BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツール・ド・フランス第4ステージ|本命ログリッチ山岳で勝利、アラフィリップ総合維持

ツール・ド・フランス2020の第4ステージが9月1日に行われ、1級山岳でのゴールスプリントを制したプリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)がステージ優勝した。ログリッチは総合3位にジャンプアップし、マイヨジョーヌ争いが本格化してきた。
PHOTO: Cor Vos

6人の小集団が逃げ続け
パシェが3つのカテゴリー山岳を先頭通過

PHOTO:A.S.O./ Alex Broadway

前日のフィニッシュ地点シストロンからアルプス山脈に向かい、標高1,825mの1級山岳オルシエール・メルレット(距離7.1km、平均勾配6.7%)の山上フィニッシュという160.5kmのコースで行われた第4ステージ。1級山岳に至るまでに3級山岳3つ、4級山岳1つの計5つのカテゴリー山岳が設けられている。

PHOTO:A.S.O./ Alex Broadway

この日はスタート直後からアレクシー・ヴィエルモ(AG2Rラモンディアール)、クリスツ・ニーランズ(イスラエル・スタートアップネイション)、ニルス・ポリッツ(イスラエル・スタートアップネイション)、ティシュ・ベノート (サンウェブ)、カンタン・パシェ(B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)、マチュー・ブルゴドー(トタル・ディレクトエネルジー)の6選手が逃げグループを形成。メイン集団が4分前後のタイム差で追走する展開となった。

それ以降もレースに大きな動きはなく、山岳ポイントやスプリントポイントは逃げグループのメンバーが獲得。パシェが3つのカテゴリー山岳を先頭通過し、山岳賞ポイントを稼いだ。

逃げグループは人数を減らし
ニーランズが単独逃げ切りを試みる

PHOTO:A.S.O./ Alex Broadway

その後、逃げグループでは残り24km地点の下りでベノートが落車し、逃げグループから脱落。最後から2つめの3級山岳サンレジェ=レ=メレーズの上り始めまでに逃げグループはニーランズ、パシェ、ヴィエルモの3選手に駒を減らした。残り距離20kmを切ったところで、この日敢闘賞を獲得するニーランズが飛び出し、独走での逃げを試みた。

ニーランズはトップで最後の1級山岳オルシエール・メルエットにさしかかるが、ドゥクーニンク・クイックステップ勢が牽引するメイン集団に徐々に差を詰められる。ニーランズは残り7.5km地点でついに集団に吸収された。

ユンボ・ヴィズマが最後の山岳で選手層の厚さを見せつける

特別塗装のビアンキ・オルトレXR4 は通常モデルより80g軽量化されている。スペシャルモデルだ (Credits: Bettini Photo).

1級山岳の上りでは、ユンボ・ヴィズマ勢がメイン集団を牽引した。まず、ワウト・ファンアールトがハイペースで残り1.5kmあたりまで引き続け、さらにセップ・クスがプリモシュ・ログリッチを従えてハイペースで引き続けた。両選手のハイペースでの牽引で、マイヨブランを着る個人総合3位のマルク・ヒルシ(サンウェブ)らが先頭集団から脱落した。

PHOTO:A.S.O./ Alex Broadway

それでも個人総合の有力候補のエガン・ベルナル(イネオス・グレナディアス)やナイロ・キンタナ(アルケア・サムシック)、マイヨジョーヌを着るアラフィリップらは先頭グループに残り、ステージ優勝の行方は上りスプリントに持ち込まれた。

残り500mになろうかというあたりで最初に攻撃を仕掛けたのはギヨーム・マルタン(コフィディス)。ログリッチやアラフィリップらがこれに反応する。残り250mで再びマルタンが仕掛けるが、これに反応したログリッチがカウンターアタックを仕掛けて先頭に立ち、そのままトップでフィニッシュラインを通過した。同タイム扱いでキンタナやベルナル、アラフィリップ、ティボー・ピノ(グルパマFDJ)ら16人がフィニッシュしている。

PHOTO:A.S.O./ Alex Broadway

この結果、個人総合争いはアラフィリップがマイヨジョーヌをキープ。新人賞のマイヨブランはステージ2位に入ったタデイ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ)の手に渡った。ポイント賞はペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)、山岳賞はブノワ・コヌフロワ(AG2Rラモンディアール)がそれぞれキープした。敢闘賞は終盤に独走で逃げ切りを狙ったニーランズが獲得している。

リザルト ツール・ド・フランス第4ステージ

ステージ順位

PHOTO:A.S.O./ Alex Broadway

1 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)
2 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)
3 ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)
4 ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)
5 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
6 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)

個人総合順位

PHOTO:A.S.O./ Alex Broadway

1 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
2 アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)+4秒
3 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)+7秒
4 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)+11秒
5 ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)+13秒
6 エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアス)+17秒

ポイント賞

PHOTO:A.S.O./ Alex Broadway

ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)

山岳賞

PHOTO:A.S.O./ Alex Broadway

ブノワ・コヌフロワ(フランス、AG2Rラモンディアール)

新人賞

PHOTO:A.S.O./ Alex Broadway

タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)

チーム総合順位

EFプロサイクリング

第3ステージ敢闘賞

PHOTO:A.S.O./ Alex Broadway

クリスツ・ニーランズ(ラトビア、イスラエル・スタートアップネイション)

動画 ダイジェスト版

第4ステージのルート

 

大会WEBサイト
https://www.letour.fr/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load