BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

TREK/EMONDA SLR9【日本バイシクル・オブ・ ザ・イヤー2021】

「日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021」にノミネートされたTREK/EMONDA SLR9の概要と、選考委員によるインプレッションをレポートする。

最軽量をさらに速く。世界最速のクライミングバイク

トレックの軽量レーシングロードの代名詞、エモンダが3代めに進化した。そのハイエンドモデルがエモンダSLR。初代で完成車重量4.65kgの完成車を市販し、2代めではフレーム重量640gを実現するなど、圧倒的な軽さを武器にしてきたが、3代めでは空力性能向上のためにフレーム各部の形状の見直しやケーブルのフル内装を実現。さらにフレーム素材に同社で最高ランクとなる新開発の800シリーズOCLVカーボンを採用し、ディスクブレーキ専用モデルでありながら高い強度と軽さを両立。そして軽さに加えて高い空力性能を手に入れることで、歴代モデルで最高の速さを手に入れた。

同社のコンピューターシミュレーションによる実験では、ラルプデュエズや富士スバルラインなど、あらゆるコースでタイムの短縮に成功した。プロジェクトワンによってフレームサイズやデザインを自由に選べ、完成車も複数のグレードのコンポーネントやホイールと組み合わせて作ることができるのも大きな魅力だ。

Spec.

トレック・エモンダ SLR9 Eタップ
●価格:119万7000円(完成車/税抜)
●フレーム:800シリーズOCLVカーボン
●フォーク:エモンダSLRカーボン
●コンポーネント:スラム・レッドeタップAXS
●ホイール:ボントレガー・アイオロスRSL37
●タイヤ:ボントレガー・R4 320クリンチャー●サイズ:47、50、52、54、56、58、60、62
●実測重量(ペダルなし):6.75kg(56)※プロジェクトワン仕様
問:トレック・ジャパン www.trekbikes.com

IMPRESSION

新採用のOCLV800で実現した軽さと高剛性の最適バランス|管 洋介

マドンのエアロダイナミクス技術KVFを採用し、随所にカムテールのフレームカットを採用することで、見ためもシャープに整った新型エモンダ。OCLV800でより軽量かつ高剛性を実現した乗り味は、軽やかさが際立つテイストに仕上がっている。飛びつきのいい後輪追従性と縦横に風を抜けていくエアロ性能の一体感はみごと。立ちまわりはシャープなのに接地感に角がなく、足を挿していくだけでスルスルとスピードに乗ってくれる優れたクルージング性能だ。

クライミングエアロという新境地を開拓した新型エモンダ|ハシケン

けっして硬すぎないBB剛性感から得られる推進力は非常に伸びやか。これぞエモンダの真髄だ。また、他社の軽量モデルがディスクブレーキ化によって失ってきた登坂時の軽快さが新型エモンダには感じられ、クライミングエアロという新境地を体感できる。そして、ライバルとの価格競争でもリードし、プロジェクトワンによるカラーオーダーは魅力。軽量エアロロードというイヤートレンドを高次元な走行性能で示しながら、ユーザー満足度も高く、文句のつけどころがない。

バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021 TOPページはこちら

出典

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load