BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

路面を選ばないハイスピードな1台「Caledonia(カレドニア)」登場|Cervélo 2021モデル

「Cervélo(サーヴェロ)」から、新たに2021年モデルが発表された。今回発表されたバイクは「Caledonia(カレドニア)」。これまでの“型”にはまらないパフォーマンスロードバイクが誕生した。

カレドニアはヨハン・ヴァン・スーメレンが2011年のパリ~ルーベで優勝した“R3マッド”に触発されたデザインコンセプトをもつバイク。統合されたハンドルおよびフロントエンド、Rシリーズよりも幅広いタイヤクリアランス、隠れたフェンダーマウント、パリ~ルーベで勝てるジオメトリなど、速さだけではなく、さまざまな用途に活用できるロードバイクとなっている。

なお、納期は完成車が2020年11月頃から、フレームセットが12月ごろからを予定している。以下、プレスリリースより。

これまでの型にはまらない「Caledonia(カレドニア)」

“Caledonia”(カレドニア)は、cerveloチームが普段行っている”サーズディ ナイトライド”(木曜夜のライド)のメンバーで最初のアイディアが生まれました。

サーズデイナイトライドのルートは高速で路面状況も多岐にわたることが多いルートです。
より太いタイヤをR5に履かせたいですし、Asperoをより高速仕様にしてこのルートにマッチさせようとしたとき、新しいバイクデザインコンセプトが生まれました。

カレドニアはヨハン・ヴァン・スーメレンが2011年のパリ~ルーベで優勝した”R3マッド”に触発されたデザインコンセプトですが、現代のロードライダー向けに最適化されています。

速さに優れ、かつ用途の広い、その結果、カレドニアは他のモデルにはない魅力的なものに仕上がりましたし、あなたもカレドニアに乗ればすぐにその魅力が分かるはずです。

統合されたハンドル及びフロントエンド、Rシリーズよりも幅広いタイヤクリアランス、ホイールカットアウトの裏側に隠されたフェンダーマウント、パリ~ルーベのようなハードなコースでも勝てるジオメトリ、高速で楽しく、夢のようなライドに対応できるバイクが完成しました。

定番のライドのための新しいバイク

走行距離が3桁の大台を超えると分かっているなら、バイクはやっぱり”Caledonia”(カレドニア)です。
長距離のライドでは、滑らかな舗装路もあれば、脇道のひどい舗装、短いシングルトラックや裏道がつきもので、地域によってはストラーデ・ビアンケばりのエリアがあったりもするでしょう。そこでCervéloは、それらすべてを難なくこなして、130kmの地点でいきなり土砂降りに見舞われたときのためにフェンダーも取り付けられるバイクを作りました。

Cervéloでは、ロードバイクがエネルギーをつぎ込んでスピードを出すためだけのマシンとは考えていません。それはいわば魂の一部であり、世界観や理想とする暮らしを反映したものなのです。それは公園の芝生を突っ切ることであったり、左側のダートロードがどこに通じているか確かめることだったりします。そんな今どきのサイクリストのためのバイクがCaledonia-5です。

ワールドツアーがヒントに

Caledonia-5はTeam Sunwebとの共同開発によるバイクで、石畳専用バイクを求める声に応えました。モニュメントでの活躍にご期待ください。

レースから生まれたバイク

より速いハンドリングがいいとは限りません。ハンドリングは特定の使用事例に基づいてデザインされており、この場合はパリ~ルーベです。パリ~ルーベは毎年行われるどのレースよりもバイクへの負担が大きく、勝利するだけでなく完走する為にもライダーは少しのミスも許されません。そこでCervéloは、リアセンターを上げて(去年のレースで使われたR3と比較してみてください)、BBを下げ、トレイルを上げました。高速域に対応するハンドリング性能はそのままに、石畳の様な不安定な路面での安定性を高めました。

ひらめきと洗練を求めて

このモデルはレースバイクです。Cervéloチームがパリ~ルーベで使うためにデザインされ、これからもそれは変わりません。これまでのように異なるフィットタイプ(R5、Rシリーズなど)のバイクを何バージョンもデザインするのでなく、1つのバイクでさまざまなフィットを可能にするシステムをデザインし、求められる外観や機能面のクリーンな要素もそのまま残しました。

安定感のある心配無用の自信作

コンプライアンスの落とし穴にはまらないよう、エラストマーは使用せず、奇妙なチューブの交差もありません。実績のあるCervéloのチューブ形状を応用し、Cervéloが設計するすべてのバイクの基盤となっており、これらのチューブの形状にはそれぞれ既知の異なる属性があります。

物理に逆らうことはできません。「二重ダイヤモンド」のフレームデザインの根底にあるのは、三角形分割と偏向させるためのエネルギーで、これは安全自転車の誕生以来変わっていません。チューブ形状ごとの動作をCervéloは熟知しています。肝心なのは、それをレイアウトのどこに配置するかということで、その偏向に基づいて必要なコンプライアンスを達成しなければなりません。最もシンプルな方法がほぼ間違いなくベストです。

ライド後は「最高」の一言に

寝坊、補給食の買い忘れ、メーターの充電ミス、洗濯出来ていないジャージ、何とも言えないジャージの組み合わせ….。走りだせばパンク、エネルギー切れでの失速、突然の豪雨…
長い長い1日のロングライドの中で、何度「最悪だ」とつぶやいても、ライド後は思わず「最高だ」と。
そう思わせてくれる最高の相棒になるでしょう。

Caledonia(カレドニア) ラインナップ

Caledonia-5 Carbon/Chameleon 完成車/フレームセット

価格:Caledonia-5 Dura Ace Di2 R9170 完成車/¥1,300,000、Caledonia-5 フレームセット/¥500,000
サイズ:48 , 51 , 54 , 56
カラー:Carbon/Chameleon
商品詳細はこちら

Caledonia-5  Blue/Carbon 完成車

価格:Caledonia-5 SRAM Red eTap AXS 完成車/¥1,180,000
サイズ:48 , 51 , 54 , 56
カラー:Blue/Carbon
商品詳細はこちら

Caledonia-5 Purple/Carbon 完成車

価格:Caledonia-5 Force eTap AXS 完成車/ ¥840,000
サイズ:48 , 51 , 54 , 56
カラー:Purple/Carbon
商品詳細はこちら

Caledonia-5 Silver/Black 完成車/フレームセット

価格:Caledonia-5 Ultegra Di2 R8070 完成車/¥780,000、Caledonia-5 フレームセット/¥500,000
サイズ:48 , 51 , 54 , 56
カラー:Silver/Black
商品詳細はこちら

Caledonia-5 Red/White 完成車/フレームセット

価格:Caledonia-5 Ultegra Di2 R8070 完成車/¥780,000、Caledonia-5 フレームセット/¥500,000
サイズ:48 , 51 , 54 , 56
カラー:ColorRed/White
商品詳細はこちら

Caledonia-5 Carbon/Charcoal 完成車/フレームセット

価格:Caledonia-5 Ultegra R8020 完成車/¥590,000、Caledonia-5 フレームセット/¥500,000
サイズ:48 , 51 , 54 , 56
カラー:Carbon/Charcoal
商品詳細はこちら

Caledonia Maroon/Red 完成車

価格:Caledonia Ultegra R8020 完成車/¥435,000
サイズ:48 , 51 , 54 , 56
カラー:Maroon/Red
商品詳細はこちら

Caledonia Black/White 完成車

価格:Caledonia 105 完成車/¥345,000
サイズ:48 , 51 , 54 , 56
カラー:ColorBlack/White
商品詳細はこちら

Caledonia Indigo/Wainut 完成車

価格:Caledonia 105 完成車/¥345,000
サイズ:48 , 51 , 54 , 56
カラー:Indigo/Walnut
商品詳細はこちら

問:東商会
www.eastwood.co.jp

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load