BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

小顔にもフィットするサイクリング用アイウエア「ルディプロジェクト・トラリクス スリム」|チェック戦隊BCレンジャー

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! それぞれのメンバーが気になるアイテムをチェック。今回は、編集部のモチが「ルディプロジェクト・トラリクス スリム インパクトX®2モデル」をテスト!

UCIワールドチームも使用する万能アイウエア

ルディプロジェクト
トラリクス スリム インパクトX®2モデル

価格:2万9800円〜3万1000円(税抜)
※通常レンズモデルは2万円〜2万5000円(税抜)
素材:ステンレス
サイズ:145×85×80mm
重量:50g

視力がいいから一眼タイプを好むの!

トラリクスは2018年にUCIワールドチームが2チームも装着して、ツール・ド・フランスほか、過酷なレースを駆け抜けたモデルとして知られる。プロが使用しているモデルはたいてい小顔の私には合わないのだけど、トラリクスはベースモデルのほかXLとスリムがあり、スリムはベースモデルよりレンズ幅が1cmせまく、高さは4mmも低いので、小柄な顔の女性にもフィットする。ノーズの調整も自由度が高く、テンプルのフィット感もいい。レンズに採用されているインパクトX®2は、軍事使用目的で開発されたNXTレンズに調光性能をもたせた同ブランドだけのレンズ。高性能なレンズだから作れる一眼レンズタイプは、眼鏡に縁遠い生活の私にとってポイントが高い! 「フチ」に慣れていないので、2眼タイプは走行中に意外と気になるからだ。

風通しがよく、曇りづらい! レンズも簡単に外せて、交換もラクだ! テンプルラバーやエルゴノーズⅨなども1セット6500円(税抜)で好みのカラーに変更できる。

 

モチピンクのコメント

サイクリングのときにはアイウエアをお忘れなく。というのは「人間の身体のなかで唯一内蔵がむき出しになっている部分が目です」とスポーツサングラス専門店オードビー(東京・上野)の店主、佐藤吉男さんに取材をした際に聞いたことがあるからだ。楽しいサイクリング、ヘルメットとあわせてアイウエアがおススメだ。

問:ルディプロジェクトジャパン
www.rudyproject-japan.com

出典

SHARE

PROFILE

もち

BiCYCLE CLUB / 編集部員

もち

マウンテンバイクを中心にeバイク、ロードバイク、ミニベロ、ママチャリなど何でも乗る編集者。速くは乗れないけど上手く乗れるようになりたいと思っている。ENSや全日本選手権に参戦するなどを無謀な挑戦をすることもたまにある。2児の母でもある。

もちの記事一覧

マウンテンバイクを中心にeバイク、ロードバイク、ミニベロ、ママチャリなど何でも乗る編集者。速くは乗れないけど上手く乗れるようになりたいと思っている。ENSや全日本選手権に参戦するなどを無謀な挑戦をすることもたまにある。2児の母でもある。

もちの記事一覧

No more pages to load