BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

おすすめキャンプマット12選。軽量で折りたたみ可能な商品をピックアップ

テントや寝袋と同様に、泊まりのキャンプをする場合に必要とされるキャンプマット。その重要性を意外と知らない方も多いですが、底冷え防止や快適な寝心地を得るためのマストアイテムです。

しかし、これからキャンプを始めようと思っている方やキャンプ初心者の方にとっては、種類やメリット等分からないことも多いのではないでしょうか?

そこで当記事では、初心者の方でも満足できるおすすめのキャンプマットをご紹介します!種類や特徴など、選ぶ際のポイントもわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそもキャンプマットは必要?

冒頭でもお伝えした通り、キャンプマットは泊まりのキャンプには欠かせないアイテムです。

断熱性があるため、特に冬場は結露や底冷え対策として活躍してくれます。また、夏場でも地面に溜まった熱を防ぐ効果がありますよ。

地面が凸凹している場所でのテント・寝袋の使用時には、キャンプマットを使用することで小石との干渉を防ぐことができるので、快適な睡眠を得ることができるのも大きなメリットです。

「キャンプの寝具は、寝袋があればOK!」と思っている方も多いかもしれませんが、キャンプマットとセットで揃えておくことでストレスなく睡眠をとることができますよ!

選ぶときに確認すべきポイントとは

アウトドアショップに行くと、多くの種類のキャンプマットが揃っています。その豊富な品揃えに驚くと同時に、どれを選ぶべきか悩んでしまいますよね。

この見出しではキャンプマットを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを解説しているので、ご自身にはどういったものが適しているのかしっかりとチェックして、失敗しないキャンプマット選びをしてくださいね。

種類

キャンプマットには下記のような種類があります。

  • 銀マット
  • ウレタンマット
  • エアーマット

それぞれの特徴やメリットについて説明をします!

軽量でコンパクトな「銀マット」

携帯性を重視する方におすすめなのが「銀マット」です。

収納方法は丸めてロールにするタイプと折り畳むタイプの2種類あり、どちらもコンパクトに収納できるため、らくらくと持ち運びができます。タイプとしては最も一般的で、ホームセンターでの購入も可能でなおかつ低価格といった点はコスパを気にする方にとっては最大の魅力です。

しかし、マットの厚みが薄くクッション性が低い商品も多いため、寝心地は良いとはいえません。

寝心地を重視したいという方は別のタイプを選択するか、銀マットとセットでクッション性の高いマットを敷くことをおすすめします。

環境を問わない「ウレタンマット」

軽量かつ丈夫な点が魅力の「ウレタンマット」は「クローズドセルマット」とも呼ばれ、キャンプマットの中でもとても高い断熱性を誇ります。耐久性が高いため、場所を選ばず、どんな場所でも使用できるのは嬉しいポイント。

こちらも収納方法はロール式と折りたたみ式の2タイプですが、比較的厚みがあるため、寝心地が良い点がメリットといえるでしょう。

銀マットと比べると少しかさばる点がマイナスポイントですが、持ち運び・設置共に簡単で、エアマットと比べるとパンクする心配がないのは魅力ですよ。

寝心地の良い「エアーマット」

寝心地を重視するなら厚みのある「エアーマット」がおすすめ。

その名の通り空気を入れて使用するマットで、使用後は空気を抜いてコンパクトに持ち運ぶことができるので、寝心地が良くて荷物も減らしたいといった方に最適なマットになっています。さらに断熱効果もあり、ご自身で調節することによって厚さを変えることができるのもエアーマットの魅力です。

空気はポンプや注入器で入れる手動タイプと電動で入れるタイプがあり、設置と撤去の際は少々手間がかかりますが、ふかふかのマットで快適に眠れるのは非常に魅力的ですよね。

ただし、何かの拍子に穴が開いてしまうと使用ができなくなってしまうので、取扱いには十分気を付けましょう。

サイズ

キャンプマットには必ずサイズが表記されています。

サイズ選びはご自身の体格やテントの大きさ、持ち運びやすさで決めましょう。より大きいサイズを選ぶことで寝返りをうっても快適に眠ることができますが、テントに収まらないと意味がありません。テント泊の場合はテントに収まるサイズ、車中泊の場合は車内に収まるサイズを選ぶように注意しましょう。

また、寝心地よりも身軽さを重視したい方は小さいサイズのマットを選んでザックなどに足を乗せて眠るといった方法もあります。どういった点を重視するかによって選択するサイズも変わってきますので、購入の際はサイズのチェックもしっかり行いましょう。

携帯性

登山やキャンプなどのアウトドアの場合、携帯性がかなり重要なポイントになります。となると、できる限り軽量でコンパクトなものを選ぶのがベスト。

使用時のサイズ同様、収納時のサイズもしっかりと表記されています。ザックに収納できるか、持ち運びやすいかなどを考えて選んでみましょう。

急な雨にも対応できるように防水性もチェック!

キャンプマットが雨や結露などで濡れてしまうと、体が冷えてしまいます。キャンプマットを選ぶ場合、断熱性だけでなく防水性があるか確認することが必要です。

防水・撥水加工されていれば、雨などでマットが濡れた際もお手入れが手軽。さらにカビを予防することもできますので、防水・撥水機能の有無もしっかりとチェックしておきましょう。

また、使い終えたマットは帰宅後すぐに洗ってしっかり乾燥させるようにしましょう。

おすすめなキャンプマットを12つ紹介

ここではキャンプ泊で活躍するさまざまな種類のキャンプマットをご紹介します。有名アウトドアブランドの商品や、利便性に優れたアイテムを厳選していますよ。

利用シーンなどを考えて、最適なキャンプマットを見つけてくださいね!

 

Coleman(コールマン) キャンパー インフレーターマット ハイピーク シングル 2000036153

約10cmの極圧マットレス。ベッドのような寝心地でストレスのない睡眠をとることができます。付属されている収納ケースはポンプとしても使用できるので、空気入れが不要でとても便利です。

公式サイトはこちら

  • メーカー参考価格:15,800円
  • 材質:ポリエステル、ポリウレタンフォーム
  • 重量:ダブル/約5kg シングル/約2.7kg
  • 使用時サイズ:ダブル/約200×128×10cm シングル/約198×68×10cm
  • 収納時サイズ:ダブル/約φ31×70cm シングル/約φ21×72cm

 

DOD(ディーオーディー)ソトネノキワミ

約10cmの肉厚マット。

オートマチックエアバルブ方式を採用で設営が簡単です。大きめサイズのキャリーバッグが付属しているので、収納・持ち運びが便利なのが魅力ですね。

公式サイトはこちら

  • メーカー参考価格:27,500円
  • 材質:マット&枕本体:ポリエステル(TPUコーティング) 中材:ポリウレタンフォーム シーツ部分:ポリコットン(ポリエステル80%、綿20%)
  • 重量:約6.3kg
  • 使用時サイズ:約115×208×10cm
  • 収納時サイズ:約60×30×30cm

 

Coleman(コールマン)キャンパーインフレーターマット シングルⅢ2000032354

連結可能なシングルサイズマット。

成人男性でもゆったり使えるサイズで、2つ繋げることでダブルサイズとして使用できますよ。

  • メーカー参考価格:9,480円
  • 材質:ポリエステル、ポリウレタンフォーム
  • 重量:ダブル/約5kg シングル/約2.7kg
  • 使用時サイズ:約63×195×5cm
  • 収納時サイズ:約15×70cm

 

KingCamp(キングキャンプ)エアーマットKM3597

快適性・断熱性を重視した枕付きキャンプマット。

防水加工が施されているため、地面からの水分の浸み込みを防ぎます。

公式サイトはこちら

  • メーカー参考価格:4,800円
  • 重量:2kg
  • 使用時サイズ:198×63×5cm
  • 収納時サイズ:約15×67cm

 

ロゴス(LOGOS) 55セルフインフレートマット ソロ 72884170

自動で膨らむリバーシブルマット。超厚保55mmの高いクッション性で快適な寝心地です。

グリーンとブラウンのリバーシブルデザインも魅力になっています。

公式サイトはこちら

  • メーカー参考価格:7,380円
  • 材質:ポリエステル、ポリウレタンフォーム
  • 重量:2kg
  • 使用時サイズ:190×65×5.5cm
  • 収納時サイズ:17×61cm

 

CAPTAIN STAGシル(キャプテンスタッグ)シルバーキャンピングジャバラマット

サッと広げて敷くだけの簡単マット。薄く畳むことができるので収納もらくらくで場所をとりません。

アウトドアはもちろん、お花見や海水浴でも役立ちます。

公式サイトはこちら

  • メーカー参考価格:2,200円
  • 材質:ポリエステル(アルミ蒸着)、発泡ポリエチレン
  • 重量:ダブル/約5kg シングル/約2.7kg
  • 使用時サイズ:800×2,000×8mm
  • 収納時サイズ:800×320×50mm

 

Mozambique(モザンビーク) キャンプ マット アウトドアマット レジャーマット

スポンジのようなクッション性のあるマット。アルミ加工を施しているので高いクッション性と断熱性が期待できます。
20mmの厚みがありながら折り畳むと12cmとコンパクトに収納できるのも魅力です。

  • メーカー参考価格:4,580円
  • 材質:ポリエチレン (PE)
  • 重量:500g
  • 使用時サイズ:183×56×2cm

 

FIELDOOR(フィールドア) 枕付き 車中泊マット 5cm厚

車中泊だけでなく、テント泊でも活躍する空気膨張式ウレタンマット。バルブを開くだけで簡単にセッティングができます。

枕とマットそれぞれの調節ができる珍しいタイプのマットです。

  • メーカー参考価格:6,800円
  • 材質:材質:ポリエステル, フォーム
  • 重量:(約)1.6kg
  • 使用時サイズ:190L x 60W x 5Th cm
  • 収納時サイズ:(約)56cm×158cm×5cm

 

THERMAREST(サーマレスト) アウトドア マットレス クローズドセルマットレス Zライトソル

アコーディオンのように折りたたんで収納できる3シーズン用のクローズドセルマットレス。軽量かつ断熱性に優れているため、多くのキャンパーが愛用しているマットですよ。

公式サイトはこちら

  • メーカー参考価格:9,570円
  • 材質:架橋ポリエチレン
  • 重量:410g
  • 使用時サイズ:51×183×2cm
  • 収納時サイズ:51×13×14cm

 

snow peak(スノーピーク)キャンピングマット2.5w

寝返りをうっても落ちにくいワイドモデルのキャンプ用マット。付属している収納ケースのバルブを使って簡単にエアー注入ができます。

連結機能もついているのでさらにゆったりと使用することが可能です。

公式サイトはこちら

  • メーカー参考価格:28,600円
  • 材質:75Dポリエステル 裏地/75Dポリエステルノンスリップ加工 インナー/TPUフォーム バルブ/ABS樹脂
  • 重量:1.9kg
  • 使用時サイズ:198×77×6.2cm
  • 収納時サイズ:20×85cm

 

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) EVAフォームマット56×182cm M-3318

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,309 (2023/02/05 09:57:04時点 Amazon調べ-詳細)

コスパ重視の方におすすめのリーズナブルなマット。柔らかく弾力のあるEVA樹脂を使用しているのでキャンプマットとしてだけでなくヨガマットとしても使用できます。

コンパクトに収納ができる付属のゴムバンド付きです。

公式サイトはこちら

  • メーカー参考価格:6,050円
  • 材質:マット:発泡ポリエチレン、EVA樹脂 バンド:合成ゴム
  • 使用時サイズ:56×182×2cm
  • 収納時サイズ:約13×12.5×56cm 

 

LOGOS(ロゴス)テントフィットウェーブマット・SOLO(ポンプ付き)

少ない空気でしっかり体を支えるLOGOSオリジナルのウェーブ構造。空気注入は1分で完了し、テントにも合わせやすいサイズに設計されています。

フワフワベッドが苦手な方におすすめの、少し硬めでの設定になったマットです。

公式サイトはこちら

  • メーカー参考価格:5,310円
  • 材質:PVC(ベルベット仕上げ)
  • 重量:1.5kg
  • 使用時サイズ:65×200×5cm
  • 収納時サイズ:約15×35.5cm

キャンプマットを使ってアウトドアをもっと快適に!

いかがでしたでしょうか。

キャンプマットは体を冷えから守ってくれるだけでなく、凸凹な地面から寝袋を守ってくれるとても重要なアイテムです。キャンプマットを使用することでキャンプ泊のコンディションも大きく変わってきますよ。

ご自身に最適なキャンプマットを見つけて、快適なキャンプ泊を過ごしてくださいね!

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load