BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

シクロクロス全日本選手権、マスターズ40歳代は生田目が勝利、筧五郎の6連覇を阻止

冬の自転車競技シクロクロス、その日本国内の頂点を決める第26回 シクロクロス全日本選手権大会が11月28日-29日の日程で長野県飯山市長峰スポーツ公園で開催されている。2日間の日程のうち、初日はアマチュアの頂点を決めるシングルスピード、マスターズのレースが冷たい雨ののなか行われた。

マスターズ40-49では林業で鍛えた脚で生田目が勝利

注目は男子マスターズ 40-49の部の筧五郎選手(56サイクル)で、今回勝てば6連覇となり、6年連続でマスターズ日本チャンピオンとなる。このマスターズ40-49は35-39の1分後にスタートとなった。

「序盤、3人で抜け出したときはいけたと思ったけど、今日はランが早い選手の勝ちだった」と筧選手がレース後に話しているように、雨で滑りやすくなった泥のキャンバーが続くコースでは、ランが勝負を分けた。

ランに苦戦する筧選手は4位に後退、林業の仕事をしている生田目修選手(イナーメ信濃山形)が草刈りの足の運び方を見せつけて独走し、マスターズ40-49で優勝した。2位には太田好政選手(Rapha Cycling Club)、そして3位争いはヒルクライムレースやニセコグランフォンドで活躍する田崎友康選手( Toyo Frame)が筧選手とのスプリント争いとなり、田崎選手が先着した。

ランで強さを見せた生田目選手。ロードレースでもJプロツアーで走る選手だ

マスターズ35-39はC1で活躍する村田が圧勝

いっぽう、35-39の部では普段はC1で走る村田憲治選手(京都岩井商会レーシング)が序盤から快調に飛ばし、実力の違いをみせつける走りで後続を2分半以上引き離し、優勝を飾った。

世界中のレースを撮影するフォトグラファーの辻啓さんもマスターズ35-39に出場し、7位でフィニッシュしている。「スタートで失敗、さらに途中、40歳代の選手に抜かれるのに苦労しました」とレース後にコメント。明日はフォトグラファーとして活躍する。

このほか、マスターズ50-59では元日本チャンピオンの大原満選手(第1~3回全日本選手権で勝利)が優勝し、マスターズでも日本チャンピオンの座を獲得している。2日目となる11月19日には2021年シクロクロス世界選手権代表候補選手選考会を兼ね、男子 U17、U15、女子 U17、U15、男子ジュニア、女子ジュニア、男子 U23、女子エリート、男子エリートが開催される。

第 26 回 シクロクロス全日本選手権大会1日目のリザルト

シングルスピード

1 牧野崇 COGS 0:36:57
2 斉藤和哉 チームシルクロード +0:25
3 吉元健太郎 チーム鳴木屋/Pep Cycles  +1:29
4 腰山雅大 All-City Cycles / 662CCC  +1:49
5 國井豊 中島No Brakes  +3:01
6 蛯子裕樹 SimWorks Racing  +6:50

男子マスターズ 50-59

1 大原満         0:38:37.2
2 山本誠一  DEVOTION +0:30
3 湯浅勉  RIDE LIFE GIANT +1:23
4 藤井修 きゅうべえsports  +2:53
5 村田隆 テクニカルパートナーサイクリングチーム  +2:59
6 羽鳥和重 Cycleclub3UP. +3:16

男子マスターズ 60+

1 原野博明 エキップナカムラ 0:46:19.7
2 松井正通  TOYO FRAME +3:11
3 濱野貞義 大福屋 +3:53

女子マスターズ

1 山崎裕子 0:38:29.5
2 青木寿美恵 AX cyclocross team  +1:02
3 石本あおい Teamインコ  +4:14

男子マスターズ 35-39

1 村田憲治 京都岩井商会レーシング  0:38:36.5
2 落合友樹  TeamRuedaNAGOYA  +2:35
3 高野淳 TEAM YOUCAN  +3:48
4 根本了慈 Champion System Japan Testteam  +4:38
5 笠原宏紀 ROND CX TEAM/PAD  +4:48
6 片岡誉 Team轍屋  +7:58

男子マスターズ 40-49

1 生田目修 イナーメ信濃山形 :38:41.0
2 太田好政 Rapha Cycling Club  +1:44
3 田崎友康 Toyo Frame  +2:21
4 筧五郎 56サイクル  +2:22
5 國分圭二 Mt.HASE321  +3:29
6 石川正道 ChampionSystemJpanTestTeam  +3:36

第 26 回 シクロクロス全日本選手権大会

日時: 2020年11月28〜29日

開催地: 長野県飯山市長峰スポーツ公園

11月29日(日)

男子 U17、U15、女子 U17、U15 8:30 〜
男子ジュニア、女子ジュニア 9:30 〜
男子 U23 10:30 〜
女子エリート:12:50〜
男子エリート: 11月29日(日) 14:00〜

JCF公式WEBサイト
https://jcf.or.jp

AJOCC WEBサイト
https://www.cyclocross.jp/

出典

SHARE

PROFILE

山口

BiCYCLE CLUB / 副編集長

山口

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

バイシクルクラブ副編集長。かつてはマウンテンサイクリングin乗鞍で 入賞。ロード、シクロクロスで日本選手権出場経験をもつ。ただ、44歳を迎えた現在では体力の衰えをカバーしつつも、ロードレースやグランフォンドを楽しむため機材や身体のケアを研究している。

山口の記事一覧

No more pages to load