ナイキから待望のニューモデル「ナイキ リアクト インフィニティ ラン」2020年1月に発売決定

怪我を減らす可能性に着目! 走り続けるために開発された革新テクノロジー搭載のランニングシューズ

2017年、自己新記録の更新や、限界に挑戦するためのシューズとして世に送り出され、世界をあっと言わせた「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」。ランナーの「速く走りたい」という夢をかなえるランニングシューズとして高い人気を博している。

同年には、画期的なクッション性とエネルギー リターンを提供するナイキ独自のフォームであるナイキ リアクトも発表。このテクノロジーは柔らかく、弾力性があり、軽くて耐久性があるという特性を兼ね備えており、これまでほぼ不可能と思われた理想の走りを叶えるものとなった。

そして、2020年1月、このナイキ リアクトを搭載した、「ナイキ リアクト インフィニティ ラン」がリリースされることが正式発表された。このシューズは、ランナーの怪我を減らす可能性に着目して開発されたモデルだ。

外観はナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%に似ているものの、ソール形状はロッキングチェアのようになっており、着地から爪先で蹴り出すまでのスムーズな足運びができるような設計となっている。ミッドソールには、柔らかさと反発性を両立させた素材を採用。このような素材と形状のコンビネーションにより、どのようなレベルのランナーにも、高い安定感と強力な推進力を与えることに成功している。

また、幅広でサポート性に優れたフォームは安定感を提供すると同時に、足がスムースにまっすぐな線を描き、横ぶれを防ぐように優しく誘導してくれる。

こうした特徴をもつナイキ リアクト インフィニティ ランは、インターバル、テンポ走、長距離やレースなど、ランニングのタイプにとらわれることなく活用できる、理想的なシューズとなっている。

従来型のモーション コントロール シューズであるナイキ エア ズーム ストラクチャー 22と比較したところ、ナイキ リアクト インフィニティ ランで走ったランナーは、従来型のモーション コントロール シューズを使った場合よりも怪我の発生率が52%も減少したという実験データも発表されている。

怪我や痛みのトラブルに悩むランナーの救世主になり得るニューモデルは期待大だ!

ナイキ リアクト インフィニティ ランは、2020年1月30日からNIKEアプリ、NIKE.COM、および一部のNIKE販売店で発売予定となっている。

問い合わせ

NIKE カスタマーサービス
TEL : 0120-6453-77
https://www.nike.com/jp/

SHARE

PROFILE

RUNNING style 編集部

RUNNING style 編集部

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

ランニング初心者から、サブ4を目指す中級者まで楽しめるランニング専門マガジン。トレーニングやアイテムの紹介、トレイルラン、イベントまでさまざまな情報をお届けする。

RUNNING style 編集部の記事一覧

No more pages to load