BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

軽量ロードバイク ジャイアント・TCR ADVANCED SL 0 DISC|ペダリングフィールを動画解説

軽量ロードバイクジャイアントTCR。ここではその試乗インプレッションのの詳細をお届けする。乗ったときの軽さ、ペダリング時のフィーリングについてアヴェントゥーラサイクリング管洋介さんが解説します。

踏み抜けのよさ、そしてテンポよく上っていける理由は?

ペダリング時の力を入れたとき、さらにダンシングやコーナーリングなどのコントロール時の重心移動に対してキレがよく、つねに軽快な立ちまわりを演出してくれるバイク。トルクキャッチはクランク位置1時を軽いタッチでとらえ、2時から4時で踏み込んでいくパワーを駆動力として伝達する。ダウンチューブの硬さと後輪追従性に優れたジオメトリーが効いていて、BBウィップのバランスのいいねじれ剛性が5時あたりからスッとペダルを流してくれる。

これらを補完するのがカーボンスポーク採用で剛性が非常に高く軽量なカデックスホイールだ。オープン形状のフォークは接地感をしっかりと残しながらも、バイクをシャープに振れ、コーナーリング性能にも優れ理想のラインを描くことができる。アップダウンとタイトコーナーが続くシーンで大きなアドバンテージを生むバイクといえる。

フレームのみならずバイク全体で細かなライディングフィールに適応した高い剛性バランスと超軽量を実現している。ペダリング時の入力したときにダンシングやコーナーリングなどのコントロール時の重心移動に対してキレが良く、つねに軽快な立ち回りを演出してくれるのがSL0の第一印象でした。

踏んだときにクランク位置が1時で軽いタッチで踏み始め、2時‐4時で踏み込んでいくとパワーの駆動を明確に感じられます。これはダウンチューブのねじり剛性の高さと、チェーンステイが短かさによるものだと思います。そして、5時あたりからスッとペダルが抜けていく感触をうけますが、これはBBまわりの剛性が高く、ウイップが少ないために起こるようです。

このため左右の踏み換えが、素早くできるのでロードレースで求められる加減速にレスポンスよく反応できますね。

TCR ADVANCED SL 0 DISC

SPEC

価格 : 120万円 (税抜)
サイズ : 680 (XS)、710 (S)、740 (M)、770 (ML) mm
重量 : 6.6kg(740mm)
カラー : カーボン
フレーム:アドバンスドSLグレードコンポジット バリアントISP
フォーク:アドバンスドSLグレードコンポジット、フルコンポジットオーバードライブ2コラム
ハンドル:コンタクトSLRカーボン
ステム:コンタクトSLR OD2カーボン
コンポーネント:スラム・レッドEタップアクセス
ホイール:カデックス・42チューブレスディスク
タイヤ:カデックス・レースチューブレス700×25C

DETAIL

空力性能を高めるためにヘッドチューブをはじめとした箇所にカムテール形状を採用。また機械式コンポーネント用のケーブルルートは設けられず変速は電動専用となる

シートチューブにタイヤを逃がすスペースを設け、リアセンター405㎜を維持し32㎜幅のタイヤを装着可能とした。この部分の大きさはフレームサイズによって異なる
標準の25㎜幅のタイヤから32㎜幅のタイヤに変更した状態。シートステーとのクリアランスが十分確保されているのがわかる

塗装が薄くなったクランプ部の径を最適化するため、3M社製のプロテクターシートが貼り付けられる。

サドル高の調整幅を確保し、汎用性を高めるためクランプはスタンダード(左)に加えて、20㎜長いロングタイプ(右)も用意した

スタンダードタイプは軽さを追及してカーボン製のやぐらを使うことで、より軽くなっている。

ステムのハンドル固定ボルトを延長して取り付けるコンピューターマウントが付属する(コンピュータ、ライトは別売り)

TCR ADVANCED SL DISC FRAME SET

価格 : 36万円 (税抜)
サイズ : 680 (XS)、710 (S)、740 (M)、770 (ML) mm
重量 : FRAME / 770g(710mm)、FORK / 340g
カラー : マットクリソコラ
※TCR ADVANCED SL DISC フレームは電動コンポーネント専用設計

 

問:ジャイアント
https://www.giant.co.jp/

バイシクルクラブ6月号(Amazon)

 

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load