BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

プロフェッショナル仕様のダイバーズウォッチが日本上陸!【by 九島辰也】

海を愛する者が好んで手首にしている「デルマ」とは?

海のアクティビティを楽しむ者にとって、ダイバーズウォッチ選びは永遠のテーマ。サーファーにとってもそうで、その選択がセンスの良し悪しを決めたりする。それに、リアルに海に入るかは別にして、オーシャンライフを楽しんでいるライフスタイルのお供になるのは確かだ。

先日日本で発表された「デルマ(DELMA)」はそんな時計のひとつ。スイス発のプロダイバーズウォッチである。その歴史は古く、創業をスタートしたのは1924年。スイスの高級ブランド時計が集うレングナウに誕生した。“Time to Perform”をスローガンに家族経営にて独立系を保っている数少ないブランドだ。

日本での扱い元となるデルマ・ジャパンはプロフェッショナル仕様のダイバーズウォッチに限定して展開する。4000m防水、500m防水と、コレクションによって異なるが、とんでもないパフォーマンスを発揮する。

また、海洋保護活動に積極的に取り組んでいるのもこのブランドのポイント。世界で最も美しいサメとされる絶滅危惧種ブルーシャーク(ヨシキリザメ)の保護活動に力を入れ、4000m防水のコレクション「ブルーシャークⅢ」を開発し、収益の一部をメガロドン・プロジェクトに寄付している。

そんな背景もあり、世界的な海洋冒険家、数多くの受賞歴ある水中写真家が愛用している。海を愛する者が手首にはめていると聞くと、魅力倍増だ。海に潜る者、ヨットで海洋を走る者、波に乗る者も想いは同じである。

コレクションは限定500本の「ブルーシャークⅢ」、同じ500本限定の「ブルーシャークⅢアドレス・エディション」は40万円台。300本限定の「ブルーシャークⅢブラック・エディション」は50万円台となる。個人的に興味があるのはより身近なプライスの「コモドールコレクション」と「シェルスターコレクション」。20万円台という求めやすい価格設定に心が動く。

いずれにせよ、新たに上陸したスイス時計はしばらくは誰とも被らないであろう。自分だけのブランドとして愛せそうだ。それにオーセンティックなデザインはまさに大人サーファーにピッタリ。海時計に手軽さや気楽さを求めがちだが、デルマのような選択をしてもそろそろいいんじゃない?

DELMA https://delma.jp

九島辰也

モータージャーナリスト兼コラムニスト/日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員/2019-2020日本カーオブザイヤー選考委員/日本ボートオブザイヤー選考委員/(社)日本葉巻協会会員

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX(世界文化社 刊)」副編集長、「アメリカンSUV/ヨーロピアンSUV&WAGON(エイ出版社 刊)」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON(主婦と生活社 刊)」副編集長、フリーペーパー「go! gol.(ゴーゴル:パーゴルフ刊)」編集長、アリタリア航空機内誌日本語版「PASSIONE(パッショーネ)」編集長、メンズ誌MADURO(マデュロ)発行人・編集長などを経験する。2021年7月よりサーフィン専門誌「NALU(ナルー)」編集長に就任。

モータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、ゴルフ、葉巻、ボートといった分野のコラムなどを執筆。クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

No more pages to load