BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【2023最新】アタックザックのおすすめ・人気商品を10個厳選!

登山のとき、メインリュックとは別にサブリュックとして持って行くのがアタックザック。アタックザックは山頂を目指したり、日帰り登山をしたりするときの必需品ともいえます。

しかし、たくさんのアウトドアメーカーが販売しているため、どのように選べばよいか迷う方も多くいますよね。

そこで今回は、アタックザックのおすすめ・人気商品を10個紹介します。自分に合ったアタックザックを手に入れて、登山をぜひ楽しんでみましょう!

アタックザックとは?

アタックザックは、メインリュックとは別に持って行くのが基本スタイルです。メインリュックはテントや宿などに置いていき、必要な道具のみを入れて持ち歩くのがアタックザックの役目になります。

コンパクト性・軽量性に優れたモデルが多く、荷物の負担を減らせるのも魅力のひとつ。重量のあるリュックを持ち歩くと、岩壁を登ったり細い道を進んだりするときに負担をかけてしまいます。

荷物の負担を減らせば、険しい山道を歩くときも安心なので、初心者もアタックザックは持っておくとよいでしょう。

アタックザックを選ぶときはここをチェック

アタックザックを選ぶとき、なにを基準にして購入すればよいか迷う方もいますよね。ここでは、アタックザックを選ぶときのチェックポイントを紹介します。

購入する前に、以下のポイントを把握しておきましょう。

  • 容量
  • コンパクト性
  • 防水機能の有無
  • ウエストベルトは付いているか

下記にて、それぞれ詳しく解説していきます!

容量がどのくらいか

アタックザックを選ぶとき、まず最初に容量を確認しておきましょう。一般的な容量は20~25Lで、持って行く荷物はどのくらいか考えながら適切な製品を選んでください。

あまりに容量が多くても、細い道を進んだり、山頂を目指して登ったりするときに負担になってしまいます。

反面、容量が少なすぎても荷物が入りきらない場合もあるので、20~25Lを目安にしておくのがおすすめです。20Lでも食料・雨具・防寒着など、登山に必要なアイテムが十分に入りますよ。

コンパクトに折りたたみ可能か

登山をする際、食料や雨具などの道具をたくさん持ち歩く場合もあります。少しでも荷物の負担を減らすために、収納性に優れた製品を選ぶようにしましょう。コンパクトであれば、運びやすいだけでなく、収納時にも無駄なく収まるのでとてもおすすめです。

メーカーによってはポケッタブル・パッカブルなど、手のひらサイズに折りたためる製品も多く販売しています。登山を快適に楽しむために、携帯性・収納性に優れたアタックザックを探してみましょう。

防水機能の有無

山の中は天気が変わりやすいため、防水機能付きの製品を選んでおくのがベストです。防水仕様でない場合、雨が降ったときにリュックの中身が濡れてしまう可能性もあります。

防水性を確認するときは、使用されている生地も確認しておくとよいでしょう。綿・ポリエステルなどの素材も豊富にありますが、防水性に優れているのはナイロンです。ナイロンであれば、強い雨が降っても中まで水が浸透しにくいので、安心して登山を楽しめますよ。

ウエストベルトがあるものだと、より快適に!

登山をする際、状況によっては険しい道を進むシーンもあるでしょう。そのような場合も山道をスムーズに進めるように、ウエストベルト付きの製品を選んでおくと安心です。ウエストベルトは振動によってブレをなくし、肩や腕への負担を軽減してくれます。

ウエストベルト付きであれば安定感を保てるので、初心者でも登山に集中できるメリットがあります。しっかりと固定できるため、快適に登山を楽しみたい方はウエストベルト付きの製品を選ぶとよいでしょう。

おすすめのアタックザック10選を紹介

ここからは、アタックザックのおすすめ商品を紹介します。耐久性に優れた製品も多くあるので、長く使いたい方もぜひ参考にしてみてくださいね。

Karrimor(カリマー) リュックサック

カラフルなデザインが魅力のアタックザック。

重量は290gと超軽量なので、山頂を目指すときも負担がかかりません。安定性を高めるチェストストラップが装備されており、肩からズレずに背負えます。左右にはドリンクを入れられるポケットが付いているので、機能性を重視している方はぜひ検討してみてくださいね。

  • メーカー参考価格:7,700円
  • 素材:ナイロン
  • サイズ:H43×W26×D20(cm)
  • 重さ:270g
  • 容量:18L

公式サイトでみる

MILLET(ミレー) リュックデフィ

便利なショルダーストラップ付きで、アウトドアはもちろん普段でも使用できます。特殊なシルナイロンを採用しており、超軽量なので山頂を目指すときにおすすめです。使わないときは折りたためるので、荷物の邪魔になりません。

  • メーカー参考価格:6,930円
  • 素材:ナイロン
  • サイズ:W29×H48×D15cm
  • 重さ:280g
  • 容量:23L

公式サイトでみる

Karrimor(カリマー) アタックザック

Karrimor(カリマー)
¥11,880 (2024/04/25 22:45:47時点 Amazon調べ-詳細)

コンパクト性・軽量性に優れたアタックザックです。容量は27Lですが、使わないときは小さく折りたためるので不便さは感じさせません。ポケットが複数付いているため、食料や折りたたみ傘などの必需品もかさばらずに収納できます。

  • メーカー参考価格:9,900円
  • 素材:ナイロン
  • サイズ:H45×W27×D22(cm)
  • 重さ:370g
  • 容量:27L

公式サイトでみる

Aconcagua(アコンカグア) ドライバッグ

アウトドア・通学や通勤など、さまざまなシーンで活用できます。

軽量性に優れており、重量はわずか450g。荷物を入れた状態で背負っても負担はかからないので、登山初心者の方にもおすすめです。またウエストベルトが付いているため、安定感を保ちながら歩くことができます。

  • メーカー参考価格:5,980円
  • 素材:ナイロン
  • サイズ:24×12cm(底)、45cm(幅)、50cm(高さ)
  • 重さ:450g
  • 容量:23L

公式サイトでみる

SALOMON(サロモン) トレイルブレイザー

SALOMON(サロモン)
¥8,400 (2024/04/25 22:45:48時点 Amazon調べ-詳細)

質の優れたファブリック・トリムを採用しているアタックザック。

フィット感がよく、長時間背負っていても疲れません。荷物がすぐに取り出しやすい構造になっており、アウトドアや通勤などのシーンでも活用できます。

  • メーカー参考価格:9,900円
  • 素材:ポリエステル、ナイロン、ポリエチレン、ポリウレタン
  • サイズ:48×24×18cm
  • 重さ:414g
  • 容量:20L

公式サイトでみる

アライテント(ARAITENT) ライズパック

アライテント(ARAITENT)
¥7,821 (2024/04/25 22:45:49時点 Amazon調べ-詳細)

耐水性に優れたナイロンを採用しており、強い雨が降っても対応できます。カラフルなデザインのため、紛失しにくいのも魅力のひとつです。また使わないときはコンパクトに折りたためるので、荷物の邪魔になりません。

  • メーカー参考価格:6,600円
  • 素材:30dnリップストップナイロン
  • サイズ:45cm(背面長)
  • 重さ:190g
  • 容量:20L

公式サイトでみる

MAMMUT(マムート) ババックパック デュカン

背負ったまま手が届くサイドポケット付きのアタックザック。水筒や雨具など、必要になったらすぐに取り出せるので便利です。ウエストベルトも付いているため、肩や腕などに負担をかけずに登山が楽しめます。

  • メーカー参考価格:18,700円
  • 素材:ナイロン
  • サイズ:幅約24.5×高さ約48×マチ約12.0cm
  • 重さ:910g
  • 容量:24L

公式サイトでみる

ZOMAKE アタックザック

軽量かつコンパクトな特長があるアタックザック。リュックの中には3つのポケットがあり、取り出しやすい構造になっています。2,000円台で購入できるにもかかわらず、耐久性や帽子性などに優れているのでコスパは抜群です。

  • 素材:ナイロン
  • サイズ:42×33×24cm
  • 重さ:290g
  • 容量:25L

パッキングにも使える便利なアタックザックを手に入れよう!

いかがでしたか?

当記事では、アタックザックのおすすめ商品を紹介しました。アタックザックの容量は20〜25Lがおすすめですが、中には容量を調整できる商品もあるので探してみるとよいでしょう。

今回の記事を参考にして、ぜひ自分に合ったアタックザックを見つけて登山を楽しんでくださいね!

SHARE

PROFILE

FUNQスタッフ

FUNQスタッフ

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

「好き、を生きよう」を地で行く、FUNQスタッフ。 初心者から上級者まで、知りたい情報をわかりやすくお届けしています。

FUNQスタッフの記事一覧

No more pages to load