BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

たった5.9kgの軽量ロードバイク、スペシャライズドから「AETHOS(エートス)」登場|SPECIALIZED

「SPECIALIZED(スペシャライズド)」から、UCI(国際自転車連合)の規定6.8㎏を破る、5.9㎏(S-WORKS AETHOS – FOUNDER’S EDITION)という驚きの軽さ、フレーム重量585gというとんでもなく軽いフレームが登場する。

ピュアレーシングマシーンである新型ターマックSL7の発表から一年を待たず、スペシャライズドが「Sワークス エートス」を発表した。超軽量レーシングモデルか?と噂された新作のテーマはしかし「走りを楽しむ」というから驚きだ。

UCIルールを無視した軽さ、走る楽しみを追及

フレーム重量は585g(56サイズ、Satin Carbon/Jetfuel)

UCIルールの重量規定6・8㎏以下を破る、レース然としたバイク設計のしきたりを破る、ライドのしきたりを破る(=苦しむのではなく、楽しむべきという意味)。こういった理念を貫く際に、必然的に「クラシックスタイル」への回帰が行われたという。

ターマックをはじめとするレーシングスピリットは、スペシャライズドの確かな一面だが、一方で「ロードバイクのしきたりを破る」というアバンギャルドなテーマを提案したのがこのエートスだといえる。

カラー別に重量が違う、最軽量はSatin Carbon/Jetfuel

最軽量カラーはSatin Carbon/Jetfuelで、585gだ。他のカラーはおよそプラス25g(Satin Carbon/Chameleon Red GoldやSatin Carbon/Gloss Black Chromeなど)、さらに45g(Gloss Clay/Flake SilverやSatin Flake Silver/Chameleon Red Goldなど)と塗料の違いによって重くなるという。

サイズごとのフレーム重量

さらに各サイズの重量は以下のようになり、Satin Carbon/Jetfuelカラーの49サイズならば550gとなる。

サイズ 49 52 54 56 58 61
重量(g) 550 565 575 585 623 643

*Satin Carbon/Jetfuelでの平均製造重量

つなぎ目のカーボンレイヤーを減らしSL6に対して11%の軽量化

フレームの性能の大部分が形状で決まるが、その残りは実際に使用する素材をどのようにつなぎ合わせるか、つまりはレイアップで決まるという。スぺシャライズでは荷重時のフレームの動きを掘り下げて研究、その結果従来のフレーム製造では補強のための余分なカーボンレイヤーが多過ぎることが判明したのだという。そこで新しいチューブ形状では、まったく新たな方法でフレームにカーボンレイヤーを重ね合わせている。その結果、必要な層の枚数をS-WorksSL6に対して11%減らすことができた。

より大きく、長く連続したカーボンレイヤーを用いることで、一貫した位置に層を配置できるため、製造時の精度も向上し、チューブ厚みはフレーム全体を通じて均一に保つことができる。さらに余分なレイヤーの枚数が減ったため、軽いフレームを作ることができたという。

円状チューブを採用し楽しい乗り味を追及

事実フレームデザインに目を向けると、新円形状のチューブが多いことやシートチューブとシートステーの接合位置など、昔ながらの造形が見て取れる。

形状はバイクのパフォーマンスの大部分を左右するが、エートスの開発時にいままでフレーム内の力の伝わり方を完全には把握していないことが判明し、大きな改善の余地があることに気づいたという。そこでスーパーコンピュータを用いて、ラウンド形状のチューブに若干の変更を加えた。必要な部分に円すい形状を採用することで、最低限の素材量で格段に剛性を向上させたという。

225gの軽量ハンドル&ステム「アルピニストSLコックピット」

ワンピース型の一体型バー&ステムが、このロヴァール・アルピニストSLコックピット。重量は驚きの255g(420㎜&110㎜)で、上りでの強力なアドバンテージになる。サイズはほか9種類が用意される。

SPEC

重量:255 グラム (110 mm x 420 mm)
伝統的なベンド形状(ドロップ125㎜、リーチ75㎜)
ステム角度:-6度
一体型フェースプレートコンピューターマウント付属
互換性:Shimano, SRAM, Campagnolo
サイズ : 400 mm x 80/90/100mm、 420mm x90/100/110/120mm、、440mm x
110/120mm(440×130は日本未展開)

 

S-WORKS AETHOS SRAM eTAP AXS model

132万円(完成車/税抜)

SPEC

フレーム:Sワークスエートスファクト12Rカーボン
フォーク:Sワークスファクトカーボン
コンポーネント:スラム・eタップAXS
ホイール:ロヴァール・アルピニストCLX
ハンドル:Sワークスショート&シャロー
ステム:SワークスSL
サイズ:49、52、54、56、58、61
カラー:サテンフレークシルバー/レッドゴールドカメレオンティント/ブラッシュドクローム
重量:6.0kg

S-WORKS AETHOS – DURA ACE DI2

132万円(完成車/税抜)

SPEC

フレーム:Sワークスエートスファクト12Rカーボン
フォーク:Sワークスファクトカーボン
コンポーネント:シマノ・デュラエースDI2
ホイール:ロヴァール・アルピニストCLX
ハンドル:Sワークスショート&シャロー
ステム:SワークスSL
サイズ:49、52、54、56、58、61
カラー:サテンフレークシルバー/レッドゴールドカメレオンティント/ブラッシュドクローム
重量:6.26kg

S-WORKS AETHOS FRAME SET

55万円(フレームセット/税抜)

カラー シンプルなサテンカーボン/ジェットヒュエル(写真)、グロスクレイ/フレークシルバー

世界限定300台のFounderʼs Editionも発売

S-WORKS AETHOS – FOUNDER’S EDITION

スペシャライズドは新たなプラットフォームを誕生させるたびに、Founderʼs Editionを用意する。スペシャライズド最軽量のこのバイクは、世界限定300台。フレームと同じ美しい限定ペイントテーマがいくつかのパーツにも施される。S-Works Aethosは最軽量のShimano Di2 コンポーネントやRoval Alpinist SLの バー/ステムコンボのコックピット(市販バイク初採用)を搭載し、セラミックスピード製ボトムブラケットとプーリーにアップグレードしている。

154万円(完成車/税抜)

SPEC

フレーム:Sワークスエートスファクト12Rカーボン
フォーク:Sワークスファクトカーボン
コンポーネント:シマノ・デュラエースDI2
※リアディレイラーはCeramicspeed Pulley Wheels仕様
ホイール:ロヴァール・アルピニストCLX
ハンドル:ロヴァール・アルピニストSLコックピット
ステム:SワークスSLアルピニスト
サイズ:49、52、54、56、58、61
カラー:サテンブラッシュドリキッドシルバー/ホローグラフィック

予約サイトはこちら

https://www.specialized.com/jp/ja/aethos

10月15日(木)AM10:00から予約開始となる。

FACEBOOK SBCU TALK開催10月9日20:00~

スペシャライズド・ジャパンの公式FacebookでAETHOSについて語る動画を10月9日(金)20:00からスペシャライズド・ジャパンFBにて公開する。

 

問:スペシャライズド・ジャパン
https://www.specialized.com/jp/ja/aethos

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load