BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ブエルタ・ア・エスパーニャ|20%超の激坂アングリルでカーシーが勝利、個人総合も逆転カラパスに|第12ステージ

スペインで開催中のブエルタ・ア・エスパーニャ2020は1日、第12ステージがポラ・デ・ラビアナからアルト・デ・ラングリルまでの109.4kmのコースで行われ、ヒュー・カーシー(EFプロサイクリング)が超級山岳アングリル峠を制してグランツール初勝利を挙げた。個人総合争いはリチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス)がプリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)に10秒差を付けてフィニッシュし、個人総合トップの証・マイヨロホを奪還している。

超級山岳アングリル峠にフィニッシュする超難関山岳ステージ

2週目最終日の第12ステージは、距離が109.4kmとTTを除くと今大会では最も短い。しかし、カテゴリー山岳は5つ詰め込まれていて、3級山岳2つ、1級山岳2つ、最後に超級山岳アングリル峠(距離12.4km、平均勾配9.9%)の山頂にフィニッシュする難関ステージだ。個人総合上位陣にとっては間違いなく正念場となる。

 

短距離ステージということもあって、レース開始直後にアントニー・ルー(グルパマFDJ)とジュリアス・ファンデンベルフ(EFプロサイクリング)が飛び出し、これに山岳賞ねらいで連日逃げるギヨーム・マルタン(コフィディス)やルイスレオン・サンチェス(アスタナ)ら18人が20km手前で合流し、20人の逃げ集団が形成された。

マルタンが山岳賞ポイント荒稼ぎ

29.3km地点と43km地点の2つの3級山岳は、ともにマルタンが先頭で通過。2つめの3級山岳の下りで、メイン集団から追走してきたダヴィデ・フォルモロ(UAEチームエミレーツ)ら数人が集団に合流した。メイン集団はおよそ3分差で先頭集団を追走した。

続く1級山岳モスケタ峠(距離6.6km、平均勾配8.4%)もマルタンは先頭で通過。山岳賞ポイントを大きく上積みした。

一方、メイン集団はモスケタ峠の上りでモビスターがペースアップ、逃げ集団との差を一気に1分以下に縮めた。

続く1級山岳コルダル峠(距離5.4km、平均勾配9.3%)では、メイン集団からの逃げ切りを図りたい選手が動き出し、マッティア・カッタネオ(ドゥクーニンク・クイックステップ)やサンチェスが飛び出した。これをマルタンが追走し、KOMを先頭で通過した。マルタンは4つのカテゴリー山岳の先頭通過を果たし、山岳賞ポイントをこの日だけで26ポイントも獲得。同賞2位のカラパスを大きくリードした。

超級アングリル決戦はカーシーが制する

最後に待ち構えるのは超級山岳アングリル峠。最大勾配は23%もあり、特に終盤の2kmは断続的に20%を越える激坂が現れるため、その険しさから蛇行しながら上る選手も少なくない。

この峠を前に、メイン集団はクリストファー・フルームらイネオス・グレナディアス勢がハイペースで牽引し、メイン集団の人数を減らしつつ、逃げる選手たちの吸収を目指す。アングリル峠にさしかかると、ユンボ・ヴィズマ勢がログリッチを引き連れてハイペースで引き続け、最後まで逃げ続けた3人を残り10kmほどで吸収した。

残り4kmを切ったところで、エンリク・マス(モビスター)が単独でアタックすると、カーシーとウラソフ(アスタナ)もこれに追走。しかし、カーシーとウラソフはほどなくログリッチたちのグループに吸収された。

残り2kmを切ったところで、カラパスがアタック。カーシーがこれに追従し、2人で先行するマスを捕らえることに成功したが、ログリッチはこの動きに乗ることができず、大きく遅れてしまった。

残り1km付近でカーシーがアタックし、カラパスとマスを一気に突き放すことに成功。後続が見えなくなるほどリードを奪い、余裕を持ってアングリル峠の山頂フィニッシュを先頭通過した。カーシーはこれがグランツール初勝利だ。

個人総合2位のカラパスは、カーシーから遅れること16秒で4位フィニッシュ。ログリッチは5位だったが、トップから26秒、カラパスからも10秒遅れた。この結果、個人総合はカラパスが首位に返り咲き、10秒差でログリッチが追う展開となった。

レースは休息日をはさんで3日から第3週目が再開される予定。3週目初日は個人TT、その後も山岳ステージが続くなど、個人総合争いはまだまだ予断を許さない状況だ。

ダイジェスト動画

ブエルタ・ア・エスパーニャ2020 第12ステージ 結果

ステージ結果

1 ヒュー・カーシー(EFプロサイクリング)
2 アレクサンドル・ウラソフ(アスタナ) +16秒
3 エンリク・マス(モビスター)
4 リチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス)
5 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ) +26秒
6 セップ・クス(ユンボ・ヴィズマ)

マイヨロホ(個人総合成績)

1 リチャル・カラパス(イネオス・グレナディアス)
2 プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ) +10秒
3 ヒュー・カーシー(EFプロサイクリング) +32秒
4 ダニエル・マーティン(イスラエル・スタートアップネイション) +35秒
5 エンリク・マス(モビスター) +1分50秒
6 ワウト・プールス(バーレーン・マクラーレン) +5分13秒

ポイント賞

プリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ヴィズマ)
山岳賞

ギヨーム・マルタン(コフィディス)

ヤングライダー賞

エンリク・マス(モビスター)

チーム総合成績

モビスター

敢闘賞

ギヨーム・マルタン(コフィディス)

第12ステージのルート

ブエルタ・ア・エスパーニャ出場選手リストはコチラから。

 

「ブエルタ出場選手リスト」

 

ブエルタ・ア・エスパーニャ公式WEBサイト
www.lavuelta.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load