BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アップルが新年(2021年)1月2〜3日にかけて、初売りセール実施を発表。ただし……

(写真は2019年1月2日の、Apple京都での初売りの様子)

アップルの製品が割引で買える機会はほとんどない

今年もアップルの初売りセールが行われることが発表された。店頭でも開催されるが、現在入店は予約制で人数制限も厳しいので、ここはオンラインで購入する方が得策だろう。店舗の初売りの盛り上がりも楽しいが、今年はガマンの年。オンラインで購入してもメリットは同じなので、感染拡大をふせぐためにオンラインでポチろう。

ちなみに、ご存知のように、アップルの製品が値引きされることはほとんどない。アップルの店舗と、オンラインストアで値引きが行われるのは、過去の経緯としては年に1度、この初売りの時だけだ。

その昔、20数年前、初代iMacが登場するまでは価格のコントロールがまったくされておらず、発売時には途方もなく高価で、次第に値段が下落していき、次のモデルが出る頃には半額ぐらいに。販売チャンネルによっても値段が大きく違い、非常に買いにくい商品だった。そういう意味で、今の価格が安定している状態は、購入しやすくて非常によい。

とはいえ、少し安いタイミングがあれば、買いやすいというものだ。

2日間に渡って、指定の商品にギフトカードが付与される

(写真は2019年1月2日の、Apple京都での初売りの様子)

ちなみに例年の初売りセールは2日のみだが、今年は店舗に入場制限がかかってるから無用な混雑を生まないように……ということなのか、2〜3日の2日間のセールとなっている。オンラインでも同様に、2日間のセールとなっており、こちらは2日0時から3日24時にセールが開催される。

「セール」「値引き」という表現をしてきたが、正確には価格の値引きが行われるワケではなく、購入した製品に応じてギフトカードがプレゼントされる方式となっている。ギフトカードが付与される製品と、その金額については以下のとおり。

製品名 ギフトカード
iPhone SE
iPhone 11
iPhone XR
6000円分
Apple Watch Series 3 3000円分
AirPods Pro
AirPods witn Wireless Charging Case
AirPods with Charging Case
3000円分
iPad mini 6000円分
iPad Pro 1万2000円分
MacBook Pro 16インチ 1万8000円分
iMac 21.5インチLEDバックライトディスプレイ 1万2000円分
Apple TV 4K
Apple TV HD
3000円分
HomePod 6000円分
Beats Studio3 Wirelessヘッドフォン
Beats Solo Pro Wirelessヘッドフォン
Beats Solo3 Wirelessヘッドフォン
Powerbeats Pro
Powerbeats高性能ワイヤレスイヤフォン
3000円分

この秋発売の最新モデルも含めて割引になっているのが太っ腹。

何かと、ストレスの多い2020年だったが、初売り製品を買って、心機一転2021年をスタートさせてみてはいかがだろうか?

(村上タクタ)

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load