BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

MERIDA/REACTO TEAM E【日本バイシクル・オブ・ ザ・イヤー2021】

「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021」にノミネートされたMERIDA/REACTO TEAM Eの概要と、選考委員によるインプレッションをレポートする。

空力に加え軽さと快適性も向上新たなるステージに到達した

ドイツに開発拠点を置き、台湾で製作されるグローバルバイクブランド・メリダ。2021年モデルの目玉は、第4世代となるエアロロード・リアクトだ。UCIワールドチームのバーレーン・マクラーレンによって実戦デビューを果たしたこのモデルは、3代めでも評価の高かった世界最高レベルの空力性能を継承してさらに進化させ、軽量化や快適性の向上も進め、オールラウンドに活躍するバイクを目標に開発された。

空力性能の向上は、コックピットまわりのケーブル内装化やフレームとフォークの一体化、シートクランプのビルドイン設計、ディスククーラーの形状見直しなど細かな部分をブラッシュアップすることで実現。CFD解析を利用し、前方からの風だけでなく横風もいなす優れた空力性能を獲得した。また、シートポストにエラストマーを搭載してエアロロードの弱点である快適性も強化。新城幸也選手に「これまでのリアクトの正常進化ではなく違うステージに到達した」と言わしめたほどの高い総合力を誇る。

Spec.

メリダ・リアクト チームE
●価格:125万円(完成車/税抜)
●フレーム:リアクトCF5 IV
●フォーク:リアクトCF5 IVディスクフルカーボン
●コンポーネント:シマノ・デュラエースDI2
●ホイール:ヴィジョン・メトロン55
●タイヤ:コンチネンタル・グランプリ5000
●サイズ:47、50、52、54、56(フレームセットのみ)
●実測重量(ペダルなし):7.45kg(50サイズ)
問:メリダジャパン www.merida.jp

IMPRESSION

先代リアクトとはまったく別のマシンに進化した第4世代|難波賢二

バーレーン・マクラーレンの精悍なカラーにペイントされたリアクトは、空力性能と乗り心地、そして走りの軽さという3拍子を、空力優先ながらそのほかもうまくまとめた秀作。先代リアクトとパッと見のデザインは似ているが、走りの軽さは別次元。出力のあるライダーが求める、上れるエアロロードとして見るならば、10ベスト中ナンバーワンの性能を持っている。リアクトに乗った新城、増田が富士山をバックに集団から逃げる。そんな景色を見てみたい。

新型になって快適さとハンドリングのよさが一気に向上した|山口博久

特徴はその走りの軽さで、バイクのしなりを生かしがら気持ちよく加速でき、そのままスピードを持続できる。一世代前のリアクトもエアロロードとして高速巡行を得意とする、とがったレーシングバイクというイメージだったが、ここにきて硬さだけではなく、快適さ、ハンドリングのよさが一気に向上し、独特なクセがなくなった。さらに東京2020の日本代表候補に選ばれた新城幸也選手の活躍が、リアクトに乗るライダーの気持ちを盛り上げてくれる。

 

バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021 TOPページはこちら

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load