BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

與那嶺フランドルでもストレスのたまるレース、39位完走でワールドツアーポイント獲得

4月4日、ワールドツアーウィメンのロードレース「ロンド・ファン・フラーンデレン」がベルギーで開催され、日本チャンピオンの與那嶺恵理(よなみねえり、チーム・ティブコ-シリコンバレーバンク)が出場し、悔しいレース展開でトップから5分22秒遅れとなったが、39位でフィニッシュしUCIポイントを獲得した。

優勝は3月31日に開催されたドワーズ・ドール・フラーンデレンに引き続き、ヨーロッパチャンピオンのアネミエク・ファンフルーテン(モビスターチーム、オランダ)で、2位集団に26秒差をつけての勝利となった。

ここでは與那嶺自身のレポートをお伝えする。

狭い道でスタックし、後退を余儀なくされる悔しい展開

ロンド・ファン・フランデレン クラシックの王様。

体が壊れちゃうぐらい厳しいコース。すごくフラストレーションが溜まっているので、今日こそ、ちゃんと走りたい。生き残りをかけて、Valkenberg(ファルケンベルグ)までは良いポジションでレースを進めました。

終盤に至るきついBerg Ten Houte(ベルグ・テン・ホーテ)の石畳の上り、クルマ1台分がギリギリしかない、狭い道をメイン集団で上り始めたとことで目の前の選手が脱チェーンでスタックしてしまい、停止。思い切り巻き込まれてしまい、私はその選手の右側に差し込んで停止してしまった。

チームメイトのクリステン・フォークナーは私の後ろで左側から抜けていき、最終的にこのレースを10位で終えている。

あああああ。なんでこんなところで……。

気を取り直して前を追うがあと一歩

そこからKanarieberg(カナリエベルグ)に至る幹線道路。

まずはメイン集団に戻らないと! ということで、エースのローレン・スティーブンス、サラ・ジガンテと私でずっと追走する。そして、全力で走ってあと20秒まで詰めたとことで、集団には追いつかずにKanarieberg(カナリエベルグ)へ突入してしまう。

前は見えているので、せめてサラだけでもジャンプアップしてほしいので、前を引いてから、彼女を発射させたが、もういっぱいの状況になった。

そこで武井享介コーチがここで叫んでいる。「えり!!! ローレン!!!」目が覚めてまた前を追って。

Taaienberg(タイエンベルグ)では脚が引きちぎれそうだったけど、ローレンが「戻りたい、戻してくれ」というので、私も全力でローテーションをまわしたが、もう一度はもう無理だった。

前からどんどんドロップしてきた選手をキャッチアップしては、前を追っていく。そして膨らむ追走の集団、本当に悔しい。こんなはずじゃにのに……。

いよいよ最終局面、Oude Kwaremont(オウデ・クワレモント)とPaterberg(パーテルベルグ)をよじ上って

そういえば多分ワールドツアーポイント圏内が見えてきた。

そして、30名ほどの集団でスプリントをして39位。なんとかポイント確保。

 

チームメイトはとけば。クリステンは生き残って10位。半端ない。また、ローレンは最後にこかされちゃって落車。サラも位置が悪かった。

レース後の反省として、チーム内での連携の大切さを思い知らされた。

私がスタックに巻き込まれた時、チームでは私が先頭だった。みんな私より後ろいいて、対応できなかった。チームでポジションを維持しないとどうにもならないぐらい、レースはとにかく速く、他のチームは組織化されてきている。チームとして、もっとまとまって上手く戦える様にしていきたい。

さて、次は4月18日からはじまる、アルデンヌクラシック(アムステルゴールドレース、ラ・フレーシュ・ワロンヌ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ)へ続く。

少し休養して、もう一歩、もう二歩、コンディションを高めて挑みます。

 

全てを力に変えて

よなみね えり

各地点の武井享介コーチの動画

Kattenberg 57km

https://twitter.com/takeikyosuke/status/1378703104745615364

 

Karel Martelstraat 68km

https://twitter.com/takeikyosuke/status/1378707996092551168

 

Valkenberg 90km

https://twitter.com/takeikyosuke/status/1378716754373922821

 

Kanarieberg 108km

https://twitter.com/takeikyosuke/status/1378724195228606466

 

Kruisberg/Hotond 120km 手前

https://twitter.com/takeikyosuke/status/1378728580448985095

 

Oude Kwaremont 136km 出口

https://twitter.com/takeikyosuke/status/1378736663489298433

 

リザルト
ロンド・ファン・フラーンデレン(1.WWT )152 km

1 アネミエク・ファンフルーテン(モビスターチーム、オランダ)4:01:11
2 リサ・ブレナウアー(セラティジットWNTプロサイクリング、ドイツ) +0:26
3 ブラウン。・グレース(チームバイクエクスチェンジ、オーストラリア)ST
39 與那嶺恵理(チーム・ティブコ-シリコンバレーバンク、日本) +7:41

 

レース公式WEBサイト
https://www.ddvl.eu/nl/ddv

輿那嶺恵理 公式WEBサイト
http://eriy.jp/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load