BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

遠のく意識の中……あなたは、iPhoneの緊急SOSの操作方法を思い出せますか?

非常時に操作できるようにしておきたい、緊急SOS

心筋梗塞や、単独での交通事故、熱中症や、屋内での転倒……緊急連絡がすぐにできていれば助かったのに……というようなアクシデントは意外や我々の日常の中に潜んでいます。

iPhoneがあれば、非常時でも簡単に救急電話をかけることができます。朦朧とした意識の中でも、操作できるようにしっかりとやり方を覚えておきましょう。

非常時には、上の写真のようにiPhoneを握るように、サイドボタンとどちらかの音量ボタンを同時に押します。すると、上のような選択画面になるので、ここで『緊急SOS』をスライドします。すると、警察110か、海上保安庁118か、火事、救急者、救助119かを問う画面が出てくるので、選択します。すると、直接それらの番号にかかります。ロックを解除する必要はありません。

以前は、直接救急にかかったのですが、今は日本の場合は(国ごとに違うようです)どこに連絡するか選択する画面が表示されて、操作しなければなりませんので、覚えておきましょう。

ただ、これだと本当に意識が朦朧としている時に、確認しつつ操作しなければなりません。もっと簡単な方法があります。

もっと簡単な操作方法

それは、サイドボタンを5回押すという方法。

この操作をするとアラート音を慣らしながら、緊急連絡先の選択画面まで一気に進められます。

Apple Watchならもっと簡単

Apple Watchを使っている人なら、肌身離さず装着してるApple Watchで操作する方が簡単でしょう。

Apple Watchの場合はサイドボタンを長押しすると、緊急SOSの操作画面が表示されます。そこから、連絡先を選びましょう。

いずれの操作も、非常時に無意識にできるぐらいに、何度も練習しておいた方がいいと思います。発信する直前にキャンセルできます。実際に操作することで、身体に覚えさせておくべきです。

また、緊急連絡先が設定されていれば、救急などに電話をしたあとに、緊急連絡先にメッセージと位置情報が飛ぶようになっています。こちらは設定しておかないと、動作しないので、万一の場合に備えて、必ず設定して、相手にそのことを伝えておきましょう。

上手く連携できれば、救急車を呼びつつ、家族には自動でメッセージが送られ、位置情報が送られ続けるというわけです。

また、Apple Watchには転倒検出して自動で緊急電話をかける機能があります。高齢者の方など転倒リスクが高い方は設定しておくといいでしょう。

詳しい操作方法に関しては、こちを参照のこと。

緊急電話をかける方法
https://support.apple.com/ja-jp/safety-features

メディカルIDと緊急連絡先を設定しておこう

iPhoneやApple WatchにはメディカルIDという設定があり、血液型や既往症、緊急連絡先などを設定しておくことができます。救急隊員の方にどのぐらい周知されているかは分かりませんが、設定しておけば非常時に役立つかもしれません(アップル製品に詳しい救急隊員の方に当りたいものです)。既往症や、重篤なアレルギーのある肩は、特に設定しておく必要があるでしょう。

緊急電話の操作と、メディカルIDの閲覧は、iPhoneにロックがかかっていても行うことができます。

『設定>緊急SOS』で、これら、緊急時の操作についての設定を行えますし、同じく『設定>ヘルスケア>メディカルID』で、メディカルIDに記載する情報の詳細を選ぶことができます。

『備えよ常に』はボーイスカウトのモットーですが、備えておくことで緊急時に大きな差が出るはずです。iPhoneやApple Watchを持っているなら、かならず設定しておきましょう。

(村上タクタ)

(最新刊)

flick! digital 2021年8月号 Vol.118
https://peacs.net/magazines-books/flick-824/
デジタル超整理術 リモートワーク編
https://funq.jp/flick/magazines/20164/

SHARE

PROFILE

村上 タクタ

flick! / 編集長

村上 タクタ

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

デジタルガジェットとウェブサービスの雑誌『フリック!』の編集長。バイク雑誌、ラジコン飛行機雑誌、サンゴと熱帯魚の雑誌を作って今に至る。作った雑誌は600冊以上。旅行、キャンプ、クルマ、絵画、カメラ……も好き。2児の父。

村上 タクタの記事一覧

No more pages to load