BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【バイシクルオブザイヤー2020】COLNAGO・V3-RS

今年も始まった「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2020」!
栄えある栄冠はどのバイクに!? 選考委員会による10台のインプレッションをレポートする。

先進のテクノロジーを惜しみなく盛り込みあらゆるハードな走りに対応

エアロの要素を採り入れたコルナゴのフラッグシップとして誕生したVシリーズも初代V1-r、UAEチームエミレーツが多くの勝利を飾ったV2-Rを経て第3世代となるV3-RSに正常進化を果たした。伝統的なラグフレームにこだわるもう一つのフラッグシップであるCシリーズとは対照的に、先進のテクノロジーを惜しみなく盛り込んだVシリーズ。V3-RSはカムテール形状を採用したフレームの空力性能を研ぎ澄ますとともに、前作よりも各部の剛性を向上。ディスクブレーキの制動力に対応する強化も行われた。さらにカーボンレイアップの変更によって垂直方向の振動吸収性を高めつつ、45gの軽量化を果たしたことで、超級山岳から石畳まで、ロードレースで想定されるあらゆるハードな条件に対応した。多方面からのブラッシュアップを施しながらも、コルナゴらしさを具現化する直進安定性とキレのあるハンドリングも備えたV3-RS。その性能はプロライダーはもとより、一般のライダーの心もしっかりとつかんで離さない。

コルナゴ・V3-RS ディスク

Spec.
●56万円(フレームセット/税抜)
●フレーム:カーボンモノコック
●フォーク:HHM-HMカーボン
●コンポーネント:カンパニョーロ・レコード
●ホイール:カンパニョーロ・ボーラWTO45
●タイヤ:チャレンジ・クリテリウム
●サイズ:420S、450S、480S、500S、520S、540S、560S 、580S
●実測重量(ペダルレス):7.22kg(480S)
※試乗車スペック

脚力が要求されるレーサー向きの高剛性バイク

【IMPRESSION RIDER】山口博久
芯のある高い剛性が特徴で、とくにダンシングで踏んだときにはシャキシャキと前に進んでいくバイクだ。絶好調なときにはその剛性の高さが強い武器になるだろう。ただし、長距離を走ったときにはライダーの脚力が要求されるので、レースを考えているユーザーにお薦めだ。ただ、サドルへ伝わる振動は抑えられるように作られており、快適性も兼ね備えているレーシングバイクだ。ハンドリングはコルナゴらしく、傾けると狙ったとおりのライン取りができ、荒れた路面でも安定する。

ギミック感のないオーソドックスな作りが好印象

【IMPRESSION RIDER】岩田淳雄
C64に感じた「コルナゴハンドリング」を、ここでも再確認することができた。C64ほどではないが、明らかにほかのブランドとは違うハンドリング思想を持つ。クルマのバリアブルステアリングのように、クイックでありながら、スピードを上げるにつれどっしりした安定感をもたらすその走りは、レースでの安心感をライダーに与えるはずだ。結果、リラックスして走れるということだろう。ギミック感のないオーソドックスな作りで、軽さや剛性感のバランスも好印象だ。

問:アキボウ
www.colnago.co.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load