BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ヒラマサ最大32㎏!ハイエンドリールで記録を破れ 長崎県・上五島釣行【前編】

2019年10月。エキスパートアングラー・佐野ヒロムが、2020年に満を持してリリースされた20ソルティガを携え長崎県上五島を訪れた。
最大32㎏国内自己記録タイ、最も小さくて19㎏という、最高のデビュー戦の様子を前後編の全2回で紹介する。(文中敬称略)

20ソルティガと共に長崎県上五島へ

ブレイク・ユア・レコード――記録を破れ。

これが、20ソルティガスピニングリールに与えられたキャッチコピーだ。

自分自身が持つ記録を更新する。釣りではビギナーズラックもあるし、自然相手だけにたまたま、も大いにある。だが、20ソルティガスピニングリールのようなハイエンドモデルを使うアングラーは、それで記録を更新したとしても納得できないだろう。狙って釣りたいからだ。そして、本気で記録更新を狙うのであれば、ヤワなタックルや体力、そして精神力では叶わないことはアングラー自身が一番よく知っている。

20ソルティガスピニングリールは、そんなアングラーたちの夢を叶えるために、最高の道具として登場する。

2019年10月下旬。佐野ヒロムが、20ソルティガスピニングリールを手に長崎を拠点とする人気ルアー船・ステータスを訪れた。

今回の釣行エリアは上五島周辺。朝長俊輔船長によると、佐野たちの釣行の直前に行われたツアーでは、かなりいいサイズの魚に何発も切られたという。なかには明らかに30㎏オーバーもいたそうだ。

タイミングはバッチリ。あとはアングラー次第である。

そこで佐野がメインでセレクトしたタックルは、ロッドはマックスドラグ16㎏クラスのハイパワーモデル。リールはもちろん20ソルティガ。超大物と真っ向勝負可能なハイギア仕様18000HGだ。ラインは迷わずPE10号をセレクトした。

プラグはウッド製230㎜もしくはプロトの250㎜。ベイトはシイラやダツ。これでも小さいぐらいだ。

フックも掛けたら絶対に獲るために、ツインフックをセレクト。佐野が絶対的な信頼を置くフックシステムである。

▲2019年秋シーズン絶好調だった長崎県上五島。20㎏オーバーのヒラマサが多数キャッチされた。佐野たちが釣行する前のツアーでは、デカイ魚にかなりやられたという。一投一投に緊張感が漲る。

ファーストヒットが25.5㎏の大マサ!

最初のポイントは、水深40mほどから10mまで一気に駆け上がるという。潮波は激しく立っているが、潮は適度に流れている程度。見た目ほどは流れていない。風は微風。だが、潮とは逆。つまり、アゲインスト。佐野は風に向かってキャストしていく。

「新形状のスプールエッジのおかげで、アゲインストでも適度にラインの放出にブレーキがかかり、綺麗にラインが出てこの状況でも飛距離が出ますね。ラインスラックが多いとプラグの操作に影響が出てしまいますし、巻き取りが綺麗にできなければ次のキャストの際にトラブルになりやすくなります。また魚が掛かってドラグからラインが出る際にもトラブルの原因にもなります。20ソルティガは、そういう一つひとつの不安要素がないのが本当に心強い。余計なことを考えずに釣りに集中できます。本気で自己記録更新を狙うのであれば、今回のようにいい時期を狙って釣りに来ていることが多い。だから出ればデカイ。一発勝負といった状況も多い。そういうタイミングでちゃんとキャストできて、ルアーをアクションさせることができる。当たり前のようですが、これがなかなか難しい。これができなければ、自己記録更新はなかなかありえませんよね」

▲「ギアは滑らかでトルクがあり、ドラグは驚くほどスムーズ。はっきり言って、これまでのソルティガとは別物。間違いなく、自己記録更新を狙えるリールですね」(佐野)

朝長船長は何度もコースを変えて船を付けなおす。ここには確実に魚がいる。あとはタイミングだけである。

そしてついにその時がやって来た。

ルアーが着水した場所は水深10mほどまで浅くなっていた。プラグをアクションさせると、突然ド派手な水飛沫が上がった。15㎏ほどに設定したドラグから勢いよくラインが出る。その走りに佐野は必死に耐える。もの凄い重量感。間違いなく、デカイ。

走りが止まったら佐野が反撃開始。20ソルティガだからどんどん巻ける。ほどなくして巨大ヒラマサが海面に浮いてしまった。同時に、佐野の雄叫びが上がった。

25.5㎏。ファイトタイムはたったの2分。素早く撮影を済ませ、巨体を再び海に放つ。体高あるコンディションの良い大マサは、元気よく海へと戻って行った。

▲ファーストフィッシュがなんと25.5 ㎏の大マサ。体高があり、非常にコンディションのよい魚体だ。普通ならこれで十分だが、これで終わらなかった。

▲20ソルティガに採用された新形状のスプールエッジがライントラブルを激減させ、飛距離を伸ばす(上)。撮影で20kgオーバーはそうはない。ステータス・朝長俊輔船長とガッチリ握手。

【この記事は2020年1月現在の情報です】
ヒラマサ最大32㎏!ハイエンドリールで記録を破れ 長崎県・上五島釣行【後編】>>>

ヒラマサ最大32㎏!ハイエンドリールで記録を破れ 長崎県・上五島釣行【後編】

ヒラマサ最大32㎏!ハイエンドリールで記録を破れ 長崎県・上五島釣行【後編】

2021年11月25日

出典

SHARE

PROFILE

SALT WORLD 編集部

SALT WORLD 編集部

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

近海から夢の遠征まで、初心者からベテランまで楽しめるソルトルアーフィッシングの専門誌。ジギングやキャスティング、ライトゲームなどを中心に、全国各地の魅力あるソルトゲームを紹介しています。

SALT WORLD 編集部の記事一覧

No more pages to load