BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

海を愛するオールラウンダーMINI CROSSOVER CORNWALL EDITIONと 32時間サーフトリップ

MINI CROSSOVERと32時間のサーフトリップへ

日本が誇るトッププロの浜瀬海が、イギリスの伝統をその身にまとうMINI CROSSOVERとともに、32時間のサーフトリップへ。短めのサーフボードと美しい名車の走りは、いったいどんなフィーリングを与えてくれるのか?サーファーズマインドを揺さぶるプレミアムトリップを紹介しよう。

32時間貸し切りで、MINIとともにサーフィンへ
たった数十分の試乗ではクルマの性能はわからない、という人におすすめの「32時間MINIオーナー体験」。浜瀬のようなトリップを、近くのディーラーから簡単に、無料で楽しもう(ポップアップで開きます)。

MINI CROSSOVERと
32時間のサーフトリップへ

浜瀬とMINI CROSSOVER CORNWALL EDITION

湘南・平塚をベースに忙しく活動している浜瀬が、久しぶりのオフに出かけた日帰りサーフトリップ。クルマ好き、ドライブ好きでもある彼が、旅の足としてチョイスしたのはMINI CROSSOVER CORNWALL EDITION(MINI クロスオーバー・コーンウォール・エディション)だ。

MINI CROSSOVER
CORNWALL EDITIONとは

名前は「MINI」だが、フルサイズカーなので、ミッドレングスのサーフボードも余裕で中積み可能。ラゲッジルームも広々で、ウエットスーツなどのサーフギアもたっぷり収納できる。また、両手がふさがっていてもテールゲートを開けられるイージーオープナー機能が便利だ。

さらに、燃費のいいクリーンディーゼルだから、環境にもお財布にもやさしい。まさに、サーフトリップにはうってつけだ。

「かっこいいですね。色も渋くて、自分好みです」と、浜瀬もお気に入りの様子。まだ夜明け前だが、海へ出発!

サーファーのための特別仕様車

このMINI CROSSOVER CORNWALL EDITION、コアなサーファーならピンときただろう。「MINI」のルーツであるイギリスのサーフィンの聖地、ニューキーがあるコーンウォール州がその名の由来なのだ。ルックスもサーフィンをイメージしてスポーティ。専用のサイドスカットルには、キラキラと輝く貝殻をイメージしたデザインを使用。海の光に映える。

タウンからビーチまでをクロスオーバーさせる

湘南から都心を抜け、南房総へMINI CROSSOVER CORNWALL EDITIONがいざなう。高速道路、山道のワインディング、砂浜の駐車場へ抜ける悪路……。浜瀬はお気に入りの音楽を聴きながら、快適そうにドライブしている。海が近づくにつれ徐々に鼓動が高鳴り、スイッチが切り替わる。

「とても楽しいです。乗り心地もいいし、安心感がありますね」

ディーゼルながら静粛性が高く、パワフルでスムーズな加速性能。キビキビとキレのあるドライブが楽しめるMINI伝統のゴーカートフィーリングはそのままに、MINI CROSSOVER CORNWALL EDITIONならではのコンディションを選ばないオールラウンド性能が頼もしい。

マゼンタに輝く無人のブレイク

「おお!」

浜瀬が思わず叫んだ。ウインドウの向こうでは、水平線の朝日に照らされて、波がブレイクしている。風もなくてコンディションは良好。何よりもサーファーがいない。「テンション、マックスです!」と急いでウエットスーツに着替えて、ワックスアップもそこそこに海へ飛び込んだ。

本日の相棒は、6フィート3インチのシングルフィン。ショートボードとロングボードの中間の長さ、いわゆるミッドレングスという両方をいい所取りしたサーフボードだ。

サイズは少々物足りないものの、この波を独り占めできるのだから、文句なし。風もなく波面はグラッシー、早起きした者だけが享受できるゴールデンタイムだ。

ほんの数本のつもりがいつの間にか……

自由に波とシンクロし、ご機嫌そうな浜瀬。ウォームアップがてら「2~3本、乗って戻ってきます」との言葉を残して入ったのだが、すでに太陽は上っている。

それにしても、浜瀬のサーフィンはスタイリッシュだ。キレのあるボトムターンからクラシックなテクニック、チーターファイブにトライ。ショートボードもロングボードもハイレベルにこなす。アグレッシブにパフォーマンスしながら、メローに波をトリミングしてクラシックなノーズライディングも決めている。ショートボード、ロングボードという枠にとらわれない、MINI CROSSOVER CORNWALL EDITION顔負けのオールラウンダーだ。

旅の終わりに名残惜しさがにじむ

「やっぱり、サーフィンは楽しいです。ロングボードもショートボードでも。自分にとっては、なくてはいならない存在。サーファーによっては、ロングかショートのどちらかだけという人もいますが、自分は波に合わせて、いろんなサーフボードに乗るのがおもしろいですね」

2ラウンドのサーフィンをたっぷりとこなして、帰路へ。「それにしても、いいクルマですね。」と笑みを浮かべつつ、ステアリングを握った。

もうすぐ32時間は終わる。だが、MINI CROSSOVER CORNWALL EDITIONと浜瀬のサーフトリップは、次の新しい波を追い求めていた。

MINI CROSSOVER CORNWALL EDITION

日本市場限定の、街乗りから高速道路、悪路まで、コンディションを選ばないオールラウンドカー。MINIラインナップのなかでもラージサイズで、サーフトリップのパートナーにぴったりだ。今回、浜瀬が乗った前輪駆動タイプのCooper Dと、4輪駆動タイプのCooper D ALL4をラインナップする。

詳細はこちら

エクステリア

「MINI」のDNAを受け継いだクラシック感あふれるフロントマスク。だが、その中身は安全装備や運転支援システムなど最新技術が詰め込まれ、アップデートされている。

シャープかつ上質な18インチアロイホイール。ブラックのピンスポークは、クルマ好きにも高評価。

インテリア

円形を統一コンセプトとしたコクピットデザイン。「MINI」らしいアナログなメーター類は視認性が高く機能的だ。

エンジンスタートはトグルスイッチで。ボタン式が主流になった現代において、まるで航空機のそれであるかのようなディテールが、男心をたまらなくくすぐる。

クロスとレザレットをコーディネートした専用シート。ホールド感がよくロングドライブも苦にならない。

車両本体価格(税込):470万円(Cooper D)、494万円(Cooper D ALL4)~。
ボディカラー:ムーンウォーク・グレー・メタリック、ミッド・ナイト・ブラック・メタリック、ライト・ホワイト・ソリッド

MINI CROSSOVER
CORNWALL EDITION

2X JPSAグランドチャンピオン
浜瀬 海(はませ・かい)

1997年神奈川県平塚市出身。すべてが記録ずくめ、そして異才なプロサーファー(ショートボード / ロングボード)だ。14才という当時最年少記録でショートボードのプロ資格を取得。その5年後、19才の時にロングボードのツアーでルーキーながら2年連続JPSA(日本プロサーフィン連盟)グランドチャンピオンに。現在わずか23才ながら、世界のトップにもっとも近いロングボーダーの一人である。

MINI CROSSOVERと過ごす特別な32時間を

今、MINI正規ディーラーでは「32時間MINIオーナーになれる」無料キャンペーンを実施中。実際にサーフボードを積み、いい波を求めて思う存分走る。そんなふつうの試乗では味わえない、あなただけの32時間を過ごしてみよう(ポップアップで開きます)。

32時間のMINIオーナー体験へ

 

問い合わせ:MINI カスタマー・インタラクション・センター
https://www.mini.jp/

 

その他のMINIと行く32時間ストーリーはこちらから。

MINI CROSSOVERと過ごす
それぞれの32時間

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load