BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

【PEAKS 1月号発売中!】寒い時期に大活躍「オリジナル・山ストール」が特別付録。

12月13日発売の『PEAKS 1月号』。
今回の特集は2019年の山道具を大総括する「ギア・オブ・ザ・イヤー2019」。
さまざまな角度から今年のマウンテンギアについて紹介させていただいている本企画は見どころ満載なので、ぜひご高覧いただきたいと思いますが、今回の特別付録も必見です!

山でも街でも首元を防寒できる「オリジナル・山ストール」

山はもちろん、街でも活用できる「オリジナル・山ストール」が今回の特別付録です。ちょっと首元が寒いときに防寒するのにちょうどよく、さっと巻けるようなアイテムです。アースカラーのストライプは男女問わず似合うカラーリングなので、山でも街でも持ち歩いて、ぜひみなさんにご活用いただければと思います。

「山ストール」の巻き方・楽しみ方

山ストールを防寒だけじゃなく、オシャレも含めて十二分に楽しんでいただきたい!
そこでいくつかの巻き方をご紹介したいと思います。

1.ワンループ巻き

ストールを半分に折って輪っかを作り、そこに先端を通す巻き方です。簡単で、かつほどけにくく、締め加減で首の防寒具合を調節できます。
知的な印象になるのでスーツやジャケットスタイルによく合います。
オトナな男性がこの巻き方をしたらとってもダンディ。女性もハンサムに似合わせる巻き方です。

2.バック巻き

しっかり首元に巻き付けるため防寒性が高く、ほどけにくい巻き方です。
先端の余り部分が少なく、コンパクトに収まるので山での使用の際はこの巻き方がオススメです。

3.シングル巻き

防寒性はあまりないので、山向きではないですが、デイリーユースでぜひお試しを。

4.プレッツェル巻き(ダブルクロス)

複雑に見えるけどじつは簡単でオシャレ度の高い巻き方です。
かつ、保温性もあるので、山でも街でもオシャレに巻きたい方にはオススメです。

5.ヘアバンドとして

さらに、頭に巻き付けて結べばヘアバンドとしても活用できます! テント場でのリラックスタイムや下山後の温泉時など、髪の長い方にはオススメの活用方法です。ぜひお試しを!

先染めした化繊糸を採用。細かいプリーツ加工で肌あたりも◎

生地の端にはさりげなく『PEAKS』ロゴもオン。

山でも街でも、さまざまな巻き方を楽しみながら首元も温めて、この冬を楽しむためのアイテムとしてご活用くださいね!

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load