BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

自転車競技、五輪代表候補與那嶺恵理が移籍! エース待遇で「チーム・ティブコ-シリコンバレーバンク」へ

11月13日、オランダで活動する東京五輪自転車競技ロードレース日本代表候補の與那嶺恵理(よなみねえり)選手がイタリア籍のワールドツアーチームのアレ・BTC リュブリャナから、アメリカ籍のUCIチームのTEAM TIBCO – SILICON VALLEY BANK(チーム・ティブコ-シリコンバレーバンク)へ移籍することを発表した。

同チームは2004年からスタートした北米で最も歴史のある女性プロチーム。2020年シーズンはUCIウーマンズワールドランキングで14位につけている。ラインキング上位チ―ムは自動的にワールドウーマンツアーレースに招待されるため、同チ―ムの出場レースは與那嶺選手が現在所属しているアレ・BTC リュブリャナと変わらず、引き続きワールドウーメンツアーに出られることになる。いままでワールドツアーチームのアシストとして活躍してきた與那嶺だが、2021年シーズンはエース格での活躍が期待される。以下、プレスリリースより

TEAM TIBCO – SILICON VALLEY BANKとのプロ契約を締結について

支えてくださる皆さま、いつもありがとうございます。

このたび與那嶺恵理は2021年1月1日より、アメリカ合衆国にあります TEAM TIBCO – SILICON VALLEY BANK  とのプロ契約を締結しました。東京オリンピックに向け体制を一新したことを、ここにご報告いたします。

與那嶺恵理からのメッセージ

ワールドツアー5年目が終わり、来年より6年目になります。 私は多くのワールドツアーチームで学びを得ることが出来ました。 そして、私自身のキャリアの終盤に差し掛かりました。 このままワールドツアーチームのアシストとしてキャリアを終えるのか、 自分の結果を狙えるチームへ移籍するのか。 ワールドツアーチームのステイタスを失うこと。 自分自身の結果と自由を受け取ること。 これからも続くであろう、コロナ禍のニューノーマル。 少し悩みましたが、以前からオファーを頂いていましたTIBCOに移籍することを私は決断しました。

居住地は引き続き、私が大好きなオランダ、リンブルグです。 私を支えてくださる国内スポンサーの皆様、 そしてファンの皆様、いつもありがとうございます。 いよいよキャリアの集大成です。 東京オリンピック、世界選手権、自分が狙えるワールドツアー、 貪欲に結果を狙い、レースに挑戦します。

全てを力に変えて

OANDA JAPAN プロ契約ライダー 與那嶺恵理

チーム公式WEBサイト
https://www.teamtibco-svb.com/

輿那嶺恵理 公式WEBサイト
http://eriy.jp/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load