BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツール・ド・フランス第14ステージ|無観客のリオンへクラーウアナスが独走でゴール!

ツール・ド・フランス2020第14ステージが9月12日、クレルモン・フェランからリヨンに至る194kmのコースで行われ、セーアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)が終盤のリヨンの市街地で単独で飛び出し、逃げ切ってステージ優勝を遂げた。この日から感染対策としてゴールエリアでの無観客が実施され、異様な光景となった(ゴールの様子はラスト1㎞の動画を参照)。

各賞リーダーに変動はなかったが、ポイント賞リーダーのサム・ベネットはメイン集団から遅れ、この日ステージ4位に入るなどポイント賞を稼いだ同賞2位のペテル・サガンが一気に20ポイント近く差を詰めた。

5つのカテゴリー山岳がある“平坦ステージ”で、序盤から2人が逃げる

前日の今大会で最も厳しい山岳ステージから一転し、平坦ステージに位置づけられる第14ステージ。とはいえ2級山岳ベアル峠(距離10.2km、平均勾配5.6%)を筆頭に、3級山岳1つ、4級山岳3つという計5つのカテゴリー山岳が登場し、獲得標高も2400mという起伏に富んだコースで、単純にスプリンター向けとは言えないのがポイントだ。

この日スタートを切ったのは158人で、個人総合の有力候補の一人にあげられていたロマン・バルデ(AG2Rラモンディアール)は昨日の落車の影響で出走しなかった。

レース開始直後にエドワード・トゥーンス(トレック・セガフレード)とケース・ボル(サンウェブ)が2人で飛び出し、ここにシュテファン・キュング(グルパマFDJ)も合流。その後ボルが集団に戻ったため、しばらくトゥーンスとキュングが2人で逃げ続ける展開になった。

逃げグループは32km地点の4級山岳シャトー・ドルトリーブ峠(距離1km、平均勾配8.4%)と38km地点のスプリントポイントを通過したが、続く2級山岳ベアル峠(距離10.2km、平均勾配5.6%)でトゥーンスが遅れ、キュングの一人旅となった。

サガンのポイント賞をサポートするボーラ・ハンスグローエの牽引でベネットらが遅れる

一方、メイン集団では、サガンのポイント賞獲得をサポートすべくボーラ・ハンスグローエが逃げグループとのタイム差をコントロールしながら集団を牽引。スプリントポイントはサガンが集団の先頭、全体の3番手で通過し、ポイント賞首位を独走するサム・ベネット(ドゥクーニンク・クイックステップ)との差を詰めた。

その後、2級山岳ベアル峠にさしかかると、ボーラ・ハンスグローエ勢がペースアップを図る。この動きでベネットやカレブ・ユアン(ロット・スーダル)らポイント賞の有力候補たちが遅れる。ベネットはチームメイトにアシストしてもらいながら懸命に追うが、ボーラ・ハンスグローエとCCCチームがハイペースで牽引し続けるサガンらのいるメイン集団には結局追いつくことができなかった。ここまでステージ2勝を挙げているユアンはベネットの集団からも遅れた。

メイン集団は、残り80km地点で単独で逃げ続けたキュングも吸収した。

リヨンの町でサンウェブ勢が波状攻撃。最後にクラーウアナスンの一撃が決まる

ハイペースで巡航し続けるメイン集団は、フランス第2の都市・リヨンへ。残すカテゴリー山岳は184.5km地点の4級山岳ラ・デュシェール峠(距離1.4km、平均勾配5.6%)と189.5km地点の4級山岳ラ・クロワルース峠(距離1.4km、平均勾配4.8%)だけとなった。ラ・デュシェール峠にさしかかると、メイン集団でアタック合戦が勃発した。

まず、峠の上りでティシュ・ベノート(サンウェブ)が単独で仕掛けると、下りでレナード・ケムナ(ボーラ・ハンスグローエ)が追いつき、そのままカウンターアタック。最後の4級山岳ラ・クロワルース峠の上りでトーマス・デヘント(ロット・スーダル)とジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)がアタックを仕掛ける。アラフィリップは先頭を走るケムナに追いついたがこのアタックは不発に終わる。集団が再びひとつになったところで、今度は第12ステージで独走逃げ切り優勝を果たしたマルク・ヒルシ(サンウェブ)がカウンターアタックを仕掛けた。

残り3km地点でヒルシが吸収されると、チームメイトのクラーウアナスンが一気に加速して単独で集団から抜け出した。クラーウアナスンは曲がりくねった市街地コースを巧みに生かし、あっという間にメイン集団から大きなリードを奪うことに成功。残り1km地点のフラムルージュを通過し、最後の直線で一度振り返って勝利を確信すると、両手を挙げてフィニッシュした。レース終盤はサンウェブの波状攻撃攻撃がさく裂した形だ。

動画 ラスト1㎞

メイン集団はサガンらが横並びのゴールスプリントを繰り広げながら15秒遅れでフィニッシュラインを通過。ルカ・メズゲッツ(ミッチェルトン・スコット)が集団の先頭をとって2位になり、サガンはステージ4位でフィニッシュした。個人総合上位陣もこの集団内でフィニッシュしている。

この結果、この日も各賞リーダーに変動はなかった。ポイント賞争いでは、ベネットの首位は変わらないが、この日ポイントを稼いだサガンが1日で20ポイント近く差を詰めることに成功した。敢闘賞にはレース序盤から逃げ続けたキュングが選ばれている。

リザルト ツール・ド・フランス第14ステージ

ステージ順位

1 セーアン・クラーウアナスン(デンマーク、サンウェブ)
2 ルカ・メズゲッツ(スロベニア、ミッチェルトン・スコット)
3 シモーネ・コンソンニ(イタリア、コフィディス)
4 ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
5 カスパー・ピーダスン(デンマーク、サンウェブ)
6 ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)

マイヨジョーヌ(個人総合成績)

1 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)
2 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)+44秒
3 エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアス)+59秒
4 リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)+1分10秒
5 ナイロ・キンタナ(コロンビア、アルケア・サムシック)+1分12秒
6 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ)+1分31秒

マイヨヴェール(ポイント賞)

サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)

マイヨアポワ(山岳賞)

ブノワ・コヌフロワ(フランス、AG2Rラモンディアール)

マイヨブラン(ヤングライダー賞)

タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEチームエミレーツ)

チーム総合順位

EFプロサイクリング

ステージ敢闘賞

シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)

動画 ダイジェスト版

第14ステージのルート

ツール・ドフランス出場選手リストはコチラから。

「ツール・ドフランス出場選手リスト」

大会WEBサイト
https://www.letour.fr/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load