BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ミッドレングス・インプレッション!<シングルフィンタイプ>

ロングボードでもない、ショートボードでもない、そんな中途半端なサーフボードたちが今、世界中のサーフシーンで注目を集めている。その名も「ミッドレングス!」サーファーやシェイパーたちの自由な発想の中から生まれた個性豊かなサーフボードたちが、ショートボード・レボリューション以来の力強い潮流となって、新しいサーフィンの扉を開いた。そんな個性豊かなボートたちを二人の偉大なマスター、宮内謙至&牛越峰統が試乗した。
◎出典: NALU(ナルー)no.116_2020年4月号

SingleFin Type(シングルフィン・タイプ)

ショートボード・レボリューションという、時代の大きな潮流の中で産み落とされた個性豊かなデザインたち。その種子は今でも脈々と受け継がれ、独自の進化を遂げて存在する。

ロングボーダーにとってのミッドレングスの形を追求した個性豊かなシングルフィンたち

シングルフィン・タイプって言っても色々ある。それこそタイプ分けできない個性的なボードがいっぱいあって、実はロングボードがどんどん短くなっていく歴史的な過程の中で、シェイパーやサーファーたちがスピードやコントロール性を求めて試行錯誤したという、ショートボード革命期の実験が、今でもシェイパーやサーファーたちが続けられているって実感できるボードたちだよ。だからミニロングがあったり、ハルボードがあったり、ガンがあったり、それこそ色んなタイプがある。肝心なのは自分がどんなサーフィンがしたいのかっていうこと。トリムからのチーターファイブとかならミニロングだし、台風の時にリーフブレイクでっていうならやっぱりクラシックなガンだしね。ロングボーダーが初めて手にするミッドレングスとしてはなんの違和感もなく乗れるボードたちだと思うよ−−Review from 宮内謙至

<ボード1>SURF ID

MID / 8’0″×21 1/2″×2 7/8″

より走りとグライド感を強調しながらも、自在のコントロール性を持たせるために特別なレールデザインを施したミッドレンジボード。波のサイズを選ばない、爽快な乗り心地を実現したモデル。

<ボード2>Tyler Warren Shapes

EVO / 8’4″×22″×2 5/8″

モデル名の由来は1969 年発表のムービー、“EVOLUTION”。この中で Wayn Lynchが乗るボードからインスパイアされたモデル。ショートボードレヴォリューションの最先端をいっていたオーストラリアのパッションを踏襲している。

<ボード3>HOBIE

FLOPPY DISK / 7’2″×21″×3″

70年代のパイプライナーを彷彿させる、ナローなアウトラインとニードルノーズ、当時を再現するフルボリュームなダウンレイル。そしてフラットなボトム。何から何までクラッシック!

シェイパーたちの自由な発想

新しいサーフボード・デザインは誕生し続けている

「ショートボーダーにとっては正直難しく感じるタイプかな。まずこれだけ長いレールでのターンに慣れていないのと、シングルフィンでのサーフィンにも不慣れなので、それこそこのボードを動かそうと思ったら強靭な足腰のパワーが必要になってくる。ショートボーダーはまずいつものようにボードを動かそうとするんじゃなくて、まずテイクオフから何もせず波のフェイスをクルージングすることを意識して、リラックスして乗るといいんじゃないかな。それとフィンの大きさや形、それにセットする位置によって全然ライディングフィールが変わってくる。これもショートボーダーには馴染みがないことなんだけど、フィンとボードのマッチングを研究したり、スタイルを研究したり、このタイプのボードにはショートボードとはまた違った奥深さがあるって思った。個人的なことを言うと、クラシックガンなんて興味深いね」−−Review from 牛越峰統

<ボード4>ELMORE Surfboards

Submarine / 7’5″×21 1/4″×2 3/4″

サブマリンモデルは、ショートボードエヴォリューション期のVEEボトムの要素をセンス良く取り入れたエルモアヴァージョンのボード。ロッカーが少なく、レールはシャープ、尚且つワイドなスクエアテールを持つため、スピーディーなライディングが可能。

<ボード5>COOPER DESIGNS

V-1 Model / 8’8″×23″×3 1/8″

デッキ側のアッシュテール(お皿状のヘコミ)と薄いテーパーレールを搭載し、ボリュームのあるテール幅でテイクオフは早く、スーパーVボトムの影響で回転性は抜群。

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load