BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

幕張クロス、織田聖が2連勝! 弱虫ペダルチーム1、2フィニッシュ|JCXシリーズ第2戦

11月1日、シクロクロスの日本国内の最高峰レースシリーズ、JCXナショナルシリーズの第2戦、「Champion System Japan 幕張クロス」が、千葉県千葉市海浜幕張公園Gブロック 特設コースで開催された。例年、サイクルモードインターナショナルとの同時開催するレースとして注目されていたが、今年はコロナ禍で単独開催。感染症対策をしながらが、無観客ではなく、応援歓迎レースとして行われた。多くのファンで会場は盛り上がった。

男子エリートC1では織田と前田が1、2フィニッシュ!

男子エリート(C1)は弱虫ペダルサイクリングチームの織田聖が優勝、JCXシリーズ第2戦、取手に続き2連勝した。ホールショットを決めた織田がチームメイトの前田公平ともに圧倒的な強さを見せ、レース終盤まで弱虫ペダルサイクリングチームの2人がランデブー走行を披露した。最後は、最後のストレートでスプリント勝負となり、織田が勝利を決めた。

コースは例年とは異なるものの、恒例となった忍者返しのある縦の動きのあるコースは健在。エリート選手のスムーズな動きが観客を魅了した。

「このコース勝負どころがないので、ミスしたほうが負けです。途中、前田さんがペースを上げてミスを誘ってきました」とレース後に織田がコメントしていたが、レースは最後の最後、スプリントで勝負が決まった。

弱虫ペダルサイクリングチームの前田公平(左)と織田聖(右)。バイクはFELT・FX アドヴァンスドを使う。織田はバイクにカメラをつけて走っている。

この日のコースは芝生が重く、織田と前田は最も走りの軽いヴィットリア・テレーノドライを選択した

シクロクロス、エリートはフルタイムワーカーの戦い

国内のシクロクロス選手の多くはフルタイムワーカーが多いが、元日本チャンピオンの小坂光(宇都宮ブリッツェン)もその一人だ。この日も、JCXの初戦につづき、成長著しい織田、前田に続くレースとなった。1周目から弱虫ペダルサイクリングチームの2人が先頭を変わりながらペースアップ、重い芝生と忍者返しなどでのつながりのスムーズさが勝負となるコースで、徐々にその差を開けられていき、結果は3位となった。

さらに4位には斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT)が食い込んできた。「惜しいレースをしました。小坂選手の背中が見えることろまで行けたんですが、脚がつってしまいました」と表彰台を逃した斎藤はレース後に悔しさをにじませる。

レース後に称えあう斎藤朋寛と合田正之(AX シクロクロスチーム)。ともにジャイアントTCXに乗るが、斎藤は新型TCXアドヴァンスドに SLR 1 42 DISC Hookless ホイールの組み合わせで走った。

C1 リザルト

1 織田聖 弱虫ペダルサイクリングチーム
2 前田公平 弱虫ペダルサイクリングチーム
3 小坂光 宇都宮ブリッツェン
4 斎藤朋寛 RIDELIFE GIANT
5 川野 碧己 慶應義塾大学自転車競技部
6 島田 真琴 ペダル

女子エリートCL1は高校生、渡部が1年ぶりのシクロクロスで優勝

女子エリート(L1)では、CJ(ジュニア)とC2との混走となり、ペースの異なるライダーが入り乱れてのレースとなった。女子高校生ライダー渡部春雅(駒沢大学高校)が、JCX第1戦で勝っている唐見実代子(弱虫ペダルサイクリングチーム)を引き離して勝利した。

忍者返しでは多くのライダーが苦戦。混走となったCL1では、ほかカテゴリーライダーも走っていたため、ここがボトルネックとなった

「シクロクロスは去年の世界選手権以来、今年は初レースです。テクニックがいるコースは苦手だと思っていたんですが、今日はスムーズに走れました」とレース後にコメント。次週はMTB全日本選手権にも出場するという。現在、高校3年の渡部は大学に進学し、自転車競技部するといい、ロードのみならず、シクロクロス、MTBと幅広いジャンルでの活躍が期待される。

CL1 リザルト

1 渡部春雅 駒沢大学高校
2 唐見実代子 弱虫ペダルサイクリングチーム
3 赤松綾 SimWorks Racing
4 中島瞳 Limited Team 846/KURE
5 西山みゆき Toyo Frame Field Model
6 西形舞 TRC Panama Reds

 

大会公式サイト
https://starlightcross.com/

AJOCC WEBサイト
https://www.cyclocross.jp/

SHARE

PROFILE

山口

BiCYCLE CLUB / 副編集長

山口

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

No more pages to load