BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツール・ド・フランス第13ステージ|頂上ゴールでマルチネスが勝利、ベルナル後退でポガチャル総合2位へ浮上

ツール・ド・フランス2020第13ステージが9月11日、シャテル=ギヨンからピュイマリーに至る191.5km、獲得標高4400mのコースで行われ、ツール前哨戦のクリテリウム・デュ・ドーフィネの個人総合優勝者ダニエル・マルティネス(EFプロサイクリング)がツールでのステージ初勝利を挙げた。個人総合争いではマイヨジョーヌを着るプリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)と個人総合とヤングライダー賞有力候補のタデイ・ポガチャルのスロベニアコンビがライバルからタイム差を稼ぐことに成功した。

ツール・ド・フランス前哨戦ドーフィネでログリッチがリタイヤ、マルティネスが逆転

7つのカテゴリー山脈を含む今大会の山場で、逃げを試みる選手が積極的に動く

1週間ぶりにプロトンが中央山塊に戻ってきた。中央山塊を北から南へ縦走するようなコースを撮る第13ステージは、今大会で最も多い7つのカテゴリー山脈を含み、獲得標高も最大の4400mに達する。個人総合争いのカギとなるステージのひとつだ。

レースは序盤から逃げを決めたい選手が積極的に動き、山岳賞ジャージを着るブノワ・コヌフロワ(AG2Rラモンディアール)や第2ステージで勝利し大会序盤にマイヨジョーヌを着用したジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)ら5選手が逃げグループを形成。最初の1級山岳セサット峠(距離10.2km、平均勾配6.1%)でコヌフロワは脱落したものの、次の3級山岳ゲリー峠(距離7.8km、平均勾配5%)までに2日連続の逃げを試みるピエール・ロラン(B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)やダニエル・マルティネス(EFプロサイクリング)、レナード・ケムナ(ボーラ・ハンスグローエ)、ワレン・バルギル(アルケア・サムシック)、ダビ・デラクルス(UAEチームエミレーツ)、パヴェル・シヴァコフ(イネオス・グレナディアース)ら有力選手が加わり、逃げグループは17人にふくれあがった。

逃げグループにはEFプロサイクリングが3人、ドゥクーニンク・クイックステップとボーラ・ハンスグローエが2人ずつ選手を送り込んだが、総合系の有力選手がひしめくメイン集団はこの逃げを容認。逃げグループは快調なペースでリードを広げていく。

個人総合上位のバルデやキンタナを巻き込む落車が発生。モレマがリタイア

100kmを過ぎたあたりの長い下りでメイン集団内で落車が発生。これに個人総合で4位に着けていたロマン・バルデ(AG2Rラモンディアール)や同5位のナイロ・キンタナ(アルケア・サムシック)が巻き込まれた。この落車でトレック・セガフレードのダブルエースの一角バウケ・モレマは手首を骨折し、リタイアを余儀なくされた。

一方、111km地点のスプリントポイントにさしかかった逃げグループは、アラフィリップが先頭で通過。メイン集団との差は8分以上に開いた。

逃げグループから飛び出したボーラ・ハンスグローエとEFプロサイクリングが激しくバトル

逃げグループは、3級山岳レスティアード峠(距離3.7km、平均勾配6.9%)を過ぎた残り50km地点でメイン集団との差を10分40秒にまで拡大。逃げ切りを濃厚にする。

3級山岳アングラール=ド=サレ峠(距離3.5km、平均勾配6.9%)にさしかかると、ニールソン・ポーレス(EFプロサイクリング)が単独でアタック、マキシミリアン・シャフマン(ボーラ・ハンスグローエ)がこれに反応して追いつき、2人で逃げ始めた。続くボーナスポイントがかかる2級山岳ネロンヌ峠(距離3.8km、平均勾配9.1%)でポーレスが遅れ、シャフマンが独走に入った。

追走グループからはケムナとマルティネスがシャフマンを追走すべく飛び出し、1級山岳ピュイマリー峠(距離5.4km、平均勾配8.1%)の上りにさしかかった。2人は残り2kmを切ったあたりでシャフマンに追いつき、ボーラ・ハンスグローエ2人対EFプロサイクリングのマルティネスという構図になった。数的優位に立ったボーラ・ハンスグローエは、残り1km地点でケムナがアタックを仕掛けるもマルティネスはこれに食らいつく。最後はマルティネスがケムナを振り切ってツール初勝利を挙げ、ツール前哨戦のドーフィネ個人総合優勝者としての実力を見せた。

動画 ラスト1㎞

個人総合争いは終盤の2つのカテゴリー山脈で動き

ステージ優勝争いのはるか後方では、マイヨジョーヌを争う個人総合の有力選手たちの争いが続いていた。2級山岳ネロンヌ峠では個人総合争いの3位に着けるギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)と総合4位のバルデが遅れた。

最後の1級山岳ピュイマリー峠では、ポガチャルがペースアップするとこれにログリッチだけが反応し、スロベニア出身の2人がメイン集団から抜け出す形になる。個人総合2位に着けているエガン・ベルナル(イネオス・グレナディアス)はこれに反応できず、遅れをとった。ログリッチとポガチャルは、マルティネスから6分以上遅れてフィニッシュし、ベルナルは2人からさらに38秒遅れた。

この結果、個人総合トップの座はログリッチが守り、2位にはポガチャルが躍り出た。両者のタイム差は44秒で、結果としてログリッチは個人総合リーダー争いのリードを広げた。ベルナルは個人総合3位に後退し、マイヨブランもポガチャルに奪われた。

チーム総合争いでは、ステージ上位に選手を送り込んだEFプロサイクリングがトップの座を奪還。ステージ敢闘賞はレース終盤に果敢な単騎逃げを見せたシャフマンが獲得した。

ポイント賞と山岳賞に変動はなかった。

リザルト ツール・ド・フランス第13ステージ

ステージ順位

1 ダニエル・マルティネス(コロンビア、EFプロサイクリング)
2 レナード・ケムナ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
3 マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
4 ヴァランタン・マデュアス(フランス、グルパマFDJ)
5 ピエール・ロラン(フランス、B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)
6 ニコラ・エデ(フランス、コフィディス)

マイヨジョーヌ(個人総合成績)

1 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)
2 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)+44秒
3 エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアス)+59秒
4 リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)+1分10秒
5 ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)+1分12秒
6 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)+1分31秒

マイヨヴェール(ポイント賞)

サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)

マイヨアポワ(山岳賞)

ブノワ・コヌフロワ(フランス、AG2Rラモンディアール)

マイヨブラン(ヤングライダー賞)

タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)

チーム総合順位

EFプロサイクリング

ステージ敢闘賞

マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)

動画 ダイジェスト版

第13ステージのルート

ツール・ドフランス出場選手リストはコチラから。

「ツール・ドフランス出場選手リスト」

大会WEBサイト
https://www.letour.fr/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load