BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「種池山荘」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

後立山縦走に欠かせない拠点

扇沢から柏原新道を登ること約4時間。鉄骨造りで赤い三角屋根がかわいらしい種池山荘に到着する。小屋の前庭には休憩スペースがたくさん設置されていて、宿泊客は好きな場所で思い思いにすごしている。やがて夕方になると、立山連峰へ日が沈んでいくのを眺めることができる絶景スポットとなる。

冬の間、スッポリと雪に覆われる種池山荘は、長らく雪の被害に悩まされ、現在の鉄骨造りの山小屋になった。雪が解けて営業を開始する夏から秋にかけてのシーズンでは、生地もソースも完全手作りの焼き立てピザが味わえるピザ祭りも催され、登山者に人気だ。

扇沢から小屋へと続くゆるやかな「柏原新道」は、種池山荘現オーナー柏原正泰さんが切り開いた登山道。以前は小屋を訪れるには、扇沢を詰めて小屋まで直登するというコースしかなかった。

そこで「登山客がもっと安全かつ短時間で登ってこられるように」と約7年の歳月をかけて、柏原さんが独力で作り上げた。いまでは北アルプスの代表的な入門コースとなり、初心者でも種池山荘を拠点として、鹿島槍ヶ岳や爺ヶ岳への登頂ができるようになった。

種池山荘のおすすめベスト3

種池山荘の館内は広く、ロビーや談話室も充実しているので、室内でゆったり過ごすこともできる。しかし、ここは周辺の環境もバツグンによいので、小屋の外でゆったり過ごしてみるのもオススメだ。少し余裕を持って到着した人は、山荘のまわりをぐるりと歩いてみよう。高山植物の群落を見ることができたり、小屋前の休憩スペースでは景色を眺めながら、生ビールを飲むこともできる。いつまでもここにいたいと素直に思えるロケーションなのだ。

体力に余裕のある人は、ぜひ爺ヶ岳の中腹まで登って、振り返り、山荘方面を眺めてみてほしい。とくに夕方がオススメで、北アルプスの山並みに沈みゆく夕日が小屋を照らし出し、まるで映画のワンシーンを見ているような幻想的な風景に出合うことができる。ただし、外で過ごす場合は、先に小屋の受付を済ませてから。夕食の時間には必ず館内に戻るのが山小屋利用のマナーだ。

No.1 沈みゆく夕日を見ながら乾杯!

小屋の前には休憩スペースがたくさん用意されている。ここからは、針ノ木岳や赤沢岳など北アルプスの雄大な山並みを楽しむことができる。小屋外にある販売口から生ビールの注文も可能。山で飲む生ビールは格別です!

No.2 常駐隊詰所あります

小屋の奥には遭対協隊員が常駐する詰め所がある。小屋にはAEDも置いてあり、山小屋としてできる登山者の安全確保に力を注いでいることがうかがえる。

No.3 お土産にはこだわりあり!

種池山荘・冷池山荘新越山荘グループはオリジナル商品のデザインがかわいらしく、お土産として人気が高い。またTシャツからスタッフバッグまで、種類も豊富だ。

館内施設

豪華なロビー

館内に入るとすぐに豪華なロビーが。テレビがついていて、天気予報が始まる時間帯になると混雑する。

喫茶チングルマ

喫茶室兼談話室。奥に本棚も。どちらかというと小屋の外で過ごしている人が多い印象。

自炊室

小屋には自炊室もあり、自炊可能。館内の水は飲用不可なので、水は給水所へ。

更衣室には…

ドアを開けると小さな更衣室が。荷物置き用の椅子が置いてあり、全身が映る鏡もある。

名物ピザが人気

とろ〜りチーズが絶品の、完全手作り焼き立てピザが味わえる。生ビールとの相性も良し。

乾燥室

乾燥室は小屋のスペースを有効活用し、少し小さめ。宿泊者同士譲り合って使いたい。

食事

朝食

焼き鮭、卵焼き、ポテトサラダ、昆布巻きに漬物。ご飯は釜炊きでホクホクしている。酢の物の小鉢が、疲れた体に効果テキメン!

夕食

メンチカツ、焼き魚、唐揚げ、シューマイ、マカロニサラダ、漬物、小鉢がふたつとボリュームたっぷり。デザートのゼリーがうれしい。

お土産・売店

到着したらまず一杯! 生ビールは給水所と同じ窓口から注文することが可能。売店は受付にあり、窓口をぐるりと囲むように、小屋のオリジナルグッズが数多くならべられている。

部屋

部屋数は旧館に3部屋。室内には荷物が置ける棚があって便利だ。大人数で宿泊する場合は大部屋への宿泊も可能。5名以上で宿泊する場合は要予約。予約者にはミニミニカレンダーをプレゼント。

洗面所・トイレ

水道の水は飲用不可。宿泊者は1リットル無料券と引き換えに、飲用水をもらうことができる。トイレは男女別の汲み取り式だ。

テント場

地面は平らで、張りやすい。周囲は樹林帯なので風の影響は受けにくいが、その分見通しは利かない。

DATA
設営数:20張
利用料:700円/人
水場:小屋
トイレ:なし(山荘を利用)
地面:土
小屋からの時間:3分

「種池山荘(たねいけさんそう)」の基本情報

設備

テント場:あり
水場:なし
個室:なし
自炊室:あり
乾燥室:あり
お風呂:なし
生ビール:あり

営業期間

6月中旬〜10月中旬

電話・電波

ドコモ:良好
au:通話困難な場合が多い
ソフトバンク:不安定
公衆電話:なし

収容人数

200人

標高

2,450m

宿泊料金

1泊2食:9,500円
素泊まり:6,300円
お弁当:900円

連絡先

0261-22-1263
www.kasimayari.jp

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load