BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

重症筋無力症と戦う辻浦圭一氏とスペシャライズドがタッグを組んだ!QOLの向上に向けた情報発信を開始

スペシャライズド・ジャパン合同会社は、 シクロクロス競技全日本選手権9連覇を果たすなど、 日本シクロクロス界を代表する選手である辻浦圭一氏にe-Bike 「TURBO LEVO SL(ターボリーヴォエスエル)」を使用してもらうTURBOアンバダサー契約を締結、同氏と共に、 同じような難病の人でも、 e-Bikeを使うことによって人生の質(Quality of Life:QOL)の向上をもたらすということを重要なメッセージとして広く発信していくことを発表した。以下、プレスリリースより。

「重症筋無力症」と戦うレジェンドライダー、辻浦圭一氏

アメリカの総合サイクリングブランドであるスペシャライズドは、 シクロクロス競技全日本選手権9連覇を果たした元プロライダー辻浦圭一氏をe-Bike TURBOアンバサダーとして任命した。 辻浦氏は難病にかかり継続した運動が出来ない状況でしたが、 体力を補いサイクリングをサポートするe-Bike ”TURBO LEVO SL”に乗ることで自らの人生の質を向上させるとともに、 同様の状況の人たちにもメッセージを与えるため挑戦を続けていきます。

辻浦圭一x Levo SL

スペシャライズドは「Pedaling the planet forward(ペダルで地球も前に動かそう)」をミッションに革新的なサイクル用品の開発を行い、 サイクリングを通してライダーの健康や生活の質を向上させるとともに、 地球環境をも改善できると信じて活動を続けているブランドです。

ペダルで地球も前に動かそう

辻浦氏は2011年のシクロクロス全日本選手権の直前から体調を崩し「重症筋無力症」と診断され競技生活からの引退を余儀なくされました。 引退後も趣味のサイクリングと釣りや山菜取りを組み合わせた外遊びを行っていましたが、 病気の影響で継続して運動ができず自転車に乗ることへのハードルが非常に高くなってしまっていたところ「TURBO LEVO SL」に出会い、 継続して運動できない中、 適度な運動を心がけなければならないという矛盾をかき消し、 視野を広げてくれたTURBO LEVO SLをライフスタイルのパートナーとして選んでいただきました。

シクロクロス競技全日本選手権9連覇を果たした現役時代の辻浦氏

今回辻浦氏に使用していただく”TURBO LEVO SL”は軽さ重視の新しいeMTBです。 俊敏で軽快な走りとアシストからくるパワーにより、 これまでのeMTBになかった可能性を体感することができます。 LEVO SLなら、 お気に入りのトレイルで普段なら一本走るのがやっとのところを、 何本でも走れるようになります。

個々人の体力差を埋めアクティビティを一緒に楽しむことができるのもe-Bikeの素晴らしい点

この革新的な商品を一般のライダーのみならず、 例え難病と闘っているような方々にも広く認知していただくことを通じて、 様々な多くのライダーの健康や生活の質の向上を目指してまいります。

モーターが独自設計のTurbo Levo slは超軽量設計のため、ライドを存分に楽しめます。またe-Bikeに見えないスマートな見た目も実現しています。

辻浦氏コメント

2012年2月重症筋無力症と診断を受けて、 胸腺腫を摘出して約2か月半入院をしました。
退院後、 選手復帰を目指したのですが、 病気の症状が良くならず一般の生活もままない状況で入退院を繰り返す生活を送り、 長いときは6か月も入院していることがありました。
重症筋無力症は、 脳から筋肉に指令がうまく伝達せず体を動かすと筋肉がすぐに疲れて力が入らなくなる病気です。 そのため、 全身の筋力が弱くなったり疲れやすくなったり眠くなったりするなどの身体的な影響が生じます。 また、 まぶたが下がってくる眼瞼下垂(がんけんかすい)と、 物が二重に見える複視などの症状が出る難病でもあります。 思ったように活動が出来ない日々は今でも続いていますが、 発症から月日がたち、 症状と付き合いながら何とか一般の生活を送れるようになりました。
体の免疫力を下げたり病気の症状を抑える薬の影響で風邪をひきやすく太りやすくなり、 またコロナにも感染しやすく、 万が一感染してしまったら重症化しやすいため、 気を付けなければいけません。
大好きな自転車には乗れるものの、 自転車の中でも特に好きなマウンテンバイクは筋力を使うために、 トレイルを登りきるころにはクタクタ、 一緒に行った仲間からも大きく遅れたり助けてもらったりと申し訳ない気持ちになり自転車から遠ざかっていました。 そういった状況から、 2020年の夏までは全く自転車に乗らず、 休日は渓流釣りに没頭していて、 釣れるポイントまで林道を歩いて行くことが多かったため、 「自転車で行けたらいいなー」と思い自転車に乗ったのですが、 運動不足の為にほとんど乗ることができず、 降りて自転車を押して上がったため疲れて釣りにならないというジレンマが生じてしまいました。
そんな中、 追い打ちをかけるように定期通院の検査で医者から言われた言葉がありました。 それは、 中性脂肪が高いから「適度な運動」を心掛けるようにというものでしたが、 「継続して運動できへんのにどうやって軽い運動するねん。 」と矛盾を感じていました。
そんな折に、 あることがきっかけで、 先輩と自転車に乗りに行く機会がありe-Bikeをレンタルさせてもらい、 借りたバイクがSpecialized TURBO LEVO SLでした。

約9年ぶりに行った馴染みのトレイルの登りは、 程よい運動くらいで汗をかいてクリア、 下りに関しては、 自身では初のフルサスペンションバイクという事もあり、 快適に下る事ができ、 トレイルでしか味わえない立体感を味わえて感動しました。

そのライドで一つ忘れている事が、 乗っているバイクがe-Bikeだった事。 一般的には、 重たくて下りの面白みに欠けると言われているe-Bikeですが、 TURBO LEVO SLはいわゆる普通のMTBの感覚で違和感なく下ってくることができ、 コーナーの切り替えしや、 縦の体重移動が重量を感じることなく操れたのでとても不思議でした。
TURBO LEVO SLにより、 体力が必要な登り坂ではアシストされ、 大好きだった自転車にまた乗ることができるようになったのはもちろん、 お楽しみの下りも最大限に楽しむことができたのは非常にうれしい驚きでした。 それ以外でも釣りのポイントまでのアプローチライドなど想像力が膨らみ、 様々なアイディアが浮かんできています。 医者から言われて引っかかっていた「適度な運動」も実行することが出来て健康に繋がり、 今のライフスタイルにとてもマッチしていると感じています。
難病という事でいろいろ制限がありましたが、 このバイクとなら様々なことにチャレンジすることが出来そうなので、 楽しんで挑戦していきたいと思っています。

渓流刷りを楽しむ辻浦氏。 自転車は様々なアクティビティをリンクさせて楽しめます。

 

SPECIALIZED
https://www.specialized.com

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load