BRAND

  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ジュリ・エドワーズのヨガ×サーフィン|ツイストで安定した下半身を作る

ヨガの世界ではデトックス効果があると言われる「ツイスト」。今回はスタイリッシュなライディングにもつながるこのポーズを徹底紹介。

「ジュリ・エドワーズの
ヨガ×サーフィン」
記事一覧を見る

 

「ツイスト」でスタイリッシュなライディングを

多くのアスリートがトレーニングの一環として行っているヨガ。サーファーもジェリーロペスを筆頭に、多くの人たちがヨガを日々の生活に取り入れています。

今回のテーマである「ツイスト」は、体幹をねじる動き。ヨガでは、ツイストのポーズはデトックス効果があると言われていますが、身体をねじることで内臓が刺激されて活性化されます。そうすると新陳代謝が上がり、冷え性や消化不良が改善されると言われているのです。

しかもツイストはサーファーの皆様には特にオススメしたいポーズ。なぜなら、サーフィンでも身体を頻繁にねじっているため、その柔軟性をつけることは大切だからです。また、サーファーが避けられない身体の冷えや、パドリング時の腰の負担。無理なターンで腰を痛めてしまったとか、ヘルニアやぎっくり腰など、サーファーの人生を左右する重大な症状を予防する効果もあります。それらは基本、筋肉が固まってしまうことから起こる症状のため、日々のヨガやストレッチが効果的なのです。それだけでなく、スポーツ学的に見ると、身体をねじるときは、上半身と下半身が違う動きをしています。身体を効率的にツイストするために最も必要な原則は、身体の安定性。特に、下半身が安定していないと、上半身を捻ることはできません。

すなわち、ツイストによって下半身を安定させることができるようになれば、上半身を自由自在に動かすことができ、スタイリッシュなライディングにつながるという訳です。日々の生活に取り入れてみましょう。

ランジのツイスト

バランス感覚を養うこのポーズは、下半身を安定させることが重要。これにより、”ねじり“が深まっていくのだ。姿勢が辛い場合は、後ろの膝はついてもOK。背骨はしっかり伸ばして行なおう。両足を使うことが重要なので、後ろ足にも力を入れることを忘れずに。

前足の膝が足首の上にくるようにし、足を前後に大きく開く。後ろ足は踵をあげ、しっかりと伸ばす。両手は耳の横を通り、天井に。肩がすくまないように気をつけよう!

両手を胸の前で合わせ、左右押し合いながら、上半身を45度程度に倒す。肩がすくまないように、背骨と首を長く伸ばす意識で行う。

吐く息で右肘を左の膝に引っ掛けてキープ。目線はまっすぐ前でもいいし、肩越しに天井を見てもいい。

同様の動きを左側でも行う。

シンプルツイスト

股関節を伸ばしながらツイストするこのポーズは、股関節周りの柔軟に効果あり。胸を大きく開くので、パドルで使う胸筋を伸ばすこともできる。

前足の膝が足首の上にくるようにし、両足を開く。後ろ足の膝を大きく後ろにつき、両手は前足の内側に置く。

右手は床につけたまま、左手を天井に向けてまっすぐ伸ばす。胸を開く意識を、目線は手のひらの方向へ。左手はなるべく後ろに。逆側も同様に行おう。

ハーフスパイナルツイスト

背中のストレッチや骨盤矯正に効果があり、背骨の柔軟性とバランスも整えるポーズ。伸ばしている足の力が抜けないように、しっかりと押しながら行うこと。

両足を伸ばして床に座り、左足を右足の腿の外側に置く。左膝を抱えて、しっかりと背筋を伸ばす。

息を吸って、吐きながら右肘を左膝に引っ掛け、お腹からねじる。ツイスト時も背筋は伸ばしたまま!左手は背中の後ろへ。

逆側も同様に。

ネコの唸りのポーズ

胸と肩を伸ばすこのポーズは、胸筋や三角筋にも効果あり。パドルで使う上半身の筋肉をストレッチできるほか、胸を開くことで肩こりも和らげる。気持ちのいい伸びを感じながら、リラックスした気分で行おう。

四つん這いになって、膝を少し広めにつく。

右手を左肩の下に通し、右肩と顔の右側を床につける。左手は頭の先に伸ばし、指先を立てた状態で床を押す。骨盤が膝の真上になるように意識を!

左手を天井に向かって伸ばし、胸を開く。

一連の動きを逆側でも行う。

スパインツイスト

お尻の外側を伸ばすこのポーズは腰痛予防に効果的。ツイストする際は、目線は開いた手の方へ向けること。これにより上半身と下半身のねじり効果が高まる。胸のストレッチにもなる。

仰向けになり、膝を胸の真ん中に抱えたのち、左足だけをマットの上に伸ばす。

息を吸って、吐く息で右膝を体の左側に持ってくる。右膝を手で持ちながら、お尻の外側を伸ばしていく。胸も伸ばすために目線は右手へ。

逆足も同様に行う。

ジュリ・エドワーズ

さまざまな分野でマルチに活躍するヨガインストラクター。カリフォルニアやハワイで得た世界観を活かし、クリエイティブにヨガやマインドフルネスの新しい形を次々と提案し続けている。原宿にオープンした自身のスタジオIGNITE YOGA STUDIOを手がける。現在はイグナイトヨガオンラインスタジオもオープン!
IG: @jurikooo

 

「ジュリ・エドワーズのヨガ×サーフィン」記事はこちらから。

「ジュリ・エドワーズの
ヨガ×サーフィン」
記事一覧を見る

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load