BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ツール・ド・フランスで2勝、リドレーは自転車の本場・ベルギーで鍛え抜かれたレーシングバイク|RIDLEY

自転車競技が盛んなベルギーで1997年に誕生したブランド「RIDLEY(リドレー)」。ツール・ド・フランスでの活躍で知られるリドレーだが、クラシックレースでたびたび登場するパヴェ(石畳の道)を走破する高い耐久性と高い走行性能を兼ね備えたバイクを作ることをコンセプトに、高品質のバイクを作り続けている。2005年からダヴィタモン・ロットやカチューシャなど強豪プロチームに機材供給を行い、2020年も地元ベルギーのプロツアーチーム、ロット・スーダルをサポートした。

ツール・ド・フランス2020でカレブ・ユアンがステージ2勝

ツール・ド・フランス2020でのロット・スーダル最大のトピックは、カレブ・ユアンの活躍だ。第3ステージと第11ステージでゴールスプリントを制し、今大会ステージ2勝を挙げた。彼の勝利をサポートしたのは、オールラウンドエアロロード、ノア ファスト ディスクだった。一方、山岳ステージではより軽さが際立つヘリウムSLXディスクを投入。3週間のレースを通して大きなトラブルもなく選手たちが走り切ったのは、リドレーのバイクの信頼性の高さによるところも大きいだろう。

Model_01 HELIUM SLX DISC/ヘリウム SLX ディスク

ヘリウムの軽さは山岳ステージで大きな武器になる!
軽量オールラウンダー。軽さと剛性、快適性を高い次元で融合させる緻密な設計で、フレーム形状を最適化。ハンドルまわりのケーブル内装化を進めるなど、空力性能強化も進めている。

価格:34万円(フレーム価格/税抜)
●フレーム:60T/40T/30THMカーボン ●カラー:ライトブルー&オレンジ ●サイズ:XS、S、M ●フレーム重量:805g(Sサイズ、カタログ値)
ツール・ド・フランス2020のクイーンステージだった第19ステージをヘリウムSLXディスクで走るトーマス・デヘント。多くの選手は全ステージでヘリウムを投入した

Model_02 NOAH FAST DISC/ノア ファスト ディスク

ユアンを2度の勝利に導いたノア ファスト
風洞実験を繰り返し、フレーム各部の形状を最適化。ハンドルまわりのケーブル内装化で空力性能を強化。前モデル比250gの軽量化も実現し、上りも苦にしないエアロロードに仕上がっている

価格:45万円(フレーム価格/税抜)
●フレーム:50T/40T/30T HMカーボン ●カラー:シルバー&ブラック&レッド●サイズ:XS、S、M ●フレーム重量:1000g(Sサイズ、カタログ値)
爆発的なスプリントを武器とするカレブ・ユアンは、エアロロード・ノアファスト ディスクを駆り、今年のツール・ド・フランスでステージ2勝をあげた。写真の第11ステージでは僅差のスプリントを制して勝利している

RIDLEYの問い合わせ:ミズタニ自転車
https://ridley-bikes.jp/

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load