BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

シュラフ(寝袋)はコンパクトサイズがおすすめ!選び方のポイントも解説

キャンプや登山などのアウトドアにシュラフを持っていくとき、コンパクトに収納できるシュラフなら荷物にも余裕がでますよね。そこで今回は、コンパクトに収納できるシュラフに注目して、選ぶときのチェックポイントとおすすめのコンパクトシュラフを紹介します。

この記事を読めば、シュラフを選ぶ際のポイントを押さえつつ自分に合った製品を見つけられるはず。シュラフを使用した後のメンテナンスについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

シュラフはコンパクトサイズがおすすめの理由

シュラフは製品によって違いがあるものの、収納された状態でも荷物を圧迫するほど大きいキャンプ道具です。コンパクトなサイズのシュラフを選べば、キャンプなどに持ち出しやすいだけでなく荷物に余裕もできるでしょう。

シュラフがコンパクトであれば、自宅にキャンプ道具を保管する際にも少ないスペースで収納できます。緊急時や防災用に家族全員分の寝袋を置いておきたい場合でも、場所をそれほど取らずに保管できるでしょう。

コンパクトさだけを重視すると、サイズが合わない場合や快適に寝られない可能性もあるので注意が必要です。シュラフを選ぶときは素材や使えるシーズンなどにも注目し、自分が必要とする性能を満たす製品を選びましょう。

コンパクトなシュラフを選ぶときのチェックポイント

コンパクトなシュラフの中にも様々な形状や素材などあり、使えるシーズンや環境が違います。心地よい睡眠のために、形状や素材の違いによる温度差や密着感などの寝心地にも注目して製品を選びましょう。

ここでは、シュラフを選ぶときに注目するべきポイントを紹介します。

【形状】主に「封筒型」と「マミー型」の2種類

シュラフの主な形状として「封筒型」と「マミー型」があり、それぞれに特長があります。この2種類の形状によって寝心地も変わるため、自身が重視する特長を持つ製品を選びましょう。

【封筒型】

その名の通り、展開したときに封筒のような形をしている寝袋です。肩幅程度のスペースが下半身部分にまで続いているため、拘束感が少なく寝返りも打てます。体に密着しないため保温性が少し低いですが、コスパを求める人におすすめのタイプです。

【マミー型】

シュラフの形状が上半身から下半身部分に向かうにつれて小さくなっており、さなぎのような形になっている寝袋が「マミー型」です。体に密着するため保温性が高く、収納時は封筒型よりコンパクトになります。寒いのが嫌な方、また荷物を極力コンパクトにしたい方におすすめのタイプです。

【中綿】軽量&コンパクト重視なら「ダウン」が◎

シュラフの中綿素材には「化学繊維」と「ダウン」の2種類があります。

おすすめは軽量かつ収納時によりコンパクトになる「ダウン」で、化学繊維のシュラフと比べると軽いだけでなく、保温性にも優れています。しかし、価格が高めで水に濡れると保温性が落ちるので洗濯しづらいのがデメリットです。

化学繊維のシュラフは価格もお手頃で、水に濡れても乾きやすく保温性が落ちないのがメリットですが、重くてかさばる製品が多いため、軽量&コンパクトさを重視するなら不向きといえます。

ダウンは、質によって保温性が変わるため、購入の際はダウン量と、フィルパワー(FP)という保温性の指標となる値とをチェックしましょう。

【温度】快適温度で熟睡しよう

シュラフで一晩過ごす場合、快適な温度で寝られるかどうかも重要なチェックポイントです。特に真冬の厳しい寒さの中でキャンプする場合などは、保温性の低いシュラフでは眠れない可能性や命に関わる事態に陥る可能性もあります。

シュラフの形状や生地の厚み、中綿の量などによっても保温性は変わります。シュラフを選ぶ際は、製品ごとに使用可能温度や快適に使用できる温度が記載されているため必ずチェックしましょう。

【サイズ】窮屈なのは意外とストレス

一人用のシュラフでも製品によってサイズが違い、シュラフの形状によっても睡眠時の拘束感は変わってきます。睡眠時に体が動かせないと快適に眠れないこともあるため、自分の体格とシュラフのサイズをしっかり比較して選びましょう。

形状を紹介した際にも説明した通り、「マミー型」のように密着したシュラフの方が保温性に優れる傾向があります。シュラフを使用する季節によっては、快適な温度と密着感が両立しない可能性もあるため、自分がどちらを重視するかよく考えて製品を選びましょう。

【使用シーズン】春から秋の3シーズン使えるものが◎

シュラフの中には夏や冬シーズン専用の製品だけでなく、春夏秋と3シーズンに跨って使用できる製品があります。夏や冬専用のシュラフにもそれぞれ特長がありますが、これからキャンプを始める初心者の方などには、春夏秋と使える3シーズンタイプがおすすめです。

季節ごとのシュラフを購入する必要がなくなるため出費が減るほか、自宅に保管する際も収納場所が少なくて済みます。汎用性が高いため、キャンプだけでなく車中泊や緊急時などにも活躍するでしょう。

コンパクトサイズのおすすめシュラフ

シュラフはキャンプなどのアウトドアだけでなく、緊急時の寝床としても使えます。アウトドアが好きな方はもちろんのこと、そうでない方も一つ持っておけばもしもの時に役に立つでしょう。

ここでは、キャンプやアウトドアに持っていきやすく保管場所にも困らないコンパクトサイズのシュラフを紹介します。

NANGA(ナンガ)/UDD BAG 380DX

羽毛に超撥水加工を施した高品質で高機能ダウン(770FP)を採用した、水濡れに強いモデル。水に強い化繊の寝袋と比べ、軽く小さく暖かいのが特長です。強い反発力で膨らむ時間も短縮され、寒さから早く身を守ることもできます。

  • 参考価格:39,050円
  • サイズ:レギュラー
  • 収納時サイズ:φ13×25cm
  • フィルパワー:スパニッシュダックダウン90-10% (770FP) 超撥水加工
  • ダウン量:380g
  • 総重量:680g
  • 快適使用温度/下限温度:3℃ / -2℃

Amazonでみる
楽天市場でみる

公式サイトでみる

NANGA(ナンガ)/MINIMARHYTHM 5BELOW

上面は保温力を高めるため全面横バッフル。フードも頭に沿う立体設計になっています。足から肩までスムーズに入ることができように考えられた、斜めの設けられたオフセットファスナーで、より広い開口範囲を確保。背面は、細めの縦バッフルで、寝返りによるダウンの偏りを抑制し、保温力をキープできます。フットボックスは、大き目に設定され、足元も自由度が増し、快適。軽さと温かさを両立する登山用3シーズンモデル。

  • 価格:46,200円
  • サイズ:レギュラー
  • 収納時サイズ:φ13×25cm
  • フィルパワー:UDD DX(770FP)
  • ダウン量:250g
  • 総重量:約415g
  • 下限使用温度:-5℃(NANGA基準:エキスパート向けの下限使用温度目安になります。)

Amazonでみる
楽天市場でみる

公式サイトでみる

MOUNTAIN EQUIPMENT(マウンテンイクイップメント)/HELIUM 250

ボトルウォーターよりも軽くコンパクトにパッキングできる、サマーシーズン中心のバックパッキングに最適なスリーピングバッグ。HELIUM20アウターシェルを採用した、驚くほど軽く通気性に優れたモデル。

  • 価格:31,350円
  • サイズ:適応身長185cm、肩幅73cm
  • 収納時サイズ:19cm×17m×15cm
  • 重量:705g
  • 中綿:ダウン、フェザー
  • 快適温度/下限快適温度/下限温度:8度 / 3度 / -11度

楽天市場でみる

Nemo(ニーモ)/ディスコ 30

ディスコは650FPの撥水加工済みダウンと最先端の軽量素材、十分なゆとりを持たせたスプーンシェイプを組み合わせた、山からキャンプまでオールラウンドに活躍するモデル。水濡れ・湿気への対策、保温力・温度調節、心地よい肌触りなど細部にまでこだわった快適性が◎。

  • 価格:29,700円
  • 製品サイズ:36.32 x 24.38 x 42.93cm
  • 収納時サイズ:28×19cm
  • 重量:875g
  • 中綿:650FP 撥水加工済ダウン(RDS認証、PFC フリー)300g
  • 下限温度:-1℃(T-Limit)

Amazonでみる
楽天市場でみる

公式サイトでみる

ISUKA(イスカ)/エアプラス 450

夏山から冬の低山まで、幅広く対応できる、高品質のグースダウンを450g封入したスリーシーズンモデルです。春秋の3,000mクラスには特におすすめ。セパレートボックス構造を採用し、胸元の保温性を向上させています。

  • 価格:51,700円
  • 製品サイズ(最大長):78(肩幅)× 213(全長)cm
  • 収納時サイズ:φ16×32cm
  • フィルパワ-:800FP
  • ダウン量:450g
  • 重量:840g
  • 中綿:グースダウン

Amazonでみる
楽天市場でみる

公式サイトでみる

編集部おすすめ!
ランドネ×ナンガ 寒がりな私の寝袋

ランドネと人気ブランドの「ナンガ」がコラボレーションして、女性が使いやすい寝袋を作りました。冬場のキャンプや山小屋などでも使えるよう、中綿にはフィルパワーの高いダウンを使用しています。

サイズ感だけでなくデザインやカラーなどもおしゃれに作られています。寒がりでオールシーズン使える寝袋がほしいひとにもおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

詳細&ご購入はこちらから

シュラフを使用した後はメンテナンスも重要

季節や使用時の気温によっては、寝汗をかいたり寝袋に直接肌が触れることも多いためシュラフが汚れることもあります。メンテナンスをせずに使い続けると、表面の生地や中綿が劣化する可能性があるため注意が必要です。

汚れが目立つ場合や臭いが気になる場合は洗濯するのがおすすめです。シュラフの詳しいメンテナンス方法については以下のページで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

寝袋って洗濯してる?基本の洗濯方法を伝授。正しく扱えば長持ちします!

寝袋って洗濯してる?基本の洗濯方法を伝授。正しく扱えば長持ちします!

寝袋って洗濯してる?基本の洗濯方法を伝授。正しく扱えば長持ちします!

2022年05月05日

シュラフをコンパクトにして持ち運びも眠りも快適に!

シュラフのおすすめサイズや製品を選ぶポイントなどを紹介しました。

キャンプなどのアウトドアにおいて、睡眠の質は次の日元気に過ごせるかどうかに影響します。キャンプで充実した時間を過ごすために、本記事を参考にして快適に寝られるシュラフを探してみてはいかがでしょうか。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load