BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ブエルタ・ア・エスパーニャ|TTでログリッチが勝利しツールの雪辱を果たす、個人総合もカラパスを逆転|第13ステージ

スペインで開催中のブエルタ・ア・エスパーニャ2020は3日、第13ステージの個人タイムトライアルがムロスからミラドール・デ・エサロ、ドゥンブリアまでの33.7kmのコースで行われ、プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)がトップタイムをたたき出して今大会4度目のステージ優勝を果たした。個人総合首位だったリチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス)はログリッチから49秒遅れのステージ7位に終わり、マイヨロホは再びログリッチの手に渡った。

休息日のPCR検査は選手・スタッフ全員が陰性。3週目も続行

ヨーロッパ全域で新型コロナウイルス感染症が再び拡大し、隣国のフランスではロックダウン、スペインでも夜間の外出禁止が発令される中で開催されているブエルタ・ア・エスパーニャ。すでにコースが変更されたり日程が短縮されるなどの影響も現れているが、第2週の最終日までは無事にレースが開催された。

休息日だった2日には選手やスタッフにPCR検査が実施された。結果次第では大会続行にも関わる可能性もあったが、幸い陽性者はゼロ。ブエルタは最終週も実施されることになった。

今大会唯一の個人TT。フィニッシュは3級山岳山頂

ブエルタも残すところあと1週、6ステージのみ。最終週の幕開けは、今大会唯一のタイムトライアルだ。

コースは序盤から終盤まではほぼフラット。最後に3級山岳ミラドール・デ・エサロ(距離1.8km、平均勾配14.8%)を駆け上って山頂フィニッシュとなる。距離こそ短いが勾配は最大29%と選手たちの前に“壁”となってそそり立つ。上りが始まる前にTTバイクから山岳ステージで使われるロードバイクに乗り換える選手が次々と現れることが予想された。

“クレルモンフェランのTGV(超特急)”ことカヴァニャが好タイムを記録

レースは個人総合下位の選手から1分間隔(上位20人は2分間隔)で1人ずつスタート。序盤に好タイムを記録したのはアレクサンダー・エドモンソン(ミッチェルトン・スコット)で記録は48分24秒(平均時速41.777km / h)。しばらくホットシートを守った。

次にこの記録を更新したのは2020年のフランス選手権TTチャンピオンで“クレルモンフェランのTGV(超特急)”の異名を持つレミ・カヴァニャ。エドモンソンの記録を大幅に上回る47分37秒(平均時速42.464km / h)でフィニッシュした。

オリヴェイラ、バルタがカヴァニャのタイムを更新

カヴァニャの記録を破る選手はなかなか現れなかったが、ポルトガル選手権の個人タイムトライアルを4度制しているネルソン・オリヴェイラ(モビスター)が46分49秒(平均時速43.190km / h)をマークし、トップタイムを大幅に更新。

その直後、ウィリアム・バルタ(CCCチーム)がオリヴェイラのタイムを9秒更新する46分40秒(平均時速43.329km / h)でホットシートを獲得した。

個人総合上位陣は全体のトップタイムを記録したログリッチが圧勝

ステージ終盤には個人総合上位の選手たちが続々登場。日曜日の超級山岳ステージを制して総合3位につけるヒュー・カーシー(EFプロサイクリング)は、全体で4番目のタイムとなる47分4秒をマーク。山岳ステージでの逆転に望みをつないだ。

個人総合2位のログリッチは序盤こそ抑えめに入ったものの、終盤に向けてペースアップ。バイク交換もスムーズに行って最終区間を最速タイムで駆け抜け、46分39秒(平均時速43.344km / h)をマーク。バルタの記録を1秒上回る最速タイムをマークした。

個人総合トップのカラパスは47分28秒、ログリッチから49秒遅れのタイムでフィニッシュ。この瞬間、ログリッチのステージ優勝と個人総合トップへの返り咲きが決まった。個人総合2位はカラパスでログリッチと39秒差、3位カーシーは47秒差でログリッチを追う。最終週は厳しい山岳ステージが続き、個人総合争いはいっそう激しさを増しそうだ。

ダイジェスト動画

ブエルタ・ア・エスパーニャ2020 第13ステージ 結果

ステージ結果

1 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ) 46分39秒
2 ウィリアム・バルタ(CCCチーム) +1秒
3 ネルソン・オリヴェイラ(モビスター) +10秒
4 ヒュー・カーシー(EFプロサイクリング) +25秒
5 ブルーノ・アルミライル(グルパマFDJ) +41秒
6 マティア・カッタネオ(ドゥクーニンク・クイックステップ) +46秒

マイヨロホ(個人総合成績)

1 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)
2 リチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス) +39秒
3 ヒュー・カーシー(EFプロサイクリング) +47秒
4 ダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション) +1分42秒
5 エンリク・マス(モビスター) +3分23秒
6 ワウト・プールス(バーレーン・マクラーレン) +6分15秒

ポイント賞

プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)
山岳賞

ギヨーム・マルタン(コフィディス)

ヤングライダー賞

エンリク・マス(モビスター)

チーム総合成績

モビスター

敢闘賞

なし

第13ステージのルート

ブエルタ・ア・エスパーニャ出場選手リストはコチラから。

 

「ブエルタ出場選手リスト」

 

ブエルタ・ア・エスパーニャ公式WEBサイト
www.lavuelta.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load