BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【平松慶】千葉県外房で実感!ローカルアングラーの凄さ【PART2】

平松慶氏がホームグランドとしている玄界灘。しかし最近は近海のフィールドにも訪れている。
行く時はお店の休みの日。いわゆるサンデーアングラーと同じように釣行している。
そして、その釣行を組む難しさとともに、ローカルアングラーの術に脱帽したのであった。

一般的には週に一度しか釣りにいくことができないというアングラーも多いはず。
そんなアングラーたちの視点に立った際に見えてくる難しさと共に、実際に釣行に赴いた外房の魅力を平松氏に紹介していただこう。
少ないチャンスを活かすために臨機応変さが求められることを示した前回に続き、今回は実釣スタートの様子とタックルについてお見せしていく。

【平松慶】千葉県外房で実感!ローカルアングラーの凄さ【PART1】>>>

【平松慶】千葉県外房で実感!ローカルアングラーの凄さ【PART1】

【平松慶】千葉県外房で実感!ローカルアングラーの凄さ【PART1】

2022年01月09日

タックルはいつも同じ

6時に勝浦川津港を出て、この日は御宿方面へ走った。ポイントには15分程で到着。水深は20m前後。投げるアングラー、しゃくるアングラーともにスタートとなった。ベイトタックルでジギングを開始した人もいれば、プラグをキャスティングしている方もいる。あたりがゆっくりオレンジ色から黄色になり、快晴の空になるまでそれほど時間はかからなかった。

▲釣行時、ポイントは御宿沖であった。シャローのポイントを探っていく。キャスティング、ジギングとどちらもセレクト可能だが、平松はジギングにこだわり探っていった。

「水深18m、反応がポツポツと出ています」。最初に入ったポイントからシャローエリアとなる。私はPENNトルク63MLにスラマー3の6500を組み合わせたタックル。それにPE4号のセッティングで準備してきた。リーダーはフロロカーボンの12号。これもそれほど大きく普段と変えることはなく、長崎県対馬でも島根県でも、どこでもほぼ同じバランスを組む。

それは、このタックルの最大マックス強度がおおよそ体に染み付いているのでそれなりのサイズが掛かっても対処できると信じているから。だからフィールドによってタックルを大きくは変えない。

メタルジグのウエイトや形状はそのエリアの水深やベイトの様子、フィールドの状況によって選択するが、タックルの使い分けは、「線の動作」でメタルジグを長くトレースするスタイルか、「点の動作」でメタルジグをホバーリングさせて魚を寄せて見せて食わせるスタイルのどちらかになる。だから大きく道具を変えないことも私なりのスタイルであり、使い分けがはっきりしているので迷うことも少ない。

Tackle


ジギングタックル
ロッド:PENN・トルクPHK-63ML、トルクPHK-63M
リール:PENN・スラマー3 6500
ライン&リーダー:サンライン・PEジガー8HG 4号&松田ブラック12号
ルアー:K-FLAT ・Gummy130g、160g、Gummy-fat160g、KEI Jig180g 、KEI Jig シャープ170g
ピュアフィッシングジャパン・フィーブルジグ(仮名)150g、180g他
フック&パーツ:オーナーばり・ハイパーワイヤー♯7、ソリッドリング6.5㎜、SJ-43TN 8/0、7/0、シワリ6/0

キャスティングタックル
ロッド:PENN・スラマー71ML(仮名)
リール:PENN・スラマー3 8500HS
ライン:サンライン・モンスターバトル6号
リーダー:サンライン・ナイロンショックリーダー100lb
ルアー:スプラッシャーポッパー、ペンシル15〜18㎝(プロト)、アルモミス・フラウンダー、ドルフィン
偏光グラス:zeal optics・ステルスD-1370モデル
ウエアー:全てパタゴニア

【この記事は2020年1月現在の情報です】
【平松慶】千葉県外房で実感!ローカルアングラーの凄さ【PART1】>>>

【平松慶】千葉県外房で実感!ローカルアングラーの凄さ【PART1】

【平松慶】千葉県外房で実感!ローカルアングラーの凄さ【PART1】

2022年01月09日


 
【平松慶】千葉県外房で実感!ローカルアングラーの凄さ【PART3】>>>
【平松慶】千葉県外房で実感!ローカルアングラーの凄さ【PART3】

【平松慶】千葉県外房で実感!ローカルアングラーの凄さ【PART3】

2022年01月10日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load