BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ミニベロなのにロードバイクのスタイル、マンハッタンバイク・M451 SD【チェック戦隊BCレンジャー】

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! それぞれのメンバーが気になるアイテムをチェック。今回は、編集部のハマダが「マンハッタンバイク・M451 SD」をテスト!

私の通勤バイクはビッグなミニベロ

マンハッタンバイク
M451 SD

価格:10万円(完成車/税抜)
コンポーネント:シマノ・クラリス
サイズ:S(440 ㎜)、M(510㎜)
カラー:クロームシルバー
※バーテープカラーは変更済み

これが私の通勤バイク!

20インチホイールのミニベロ。何を隠そう、ハマダのマジ通勤バイク(購入から1カ月経過)だ。ミニベロとしては大きめのMサイズで、折りたたみ機構のないニッチな一台だが、その分剛性や安定性に優れ、ほぼロードバイクの乗り味に近い。レイノルズフレームのしなやかさもしっかり感じられる。「自転車専門誌の編集部員が(グレードの低い)クラリス&ワイヤーディスクブレーキ使うの?」と誰かが言ったが、「ああもちろん。シマノのコンポを信用しているのでね」と回答した。うーん、シルバーってやっぱりかっこいい。古びないカラーだ! 通勤用として満足している。

レイノルズ520のパイプが使われている。超高級というわけではないが、品質の高さは折り紙付きだ。10万円のミニベロでこれはうれしい

なだらかなカーブを描くシートステー。この曲がりが、路面からの衝撃を適度に吸収してくれる。でも機能より見た目が美しくて好き

 

ハマダグリーン

6年ぶりくらいにミニベロを導入。どうしてもクロモリフレーム&ドロップハンドルの魅力には勝てず、このモデルを選択した。折りたたみはしないし。同じマンハッタンバイクに乗っている人を街で見かけたことはまだない

 

問:ケー・エイチ・エスジャパン www.manhattanbike.com

出典

SHARE

PROFILE

ハマダ

BiCYCLE CLUB / 編集部員

ハマダ

元自転車ショップ店員であり、最新バイクや新製品の情報を日々追っている編集部員。短期ツーリングや週末サイクリングを好むザ・アベレージ サイクリスト。国内外の選手たちを熱く見守るロードレースファンでもある。趣味はパン屋巡り。

ハマダの記事一覧

元自転車ショップ店員であり、最新バイクや新製品の情報を日々追っている編集部員。短期ツーリングや週末サイクリングを好むザ・アベレージ サイクリスト。国内外の選手たちを熱く見守るロードレースファンでもある。趣味はパン屋巡り。

ハマダの記事一覧

No more pages to load