BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

CORRATEC・DOLOMITI DISC【ニューモデルインプレッション】

注目の最新モデルを徹底インプレッション! 今回は剛性と振動吸収性を両立させたハイドロフォーミング成型のチュービングが印象的なアルミロードバイク、CORRATEC・DOLOMITI DISCを管洋介がテスト!

剛性バランスに優れたアルミディスクブレーキロード

高性能で定評のあるコラテックのアルミロードバイク、ドロミテに2020年モデルで待望のディスクブレーキモデルが追加された。
ドロミテの特徴といえば剛性と振動吸収性を両立させたハイドロフォーミング成型のチュービングだ。ヘッドまわりやダウンチューブなど剛性が必要な部分にはボリュームを確保し、トップチューブ後方やシートステーを細身に成型。
アルミ素材のもつ動力伝達性能を生かしながら振動吸収性も高めた。ディスクブレーキもシマノ製の油圧式をアッセンブルし、あらゆる条件下で安定した制動力を確保した。
カーボンフレーム全盛の現代ではあるが、コラテックではアルミフレームのよさが見直されており、その中核的な存在となるのがドロミテだ。アルミ=エントリーという位置づけではなく、コンポーネントを105のほかアルテグラとティアグラも用意し、初級者から上級者までを対象としている。
コラテックを取り扱うグローブライド全体の強みといえるのが、国内でのパーツアッセンブルだ。多くの自転車は原産国でパーツの組み付けまで行う場合がほとんどだが、ドロミテディスクはフレーム単体で輸入し、大阪府堺市のスポーツバイク組み立て工房「ワコー」において熟練のスタッフが組み立てる。
これによりバイク本来の性能を最大限に引き出せるほか、ハンドルやステムのサイズ、バーテープの色をユーザーが選択できる。完成車での輸入よりもコストは多少上がるものの、よりユーザーの体格に合わせたバイクを提供できるメリットは大きい。事後にステムを変更するなどの費用を考えれば、コストパフォーマンスも悪くない。
アルミバイクには比較的低価格で高性能なバイクが手に入るメリットもある。上級者をも満足させる品質とパッケージングのドロミテディスクは、アルミ素材のよさを再発見できるバイクに仕上げられている。

振動吸収をつかさどるトップチューブは上下に薄く、パワー伝達を受けもつダウンチューブは十分なボリュームを確保。自由な形状に成型できるハイドロフォーミングによって最適な剛性バランスを生み出している。溶接部はスムースウェルディング加工で美しく処理される。

フラットマウント規格の油圧ディスクブレーキを採用。105のほかにアルテグラとティアグラのモデルも設定される。

緩やかなベンドを描くフルカーボンフォークは、軽快なハンドリングと振動吸収性を両立させた。ディスクブレーキ化に合わせてスルーアクスルを採用した。

上下方向に薄いシートステーによって振動吸収性を高めた。カーボン製のシートポストも乗り心地のよさに貢献している。

 

コラテック・ドロミテ ディスク

19万5000円(105完成車/税抜)
■フレーム:6061ハイドロフォーミングダブルバテッドアルミ ■フォーク:フルカーボン ■コンポーネント:シマノ・105 ■ハンドル、ステム:ITM・アルコア80 ■シートポスト:ITM・ケロ ■サドル:サンマルコ・エラ ■ホイール:シマノ・WH-RS171 ■タイヤ:ヴィットリア・ザフィーロ700×25C ■サイズ:42、46、48、51、54cm ■カラー:ネイビー×ブルー、マットバーガンディ×ブラック ■試乗車重量:9.4kg(48cm/ペダルレス)

 

ペダリングごとの加速感が気持ちいいバイク

ステアリングの軽さが際立つフロントまわりの設計と、スローピング形状に加えてアルミ素材のもつ反応のよさがみごとにマッチングしているバイクだ。ペダルにトルクをかけるごとに前に進んでいく爽快な駆動感が気持ちよく、もっと踏んでいこうというライダーの走行意欲を刺激する乗り味だ。
アルミ素材というと硬さが際立ってしまうイメージがあるが、ハイドロフォーミング成型による緩いアーチを描いた扁平のトップチューブとシートステーによって、必要な振動吸収性は確保されている。またこの成型は剛性を必要箇所に配分するのにも有効で、トルクを受け止める部位にボリュームをもたせている。
乗り方としては、とくに前方で重心をコントロールするダンシングや、骨盤を寝かせた前傾フォームでのライディングでパフォーマンスがより発揮される印象。これは最近のトレンドとなっているライディングフォームとマッチしている。またコントロール性に優れるディスクブレーキの採用により、常に安心して走りに集中できる。
国内でのパーツアッセンブルは信頼性も高く、ステムやハンドルのサイズを選択できるメリットも大きい。美しいカラーリングも含め、幅広い層のユーザーを唸らせる1台だ。

IMPRESSION RIDER/管洋介

競技歴23年のベテランライダーで自身のチーム、アヴェントゥーラサイクリングの代表も務める。長年の経験を生かした的確なインプレッションが持ち味。身長168cm

 

問:グローブライド www.corratec-bikes.jp

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load