BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツール・ド・フランス前哨戦ドーフィネでログリッチがリタイヤ、マルティネスが逆転

クリテリウム・デュ・ドーフィネ2020の最終第5ステージが8月16日行われ、セップ・クス(ユンボ・ヴィズマ)がステージ優勝を果たした。第4ステージまでの総合リーダーだったプリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)は前日の落車の影響でこの日出走せず、この日ステージ2位に入ったダニエル・マルティネス(EFプロサイクリング)が初の総合優勝を果たし、新人賞も獲得した。

ログリッチのリタイアで個人総合暫定リーダーがピノに

フランス南東部のアルプスにほど近いムジェーヴの町から始まり、第4ステージと同じムジェーヴの空港でフィニッシュとなる第5ステージ。超級山岳ロム峠(距離9km、平均勾配8.9%)と1級山岳コロンビエール峠(距離7.4km、平均勾配8.5%)を含む8つのカテゴリー山岳を153.5kmに凝縮したハードなコース設定だ。

この日出走した136人の中に、前日までの個人総合首位のログリッチの姿はなかった。前日の落車の影響だという。これにより、スタート時点での暫定リーダーは、ティボー・ピノ(グルパマFDJ)となった。

個人総合争いの有力選手たちが先頭集団で展開

波乱の幕開けとなった第5ステージは、スタート直後から多くのライダーがアタックを仕掛けた。集団は最初の2級山岳コート・ド・マンシー(距離2.5km、平均勾配9.4%)で分裂。ピノやトム・デュムラン(ユンボ・ヴィズマ)、セップ・クス(同)を含む11人のライダーが先行し、暫定総合2位のギヨーム・マルタン(コフィディス)も追走する。

激しいバトルは超級山岳ロム峠でも続いた。先頭集団ではジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が最も積極的で、ナイロ・キンタナ(アルケア・サムシック)がその後ろで耐えるが、ダビ・デラクルス(UAEチームエミレーツ)が山頂をトップで通過し、山岳賞獲得に一歩近づいた。

1級山岳コロンビエール峠を前に、暫定リーダーのピノを含む先頭グループはマルティネス、アラフィリップ、クス、デラクルス、マルタンら24人となった。コロンビエール峠の山頂まで残り3kmの地点でパヴェル・シヴァコフ(チームイネオス)とアラフィリップがアタック。集団ではセバスティアン・ライヒェンバッハ(グルパマFDJ)が中心に2人との差を1分以内にコントロールしながら様子をうかがった。個人総合暫定3位に付けるミケル・ランダ(バーレーン・マクラーレン)は83km地点で先頭集団から3分55秒差と苦戦しており、総合リーダー争いから脱落した。

2級山岳コート・ド・ドマンシーが勝負の分かれ目に

アラフィリップとともに逃げ続けるシヴァコフは残り32km地点で落車。その後すぐに復帰し、残り25km地点のこの日2度目の2級山岳コート・ド・ドマンシーの麓でアラフィリップに合流した。

個人総合リーダーたちが残る追走集団からは、タデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ)、ミゲルアンヘル・ロペス(アスタナ)、クス、マルティネスがアタックして先頭の2人を追走する動きを見せる。総合首位のピノはこれに反応できなかった。追走集団から飛び出した4人は先頭の2人に追いつき、ピノとの差を2級山岳コート・ド・コルドンで1分25秒に広げた。マルティネスはステージ開始時に個人総合争いでピノの12秒差に付けていたため、この動きが2人の雌雄を決することになった。

独走に持ち込んだクスがステージ優勝
2位のマルティネスが逆転で個人総合優勝

最後の2級山岳ムジェーヴ空港への上りにさしかかった先頭集団では、残り8kmでクスが単独でアタック。マルティネスらもこれを追うが、クスは最後までリードを保ち、ステージ優勝を果たした。2位には27秒差でマルティネスが入り、ピノは7位に入ったものの先頭から1分以上遅れた。この結果、マルティネスが逆転で個人総合優勝を果たし、ピノは27秒差で個人総合2位となった。

マルティネスのクリテリウム・デュ・ドーフィネ個人総合優勝は、コロンビア人として3人目の快挙。彼は新人賞も同時に獲得した。

リザルト クリテリウム・デュ・ドーフィネ第5ステージ

第5ステージ結果

1位 セップ・クス(ユンボ・ヴィズマ)
2位 ダニエル・マルティネス(EFプロサイクリング)
3位 タデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ)

個人総合
1位 ダニエル・マルティネス(EFプロサイクリング)
2位 ティボー・ピノ(グルパマFDJ)
3位 ギヨーム・マルタン(コフィディス)

ポイント賞
ワウト・ファンアールト(ユンボ・ヴィズマ)

山岳賞
ダビ・デラクルス(UAEチームエミレーツ)

新人賞
ダニエル・マルティネス(EFプロサイクリング)

チーム総合
ユンボ・ヴィズマ

クリテリウム・ドゥーフィネ2020のルート

8月12日
第1ステージ クレルモンフェラン―サンクリストエンジャレス 218.5 km
8月13日
第2ステージ ヴィエンヌ―ポルテ峠 135 km
8月14日
第3ステージ コラン―サンマルタンドベルヴィル 157 km
8月15日
第4ステージ ウジネ—メジェーヴ 157km
8月16日
第5ステージ メジェーヴ―メジェーヴ 153.5 km

大会WEBサイト
https://www.criterium-du-dauphine.fr/en/いと

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load