雑なことに。

ちなみに、M1 Macでは筆者手元のThunderbolt 3 SSDは十分な速度(Envoy Expressが1,200〜1,500MB/s)を発揮した。また、十分な電力供給ができてないという説を考えて、Thunderbolt Hubを介してEnvoy Pro Elektronを接続してみたが、やはり700〜600MB/sぐらいの速度だった。

というわけで、Envoy Pro Elektronは速いが、M1 MacはUSB-C接続のSSDのパフォーマンスを十分に発揮できないことがある……という微妙な結果だった。

iPad Air、Proでの利用も便利

コンパクトなSSDということで、iPad AirやProに接続して活用するのも良さそうだ。実際にiPad Air 4に接続して試してみたが、こちらも便利に使えた。(ただし、ベンチマークアプリがないので、今回は計測しなかったが、iPad側の転送速度の性能により、大量のデータをやりとりするには十分な速度は発揮できないとの説もある。数百枚の写真を転送するレベルでは、十分な速度で動作はした)。

IP67の防水性能を持ち、多少の水没には耐えられるし、丈夫なアルミ削り出しのボディのおかげで、強度もかなり優れている。大切なデータを入れて持ち歩くには、優れたチョイスのひとつだといえるだろう。

ちなみに、USB-C to Lightningケーブルを用意して、iPhone 12 Proにも繋いでみたが、こちらは認識しなかった。iPhone側からの供給電力が十分ではないのかもしれない。

速度は大きさに比例する!?

最後に、OWC製のSSDを並べてみた。

計測した転送速度と一緒に列記すると、一番左が、今回のEnvoy Pro Elektronで920MB/s〜870MB/s。次が、Thunderbolt接続のEnvoy Expressで1,500〜1,200MB/s。その次がUSB-C接続のEnvoy Pro EXで800MB/s前後。そして、最後のEnvoy Pro EXのThunderbolt 3モデルが読み込みが2199.0MB/s、書き込みが1514.1MB/s。

つまり速度は大きさに比例するということで、それぞれアルミのボディなのだが、熱の冷却性能によっておおむねの速度は決まるということになりそうだ。

というわけで、OWC Evvoy Pro Elektronの最大のウリはコンパクトさ。iPad Airなどとデータをやりとりする用途も含め、小さなボディ(しかも防水)が最大の魅力だろう。転送速度も普及帯のSSDよりは2〜3倍速いと思っていいだろう。

OWC Envoy Pro Elektron
https://amzn.to/3pnRzPe

価格はAmazonで、240GBが1万8150円、480GBが2万6950円、1TBが3万6300円、2TBが6万7100円(税・送料込み)。今日の午前0時から2021年1月5日までは、10%の割引クーポンが提供されている。購入するなら今がチャンスだ。

(村上タクタ)

 

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load