BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

キャンプに最適!アウトドアで使えるリクライニングチェア10選

キャンプ時間の大半を過ごすキャンプチェアは、できるだけ快適な座り心地のものを選びたいですよね。そんな方におすすめなのが、リクライニングチェアです。

リクライニングチェアなら、食事中は背もたれを起こして良い姿勢で、昼寝やくつろぎ時間などは背もたれを倒してリラックスした姿勢で座れます。首が痛くなりがちな天体観測にもピッタリです。

そこで今回は、アウトドア用のリクライニングチェアについて、以下の内容で紹介していきます!

  • リクライニングチェアを選ぶポイント
  • 【ハイスタイル】おすすめリクライニングチェア4選
  • 【ロースタイル】おすすめリクライニングチェア6選

「もっとリラックスできるリクライニングチェアが欲しい!」「自宅でも使えるリクライニングチェアを探している」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

リクライニングチェアを選ぶポイントとは

せっかく買うなら、自分に合った素敵なリクライニングチェアが欲しい!と思う方も多いのではないでしょうか。

リクライニングチェアを選ぶ際は、以下のポイントを押さえると、自分のキャンプスタイルにぴったりの商品が見つかりますよ。

  • 体よりも大きめのサイズ感か
  • 収納性
  • ハイスタイル・ロースタイル
  • ドリンクホルダーの有無

当見出しでは、それぞれのポイントを詳しく紹介していきます!

体よりも大きめのサイズ感か

リクライニングチェアは自身の体形にピッタリなサイズを選んでしまうと、フレームが体を圧迫してしまい、ゆったりとくつろげない場合があります。リラックスして座りたいのであれば、座面の幅や奥行をチェックし、ゆとりあるサイズのリクライニングチェアを選びましょう。

収納性

キャンプの移動手段や自宅の収納スペースの広さを考えて、収納性もチェックしましょう。キャンプ椅子は、設置の仕方で大きく分けると「折り畳み式」「収束式」「組み立て式」の3種類になります。3種類は、収納性も大きく違います。

バラバラのパーツを組み立てるのが「組み立て式」です。非常に軽量で、コンパクトに収納できるのが特長。徒歩やツーリングキャンプにも向いています。

広げるだけで直ぐに使えるのが「折り畳み」と「収束式」です。平たくなるのが「折り畳み式」で、細長い棒状になるのが「収束式」です。「収束式」の方が「折り畳み式」より収納性がやや高くなりますが、どちらもそれほど軽量でなくコンパクトにもならないので、オートキャンプ向きといえます。

背もたれの高さ

リクライニングチェアを選ぶ際は、背もたれの高さも押さえておきたいポイントです。背もたれが高いハイバックタイプは、背中だけでなく頭まで寄りかかれるので、より楽に座れます。

枕付きのタイプはさらに頭が支えられるので、より快適な座り心地です。

ハイスタイル・ロースタイル

テントサイトが、ハイスタイルかロースタイルかで、選ぶべきリクライニングチェアの高さが変わってきます。

ハイスタイルのテントサイトは、立ったり座ったりが多いアクティブなキャンパーにおすすめ。ゆったりとくつろぎ時間を楽しみたい方には、リラックス感がより感じられるロースタイルのテントサイトがピッタリですよ。

テントサイトをハイスタイル・ロースタイルのどちらにするか決まると、おのずと選ぶべきリクライニングチェアの高さも決まります。中にはハイにもローにも高さ調節できる製品もあるので、椅子の高さで迷っている方はチェックしてみてくださいね。

ドリンクホルダーの有無

ドリンクホルダーがあると、テーブル無しでも飲み物が置けて便利です。またドリンクホルダーは、スマホの置き場所にもなるので、テントサイトでスマホを紛失しにくくなります。

また背もたれにポケットがあると、本や虫除けスプレー、スマホ、自宅で使う際にはテレビのリモコンなどが入れられます。

夏場はメッシュ生地のモデルがおすすめ!

汗をかきやすい方におすすめなのが、シートがメッシュ素材で出来たアウトドアチェア。

通気性がよいので、昼寝をしても背中が蒸れずに快適です。オプションでカバーが付けられるタイプだと、寒い時期も快適に使用できますよ。

夏場はメッシュ生地のキャンプ椅子を使っているキャンパーさんも多め。オールシーズン使うことができるので、気になった方はチェックしてみてくださいね!

【ハイスタイル】おすすめリクライニングチェア4選

立ったり座ったりしやすいハイチェアは、アクティブにキャンプを楽しみたい方にピッタリです。ここでは、リクライニングチェアの先駆けになった定番モデルや、ハンモックタイプのものまでピックアップしました。

Coleman(コールマン)  インフィニティチェア 

コールマン(Coleman)
¥11,672 (2023/01/28 12:17:16時点 Amazon調べ-詳細)

「リクライニングチェアブームはこれから始まった。」といっても過言ではない人気商品が、コールマンの「インフィニティチェア」。人をダメにするという抜群の座り心地で、キャンプだけでなく、自宅でのくつろぎ時間に愛用する人が増加しています。座った状態で、好みのポジションを探して固定できるのが強みです。

  • メーカー参考価格:12,980円
  • 使用サイズ:約幅69×奥行92/166×高さ76/110cm
  • 座面高:約50cm
  • 収納サイズ:約15×69×90cm
  • 重量:約8.8kg
  • 耐荷重:約100kg
  • 材質:ポリエステル、スチール

公式サイトでみる

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)CS オートリクライニングチェア

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥4,582 (2023/01/28 12:17:17時点 Amazon調べ-詳細)

リーズナブルなリクライニングチェアを探している方におすすめのチェア。実際価格は5,000円程度となっています。背もたれが倒れるだけでなく、足置きが上がるので、フラットに近い状態でくつろげます。

2つのドリンクホルダー付きで、ドリンクもスマホも同時に収納可能です。

  • メーカー参考価格:10,450円
  • 使用サイズ:約幅90×奥行73/135×高さ82/97cm
  • 座面高:約37cm
  • 収納サイズ:約23×20×長さ98cm
  • 重量:約5.3kg
  • 耐荷重:約80kg

公式サイトでみる

LOGOS(ロゴス)  Tradcanvas ゆらゆらハンモックチェア

ハンモックとリクライニングチェアの2wayで使える「ゆらゆらハンモックチェア」。大人はもちろん、お子さんもお気に入りになること間違いなしです。ドリンクホルダーになるサイドポケットや枕付きで、のんびりと昼寝を楽しむこともできますよ。

  • メーカー参考価格:14,800円
  • 使用サイズ:幅90×奥行68×高さ117cm
  • 座面高:約43cm
  • 収納サイズ:約26×92×20cm
  • 重量:約5.2kg
  • 耐荷重:約130kg
  • 材質:スチール、ポリエステル
  • 付属品:収納バッグ

公式サイトでみる

 S’more(スモア) ハイバックリクライニングチェア

ハイバックで頭まで支えられ、4段階でリクライニングできる、楽ちんな座り心地のリクライニングチェア。スッキリしたデザインで、自宅のリビングにもしっくり馴染みます。カラーはベージュ・アーミーグリーン・チョコ・ブラックの4色展開。テントサイトに合ったカラーがチョイスできますよ。

  • メーカー参考価格:12,990円
  • 使用サイズ:62×71×高さ98cm
  • 収納サイズ:23×16.5×89cm
  • 重量:4.8kg
  • 耐荷重:約120kg
  • 材質:アルミニウム、ポリエステル
  • 付属品:収納袋

公式サイトでみる

【ロースタイル】おすすめリクライニングチェア6選

まったりと、くつろぎ時間を過ごしたい方におすすめな、ロースタイルのアウトドアチェア。徒歩やツーリングキャンプに適したコンパクト収納できるものや、自宅でも使いたいオシャレなデザインのものを紹介していきます。

Coleman(コールマン)  レイチェア

ハイスタイルにもロースタイルにも馴染む、絶妙な高さのレイチェア。多くのキャンパーの人気を集めている商品です。座ったままで、3段階のリクライニング調整が可能なのが嬉しいポイント。

素材や色違いのモデルが多数販売されており、キャンプスタイルやテントサイトに合わせて選べますよ。

  • メーカー参考価格:11,880円
  • 使用サイズ:約61×70×高さ98cm
  • 収納サイズ:約25×15×89cm
  • 重量:約3.7kg
  • 耐荷重:約80kg
  • 材質:アルミニウム、スチール、ポリエステル、他
  • 付属品:収納ケース

公式サイトでみる

Onway(オンウェイ) リクライニングローチェア

使い心地だけでなく、デザイン性にも強いこだわりのあるアウトドアブランド「オンウェイ」。「リクライニングローチェア」も、高級感ある見た目が特長のアウトドアチェアです。幅広の座面、3段階のリクライニング、枕付きで快適な座り心地など、魅力満点のリクライニングチェアと言えます。

  • メーカー参考価格:14,080円
  • 使用サイズ:幅66x奥行82/67x高さ74/87.5cm
  • 座面高:約31cm
  • 収納サイズ:66x85x10cm
  • 重量:約2.8kg
  • 耐荷重:80kg
  • 材質:フレーム/アルミ合金 座面/ポリエステル

公式サイトでみる

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) CSブラックラベル ロースタイルコンフォートチェア

ブラックフレームとひじ掛けのナチュラルカラーがマッチした、おしゃれなキャンプチェア。3段階のリクライニングで最大限倒してみると、かなりフラットな状態に。ゆっくりと昼寝を楽しむことができますよ。

背面ポケット付きで、スマホや財布など、ちょっとしたものが入れられて便利です。

  • メーカー参考価格:18,480円
  • 使用サイズ:約幅63×奥行72/83/93.5×高さ76/70/57.5cm
  • 座面高:約27cm
  • 収納サイズ:約25×22×67cm
  • 重量:約5kg
  • 材質:アルミニウム合金、鋼(表面加工=エポキシ樹脂塗装)、ポリエステル、天然木
  • 付属品:収納バッグ

公式サイトでみる

Hilander(ハイランダー) ウッドリクライニングローチェア

珍しいウッドフレームのリクライニングチェアです。ウッド調のテントサイトを作りたい方におすすめしたい商品となっています。

ナチュラルな雰囲気は、自宅のリビングにもしっくり馴染みます。フローリングでも傷付かない脚キャップ付き。ハイバックスタイルで、さらに取り外し出来る枕付きで、頭がしっかり支えられます。

  • メーカー参考価格:9,980円
  • 使用サイズ:約幅58×奥行71~87×高さ88~71cm
  • 座面高:約36cm
  • 収納サイズ:約83×18×18cm
  • 重量:約5kg
  • 耐荷重:約100kg
  • 材質:ポリエステル、ブナ木材
  • 付属品:収納袋、枕

公式サイトでみる

リクライニングチェアでより快適なアウトドアライフに!

背もたれにリラックスして座ることが出来るリクライニングチェア。今回はリクライニングチェアについて、以下の内容で詳しく紹介しました。

  • リクライニングチェアを選ぶポイント
  • 【ハイスタイル】おすすめリクライニングチェア4選
  • 【ロースタイル】おすすめリクライニングチェア6選

リクライニングチェアはキャンプだけでなく、フェスや天体観測、さらに自宅のリビングやベランダなど多くの場面で使用できます。一つ持っていると、大いに活躍してくれますよ。

ぜひ自分のキャンプスタイルに適したリクライニングチェアを選んで、キャンプのくつろぎ時間をさらに快適なものにしてくださいね。

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load

x