BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

夏山登山の強い味方。防虫+UVカットのスコーロンに注目

防虫+UVカット効果をもつフォックスファイヤーのスコーロンシリーズは、登場から13年目となる、夏の隠れたベストセラー。

スコーロンは、殺虫剤や防虫剤で知られるアース製薬と帝人フロンティアが共同で開発した防虫+UVカット効果をもつ素材。これをウエアやアクセサリーに仕立てたのがフォックスファイヤーのスコーロンシリーズだ。
ウエアに止まった虫は、触覚や足の先にある感覚器でスコーロンを感知して逃げていく。いうまでもなく、虫が嫌がる成分を開発したのはアース製薬。これを帝人フロンティアのナノレベルの接着技術が繊維にしっかりと固着させた。アース製薬の調べでは、洗濯20回後も初期の80%以上の防虫効果を維持するという。
とくに夏の低山では嫌な虫に悩まされることも多いが、では、登山で使うならどんなアイテムがいいのだろう。
石井スポーツマロニエゲート銀座店・酒井秀彰さんのおすすめはSCファインタッチフーディだ。フルジップなのでさっと羽織れるし、さらりとした着心地もいい。UVカットの効果が高く、日焼け防止になるのも高ポイント。自身も愛用しているという。
「沢などで着ています。虫よけスプレーと併用していますが、刺される回数はたしかに減りました。お客さまからは持続性についてよく聞かれますが、3シーズンくらいはもつと実感しています」
山で使うなら、という視点で選んでいただいたのが左のアイテム。酒井さんいわく、キャンプやフェスでも愛用者が多いそうだ。

薄手で軽量幅広い場面で活躍。

SCファインタッチフーディ
¥10,780
サイズ:S 〜XL
カラー:ネイビー、他3色
重量:160g

吸汗速乾・防虫・UVカット機能をもつトランスウェット・スコーロンを使用。微細な凹凸がある生地は肌離れがよく、汗をかいてもベタつかない。袖口にはサムループも備える。

海外旅行でも重宝する軽量防虫シーツ。

SCボックスシーツ
¥11,550
サイズ:H215×W80cm(適応身長190cmまで)
カラー:チャコール、他1色
重量:330g

トランスウェット・スコーロン素材を使った封筒型。寝袋のインナーをはじめ、山小屋や沢でのタープ/ツエルト泊、海外旅行時の防虫対策など、さまざまな場面で役に立つ。

生地には細かい穴が空いていて通気性も良好。蒸れにくく、暑い夏も心地よく使える

刺されると痒い手先もしっかりガード。

SCエルゴグリッパー
¥4,620
サイズ:XS 〜L
カラー:ネイビー、他2色
重量:40g

フィット感に優れるトランスウェット・スコーロン素材のトレッキンググローブ。親指と人差し指、中指の先端には帯電合皮を使い、タッチスクリーンの操作もできる。

山以外でもうれしい防虫パンツ。

SCトラバースパンツ
¥13,200
サイズ:S 〜XL
カラー:ダークカーキ、他2 色
重量:260g

防虫&UVカット機能をもつスコーロン素材のトレッキングパンツ。裾にかけてテーパードしたデザインは街にも溶け込む。5つのポケットをもち収納力も高い。

ストレッチする素材に加え、股下にはガセットも設けて優れた運動性を実現した

アイテムをご紹介してくれたのは……

石井スポーツ マロニエゲート銀座店スタッフ
酒井秀彰さん

縦走からクライミング、沢登りまでなんでもこなすが、いちばん熱中しているのはアイスクライミング。最近は怪我のリハビリではじめた釣りに夢中。JAFTスポーツシューフィッターの資格ももつ。


石井スポーツ マロニエゲート銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座3-2-1マロニエゲート銀座2 7F
TEL.03-5579-5050
営業時間:11:00 〜21:00(※日曜は20:00まで)

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load