BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

音声ガイドやEバイクにも対応! ブライトンから最新モデル「Rider750」が登場|bryton

「bryton(ブライトン)」から新製品が登場。 2.8“カラータッチスクリーンをはじめ、ブライトン初の音声検索機能やスマートトレーナー対応モデル「Rider750」がラインナップに加わった。以下、プレスリリースより。

ブライトン初の音声検索機能やスマートトレーナー対応最新モデル

ブライトンは本日、GPS サイクリングコンピューターの新製品 Rider750 の発売を発表いたします。本製品はグラフィカル・ユーザーインターフェイスや、インストール済みオープンストリートマップ(OSM)ベースのナビゲーションが可能な 2.8“カラータッチスクリーンを搭載し、さらにブライトン初の音声検索機能やスマートトレーナー対応機能(ANT+ FE-C)が搭載されています。

Rider750 の発表に合わせて、ブライトン純正アプリである Bryton Active アプリとの併用により、ヴァーチャルライド・シミュレーションとヴァーチャル・パワーワークアウトを含む多くの新機能が今後追加されてまいります。加えて、本製品は E バイク・コンポーネントのシマノ STEPS に対応、バッテリー残量、パワーモードや航続距離などの情報をカラーで表示することも可能になります。

ブライトンの CEO サミュエル・ワンは「Rider750 の発売は、ブライトンの製品ラインナップに大きな変革をもたらします。」と述べています。

Rider750 は世界の主要地域で 11 月下旬から販売を開始し、2 種類のパッケージが用意されます。本体と付属品の基本セットRider750E は¥29,800(税別)、本体、付属品に 3 種類のセンサー(速度、ケイデンス、心拍)をセットにした Rider750T は¥38,800(税別)となっております。

最長 20 時間のバッテリー稼働時間を誇り、大容量ストレージ、最新の BLE5.0 テクノロジーを搭載し、すべての全球測位衛星システムに対応する Rider750 の主な機能をご紹介します。

Rider750E

29,800円(税別)
本体、付属品基本セット

Rider750T

38,800円(税別)
本体、付属品に 3 種類のセンサー(速度、ケイデンス、心拍)をセット

グラフィカル・ユーザーインターフェイス(GUI)採用のカラータッチスクリーン

2.8“インチ大型カラータッチスクリーンを搭載し、Rider750 は新たに開発された直感的なグラフィカル・ユーザーインターフェイス(GUI)とわかりやすいアイコンが特徴です。メーター画面では従来のクラシックな文字表示とダイナミックなカラーグラフィックモードが選択できます。高感度タッチスクリーンはデータやマップのページ切り替えやスクロールがグローブを付けたままでもスムーズに行えます。

インストール済みマップはアップデート可能

Rider750 には日本全国はもちろん、世界の主要地域をカバーするマップデータがインストール済みです。これらの無料マップデータは、6 か月ごとに最新の情報に更新されます。インストールされていない地域のマップデータも無料でダウンロードでき、アップデートが可能です。

オンライン・ナビゲーション

Rider750 はオープンストリートマップ(OSM)を使用して現在位置を表示し、パッと見ただけでルートの詳細を簡単に読み取ることができます。ナビ機能を使用すると、ターン・バイ・ターン機能によるルート案内(矢印による進行方向案内)により、曲がり角までの距離と曲がる方向が表示され、ルートを外れた場合でも自動的にルートを再検索し、元のルートに戻ることができます。

POI(場所・施設)や山頂の情報を表示できるルート案内

目的地までの距離など行程について知ることは、モチベーションの維持にもつながりとても有用です。Bryton Active アプリでルートデータに POI や山頂を設定すると、ルート案内使用時には次の POI や山頂までの距離を把握できます。状況判断の材料になると同時に、目的地までやる気を持続することに役立ちます。

オンライン音声検索

煩わしい画面上での検索ワード入力の代わりに、インターネット接続で音声検索が可能です。100 以上の言語に対応し、素早くより直感的に目的地を見つけることができます。

切り替えが簡単な 3 台分のバイクプロフィール

新たに 3 台分のバイクプロフィールが登録可能になり、様々なセットアップが可能になりました。それぞれのバイクプロフィールは名称変更をはじめとするカスタマイズが可能です。

ANT+ FE-C(フィットネス機器用 ANT+)

Rider750 は ANT+ FE-C(フィットネス機器制御用 ANT+)対応のスマートトレーナーと連動し様々な機能が使用可能です。トレーニング強度に合わせてトレーナーの負荷レベルをデバイス上でコントロールしたり、目標とするパワーに合わせてワットを設定することができます。さらに、Bryton Active アプリのワークアウト機能を使い事で、トレーニング内容のカスタマイズが簡単にでき、トレーナーが負荷を再現します。

バーチャルライド

居心地の良い自宅にいながらバーチャルライドが体験できます。ANT+ FE-C(フィットネス機器制御用 ANT+)により Rider750 は市場で販売されているほとんどのスマートトレーナーとシームレスに連動でき、Bryton Active アプリに記録されたルートデータを再現します。これらのルートデータに含まれる勾配のデータを変換して負荷を再現、実際にコースを走っているかのような疑似体験が可能です。

Smart Trainer Workout スマートトレーナーでのワークアウト

Rider750 があれば、自宅でスマートトレーナーを使用してバーチャル・ワークアウトが可能です。ワークアウト・プランは BrytonActive アプリを使用して簡単に作成できます。ANT+ FE-C(フィットネス機器制御用 ANT+)に対応しているので、スマートトレーナーと連動してトレーニングプランに応じて負荷を自動的に再現します。

E バイクに対応

Rider750 は世界中の 160 社を超えるバイクブランドに採用されているシマノ E バイクコンポーネント STEPS に対応し、アシストモードやバッテリーの状態、航続距離などを表示できます。

オートセンサースキャン

あらかじめペアリングされたセンサーは Rider750 のセンサープールに記録され、近くにある起動中のセンサーを自動的にスキャンすることができます。起動中のセンサーとの接続を確認するだけで、ライドの準備は完了です。センサーやバイクの設定切り替え等は不要です。Bryton Active アプリを使えばセンサーの登録名を変更でき、管理が簡単になります。

 

問:フカヤ
http://www.fukaya-nagoya.co.jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load