BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART3】

日本海側、関東以北の太平洋沿岸、北海道と本州に意外と広く生息するマダラ。
そのシーズンは、夏と冬に分かれることが多く冬場は深場メインになるものの、白子が大きいため人気。
今回、筆者であるモーリスのテスター横島敏弘さんがマダラをジグで釣るために訪れたのは新潟・柏崎。
爆釣ではないが、ほどよく釣果があり、釣行を満喫した。

前回までにお伝えしたように乗船者は全員、初日から満足のいく釣果を得られた。
今回は二日目、マダラだけに飽き足らず旬の魚種を丸ごと狙おうという大胆な釣行となった。

マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART1】>>>

マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART1】

マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART1】

2021年12月04日

マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART2】>>>

マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART2】

マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART2】

2021年12月04日

二日目は様々な魚を狙うよくばりな釣行

新潟釣行の二日目は、ブリとマダイ狙いからスタートし、後半は再びディープエリアでマダラを狙うプランで出港した。私達より先に予約を入れていた地元アングラーのリクエストがあったため、旬の魚を全て狙っちゃおうという欲張り釣行である。これはこれで魅力的だ。

この日は港を出て、舳先を西へ向けた。新潟東港沖付近の起伏に富んだポイントや漁礁周りを狙う。船長の話しによると佐渡ヶ島方面から富山湾へと向かう寒ブリの通り道とのこと。その通り道と付き場を熟知している船長のプロッターには、無数のマークが打ってあった。

水深40〜60m前後のエリアを攻めていく。その付近に大型のマダイも回遊するそうで、タイラバやジグで狙うこともできる。林船長の操船する海龍丸の周りには、絶えずプレジャーボートがおり、船の周辺でジギングを繰り返していた。

海龍丸でもジギングでは、ワラサが頻繁にヒットした。その脇で私たちは、タイラバとタイジグでマダイの大物を狙った。イナダやソイ、アコウといった根魚のヒットが多く、時折マダイらしきバイトがある。だが中々フッキングに持ち込めない。船長も次々とポイントを移動しながら魚を探してくれる。そして90m前後の深場も攻めてみた。想定されるエリアをくまなく案内してくれる船長に、こちらも釣果で応えたい。
 
ポイントを移動し、ジグを替え、試行錯誤しながらマダイを狙っていた私に小さなバイトが出た。すかさずフッキングする。だが……?ロッドに重みを感じない。そして顔を見せたのは、手の平にも満たないサイズのマダイ。船内に笑いが起こる。

▲2日目、マダイ狙いではアタリはあるものの、なかなかフッキングさせることができなかった。やっと掛けたマダイはこのサイズ(笑)。

その後、「そろそろマダラを狙いましょう」とのことで沖へ向かうこととなった。そして40〜50分程走り、佐渡ヶ島方面へと移動した。 
 
船長に「やはりこの辺りが一級のポイントなのですか?」と質問してみると、「今はここですね」と明確に答えてくれた。的確に状況を判断している証だ。

数よりサイズを狙いたいのでシルエットの大きなジグを選び、ジグをボトムへと送り込む。前日の釣行でヒットパターンを掴んでいたので、すぐにヒットに持ち込む事ができた。連発はしないが、型の良いマダラが楽しませてくれる。そして夕方近くまでマダラジギングを楽しみ今回の新潟釣行は終了となった。
 
今回はマダラを中心に、さまざまな魚を狙った釣行となった。御世話になった海龍丸は、マダイゲームも得意としており、この号が発売される頃から、100〜120mエリアでのディープタイラバで、大型のマダイ狙いでも出船するとのことで、注目したいエリアである。その後は徐々にシャローに移動するようだ。次回はマダイ狙いメインで訪れてみようと思う。
 
東京近郊からもアクセスの良い柏崎。皆さんも訪れてみてはいかがだろうか?

▲筆者の横島さん、同行メンバーの田中さんと揃って良型を手にした。マダラは11月、12月がシーズン。

▲同船者も、冬のマダラらしい太った良型をキャッチ。

【この記事は2020年1月現在の情報です】
マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲームPART1】>>>

マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART1】

マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART1】

2021年12月04日


マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART2】>>>
マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART2】

マダラ狙いの中深海ジギング 新潟柏崎から出船する冬場の人気ゲーム【PART2】

2021年12月04日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load

x