BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

9月15日発売の『PEAKS』10月号。「ソロトレッキングのはじめ方」をフィーチャー

仲間と登る山も楽しいけれど、ひとりで山と向き合うことで味わえる魅力もある。どこに行こうか? なにを持っていこうか? と考えることから始まり、すべてが自分の意思に委ねられるソロトレッキング。自分の力を信じてひとりで登りきれたときの達成感はひとしおです。

『PEAKS』10月号の特集は「ソロ登山」。山行プランや装備計画など、テントを背負ってひとりで山に登るためのポイントを凝縮しています!

これからソロ登山を始めてみようと思う人はもちろん、もう何回もひとりで登ってるよと思った人も、本当になにひとつも欠けてはいませんか? 自己完結できる登山者になるため、知識と技術を身につけましょう!

ソロトレッキングで
信越トレイル延伸区間へ!

日本におけるロングトレイルの代名詞として君臨してきた信越トレイル(総延長80km)。誕生から13年経った今年9月末、日本百名山・苗場山まで大幅延長されます。この延伸区間はどんな景色を見せてくれるのでしょうか? 歩く楽しみがたっぷり詰まった3日間をリポートします。

ひとりで山に登るための
プランニング術

ソロ登山のいいところといえば、自分の都合で日程や行き先を決められて、自分の好きなように歩けること。しかし、怪我や道迷いなどなにかあったときに対処するのも自分のみ。行動中の安心度を上げるために、行程や計画の考え方をおさらいしましょう!

ソロ登山で失敗したこと

ひとりだから入念な準備と慎重な行動をこころがけようと思う一方、大胆な行動や想定外のハプニングが起きやすいのもソロ登山ならでは。小誌にゆかりのあるみなさんに、ソロ登山でこれまで失敗したことを聞きました! 今後の登山の参考になるかも?

劇団EXILE佐藤寛太くんの
ソロテント泊チャレンジ

最近登山を始めたという、劇団EXILEの佐藤寛太くんが、八ヶ岳へ。“見守り役” としてアウトドアショップスタッフの吉野時男さんに同行してもらい、アドバイスをもらいながらのテント泊チャレンジ体験記をお送りします!

PEAKS 10月号を購入

YouTuberかほちゃんに女性のソロについて話を聞いてみた

テレビ番組企画で登った八ヶ岳に感動し、ソロ登山を始めたYouTuberのかほさん。女性がひとりで歩いていて感じることや考えることとは?

ソロハイカー4人の
リアルスタイル

ひとくちにソロハイクといっても、山に向かう理由、目的、ルート選びの観点、装備の揃え方などは、ひとそれぞれ。積極的にソロを選んでいるハイカーは、いったいどんなことを考え、感じているのでしょうか。4人にフォーカスを絞り、それぞれのマインドやスタイルを聞かせてもらいました。

特別付録は
オリジナルソフトフラスク

今回の特別付録は容量500mlのオリジナルソフトフラスク。

ボディを握れば水が出てくる構造の口を採用しているので、片手でのスムーズな給水が可能です。バックパックのショルダーハーネスのポケットなどに入れておけば、歩きながらの給水にも便利です。

ボトル部分の素材は強靭かつ弾力性のあるTPUを採用。-40℃まで対応しているので凍らせて山に持っていくのもアリ。使わないときには軽量・コンパクト。登山はもちろんランニングでも便利ですよ!

『PEAKS』10月号は、自己完結できる登山者になるためのポイントが満載!

9月15日発売の『PEAKS』10月号。ひとりで山を登るには、なにを考え、どんなものを用意する必要があるのか。 プランニングから装備の組み方までしっかりとご紹介しています!

特別付録は、 素早く給水でき、軽くて丈夫な「オリジナルソフトフラスク」。

PEAKS 10月号を購入

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load