BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

変わり続けるTBジャケットの現在地・後編

今シーズンで14年目を迎えたティートンブロス「TBジャケット」。その進化の過程を追いながら、ファンの多いロングセラーの秘密を探っていきたい。

>>>前編はこちら

変わり続けるTBジャケットの現在地・前編

変わり続けるTBジャケットの現在地・前編

SPONSORED

文◉寺倉 力 Text by Chikara Terakura
写真◉太田孝則、小関信平、熊原美惠 Photo by Takanori Ota, Shimpei Koseki, Yoshie Kumahara
イラスト◉田中 斉 Illustration by Hisashi Tanaka
出典◉PEAKS 2021年12月号 No.145
企画協力◉ティートンブロス www.teton-bros.com

ラボ的な開発環境から生まれる、きめ細やかな改良

ティートンブロスを支えるもうひとつのポイントは、徹底したフィールドテストを実施し、そこでの結果を非常に重視している点だ。新たな素材を採用する場合、必ずサンプルウエアを作って、各地のガイドがシーズンを通した長期テストを行なう。たとえ、ファブリックメーカーからラボテストの好データが届いたとしても、優先されるのはフィールドで実際に着用して試した結果だ。

また、社員が数名という小さな規模で、コアなスキーヤーである代表自らが開発責任者というラボ的な開発環境のメリットは大きい。きめ細やかな改良が可能で、しかも判断が早い。フィールドからアトリエまでの距離感が時間的にも物理的にも短いのだ。

そんなティートンブロスの製品開発能力は業界での評価も高く、小規模なブランドながら大手ファブリックメーカーと組んで、いくつかの新素材を開発してきた。そのひとつが、ポーラテック社との共同開発によって世界に先駆けて完成したネオシェル・ニットバッカーだ。これは従来のトリコットの裏地に代わってニットバッカーを採用することで、裏地が水分を含みにくく、透湿性の妨げになるのを防ぐという効果がある。

開発は素材メーカーが用意した複数のサンプルでプロトモデルをつくり、それをさまざまな条件下でテストを重ねる。素材メーカーの技術と、ティートンブロスのR&Dがタッグを組んで試験素材を実用段階まで高めていくのだ。

TBジャケット 2021年の最新形。素材を新たな通気防水素材「タズマ」に変更

メイン素材をネオシェルから新たな通気防水素材「タズマ」に変更。高強度ストレッチナイロンを基布に、TBジャケットの特徴である通気性を維持しながら、耐水圧と耐久性、軽量性が過去最高スペックに。長くなったベンチレーションと胸ポケットをビスロンファスナーに変更。

TBジャケットSE
¥60,500
サイズ:S〜XL
カラー:ネイビー、他6色
重量:530g(M)

裾のストッパーもコヒーシブコードストッパーに変更。引っかかりが少なく、行動中も快適。
凍結に強く、一部が破損しても機能するビスロンファスナーを前面すべてのファスナーに。

新たな通気防水素材「タズマ」とは?

今季からティートンブロスのシェル製品すべてに採用された新たな通気防水素材「タズマ」も、東レと共同開発を3年間続けて完成した新素材である。ESP(エレクトロスピニング)製法による通気性メンブレンに、表地は強度の高いメカニカルストレッチナイロン、裏地はニットバッカーという3レイヤー素材で、ラボテストでは過去最高のスペックを叩き出しているという。

通気性と耐水圧を両立させるメンブレン

東レと3年間共同開発した新素材「タズマ」は、ミクロのポリウレタン樹脂を吹き重ねたESP(エレクトロスピニング)メンブレン。水を遮断しつつ、物理的に空気を通すから「透湿」ではなく「通気」が可能に。表地には現在最高水準の耐久性撥水加工を採用し、高い撥水・撥油性を発揮。表地が水分を保持しないので通気性を妨げず、長期間の撥水性能を発揮する。

その内容は、ティートンブロスシェルの最大の特長である通気性は従来素材と同等の数値を維持しながら、耐水圧は5000mm以上向上。さらに外気を99.9%とほぼ完全に遮断することで、高い防風性も期待できる。その成果は、北海道の乾雪から本州の湿雪に至るまで、現場のガイドや滑り手たちによる長期間にわたるフィールドテストでも実証されている。

撥水加工については、撥油性に問題を抱えるPFCフリーを避け、現在最高水準の撥水・撥油性を発揮するC6プロセスによるDWR(耐久撥水)を採用。それは撥水性の低下によって、ウエアを着た人を危険に晒すことは絶対に避けなければならないというブランドとしての判断である。

ティートンブロスは現在、新たな通気防水素材「タズマ」の将来性に高く期待している。ひとつは表地、裏地、メンブレン、シームテープに至るまで、素材のすべてを東レ一社で開発生産できること。これはゴアテックスもポーラテックもなし得ないことだ。また、日本国内にあることでコミュニケーションも早くて確実だ。

こうしてTBジャケットの14年間を振り返ってみると、デビュー以来、モデルチェンジを行なっていないどころか、その中身はつねに変わり続けてきたことがわかる。目指してきたのは、吹雪や暴風雨が吹き荒れても体を濡らすことなく、激しく運動しても汗抜けが良い。そんな安全で快適な理想のアウターシェルの実現である。

【2021年秋冬】TBジャケットから派生したシェルラインナップ

TBジャケットと同時開発パンツのフラッグシップ

バックカントリーを想定したビブパンツ。ビブはファスナーで取り外し可能で、温暖な時期の着用や着用中のトイレも容易。太股ポケットにはビーコン用ループを内蔵。TBジャケットとのセットアップに最適。

TBパンツSE
¥63,800
サイズ:S〜XL
カラー:アボカドグリーン
重量:630g(M)

細身にシェイプされたアルパインジャケット

TBジャケットを細身にシェイプし、薄手ストレッチ生地を使ったアルパイン仕様のジャケット。換気効果の高い前面ベンチレーションや広めの袖口はそのままに、岩場で使いやすいポケットのアングルを持つ。

クライマティックジャケット
¥63,800
サイズ:S〜XL
カラー:オレンジ、他2色
重量:455g(M)

アルパインスタイル仕様のビブパンツ

アルパインクライミングや冬山登山に適した細めのシェイプ。低めのビブはあえてウエスト幅を広く保ち、下半身からの熱気を排出する機能もある。太股には換気効果の高い開口部の広いベンチレーション付き。

クライマティックビブパンツSE
¥60,500
サイズ:S〜XL
カラー:アボカドグリーン
重量:610g(M)

APEXアワード受賞のマルチユースジャケット

必要最小限のパーツと合理的なカッティングによる軽やかな着心地が特徴的。首元から腰まで大きく開くフロントファスナーは、TBジャケットのアングルを継承し、着脱しづらかったプルオーバーの弱点を解消している。

ツルギジャケット KB
¥50,600
サイズ:XS〜XL
カラー:ブラウン、他4色
重量:375g(M)

スキーツアーを想定したスーパーストレッチ

ストレッチ性の高い素材を採用したスキーツーリング仕様のパンツ。しなやかな動きで脚のストレスを軽減し、大型ベンチレーションで蒸れを解消。裾はあらゆるスキーや登山などのウインターブーツにフィットさせる調整機能付き。

セラックパンツ
¥55,000
サイズ:XS〜XL
カラー:ガンメタル
重量:600g(M)

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load