BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

最新のクリアケースのクオリティを知らなかった【Trinityのケースを使ってみた】

以前ほど、iPhoneケースにこだわらなくなったけど

様々な『iPhoneケース』を選んで装着するという文化がメジャーになったのは、iPhone 4の頃だったろうか? 3Gや3GSの頃はシンプルに保護を目的としたものが多かった。

iPhone 5や5sの時代(2012〜2013年)になると、さまざまな色、カタチ、素材のケースが発売され、多くの人が自分の個性、センスをアピールするためにiPhoneケースを購入し『TPOによって付け替える』なんていう文化も生まれた。

そこから数年。『自分にとってどんなケースが便利か?』も定まってきて、数年ごとに買い替える本体に対して、そんなに多くの種類のケースを買うこともなくなった……という人も多いのではないだろうか?

iPhone 6、6s、7、8、SE2などは共通のケースを場合も多く、それは便利だったのだけれども、iPhoneケースを買い替える機会も減ったともいえる。

そんな中、今年のiPhone 12シリーズはすべてボディ形状が変わり、新しいケースを買う必要が出てきた。

新しいiPhoneを買った時に、多くの人が最初に買うのは『クリアケース』だ。購入したばかりのiPhoneのカラーや美しさも楽しみたい、しかし傷付けたくもない。また、お気に入りのケースの新型対応版がまだ発売されていない。もしくは、どのケースを使うかまだ決まってないけど、とりあえずiPhoneを守りたい……という時に、クリアケースを使う方が多いと思う。

こんなにクオリティが高くなってるのか!

自分用のiPhone 12 Proを買って、前述のようにつらつらと考えている時に、トリニティさんから「では使ってみて下さい」と、3種類のクリアケースを送っていただいた。

これの出来がそれぞれ本当に素晴らしかったので、ご紹介したい。

そもそも、ここ数年クリアケースを買わずにやりくりしていたから、その進化に気付いていなかった。クリアケースといえば、そもそも100円ショップでだって売っている商品だと思って油断していたが、クオリティを突き詰めた商品は、やっぱりすごい。

すっきりした透明感と、フィット感が最高

まずひとつ目は、『 [GLASSICA] 背面ガラスケース』のiPhone 12 Pro用(12用と共通)。(2310円・税込・送料別・トリニティストア価格)

Simplism iPhone [GLASSICA] 背面ガラスケース
https://amzn.to/38Nrlij

考えてみれば、iPhone 3GSを使って以来、何十というクリアケースを使ってきたと思う。

硬質なプラスチックだと取り付けの時にひび割れるし、使っているウチに擦り傷が付いたりする。薄過ぎると落とした時に本体の角部分を守り切れないし、シリコンなど軟質なものは直線部分にピッタリとフィットせず、美しくない。経年変化で樹脂の色が変わってきたりもする。

そんな不満を、ほぼ完全に解消しているように見える商品が、このGLASSICAだ。

iPhoneケースはここまでクオリティを高めているのか! 知らなかった不明を詫びたいぐらい。きっと、上記のようなユーザーからの不満をひとつひとつ解消してここに辿り着いたのだと思う。「クリアケースなんて100円ショップでも売ってるじゃん」と思っていた自分をグーで殴りたいぐらいだ。

何が驚きって、素材はハイブリッド。背面部分は硬度10Hのガラスでできているのだ。とってもクリアだし、平滑。10Hなら、そう簡単に傷はつかないはず。背面の美しさがクリアに見えて傷がつかないから、すっきりした美しさを長い間楽しめるはず。

ガラスとTPUをどうやって貼り付けているのだろう? 不思議だ。

外周のTPU部分もピッタリとフィットしていて、iPhone 12 Proのシャープな美しさを、さほど損なわない。

ちなみに、レンズ周りにもTPU素材のガードが付いている。

このiPhone 12シリーズのレンズは、素材にサファイアクリスタルが使われていて、レンズ自体が傷つくことは滅多にないのだが、硬度が高すぎて逆に他のモノを傷つけてしまう。

特に、iPhoneを重ねて持った時にiPhoneのタッチパネルを傷付けることが多い。だからこの周囲が盛り上がってるのは、レンズを守る効果もあるが、むしろ他のものを傷つけないようにしていると思った方がいい。また、ここからホコリが入って、背面とケースの間に溜まるのを防ぐ機能もあるのだという。

iPhone 12 Proは側面のポリッシュされた部分が美しいのだが、そこがきれいに見えるのが嬉しい。

下面のポート部はご覧の通り。写真を拡大して見ると、小さなドットが見えると思うが、これはTPUが張り付いてしまうのを防ぐための処理。細かい部分のノウハウが本当にすごい。

硬度はほどほどだが、カジュアル

お次は、『 [Turtle Hologram] ハイブリッドケース ホログラムパターン』のiPhone 12 Pro用(12用と共通)。(2420円・税込・送料別・トリニティストア価格)

Simplism iPhone [Turtle Hologram] ハイブリッドケース ホログラムパターン
https://amzn.to/3b7fgHN

こちらは背面は高硬度のファインアクリル。硬度は5Hだという。側面はGLASSICAと同様のTPU。

背面のアクリルの内側にホログラムのフィルムが入っており、楽しいグラフィックが楽しめる。グラフィックには8種類ある。このフィルムを外すことで、シンプルなクリアケースとして使うこともできる。

とはいえ、このキラキラ感もなかなか捨てがたい。ちょっと私が使うにはファンシーに過ぎるかもしれないが(笑)

GLASSICAより、若干カジュアルな感じがする。

3mの高さからの落下に耐えるって、すごくない?

最後は、『 [GRAV] 衝撃吸収 抗菌ハイブリッドケース』のiPhone 12 Pro用(12用と共通)。(2750円・税込・送料別・トリニティストア価格)

Simplism iPhone [GRAV] 衝撃吸収 抗菌ハイブリッドケース
https://amzn.to/3807FZj

その名の通り、衝撃吸収タイプだ。

背面は、擦り傷に強いダイセル社のセルブレンEC樹脂を使用。側面にはハニカム構造を持つTPUを使って3m高さからの落下にも耐える(ただし、角から落ちた場合)仕様だという。

落下に強いというのは嬉しい。よく落とす人にいいと思うし、屋外に出てアクティブに過ごす時など、見かけよりプロテクションを重視したい時はある。

プロテクション効果が高いとはいえ、背面がクリアですっきりしているのはうれしい。

樹脂部分がどのぐらい経年劣化するのか、ハニカム部分に汚れはたまらないのか……などは気になるが、新品状態ではとても美しい。これで3mの高さからの落下に耐えるほどプロテクション効果が高いというのはありがたい。

手に持った感じ、わずかに大きくなった感じはあるが、筆者的には許容範囲。プロテクション効果を狙うあまりに、デカくなった……という感じではない。

というわけで、クリアケースとはいえ、非常に進化しており、美しさ、カジュアルさ、プロテクションそれぞれの機能で選ぶことができるようになっている。

筆者はGLASSICAが一番気に入っている。やっぱりケースで守りたいけど、美しさも損ないたくないのだ。私はあまり落として傷つけるタイプではないので、美しさ重視でいきたいと思っている。

経年変化などについては、またあらためて機会があればレポートしたい。

(村上タクタ)

出典

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load