BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

與那嶺、フランドル直前のベルギーのクラシックDDVでメカトラブルに苦しむ

3月31日、ワールドツアーウィメンのロードレース「ドワーズ・ドール・フラーンデレン(DDV)」がベルギーで開催され、日本チャンピオンの與那嶺恵理(よなみねえり、チーム・ティブコ-シリコンバレーバンク)が出場し、メカトラブルによりトップから7分41秒遅れの52位でフィニッシュした。

優勝はヨーロッパチャンピオンのアネミエク・ファンフルーテン(モビスターチーム、オランダ)で、ともに逃げ切ったカタジナ・ニエウィアドマ(キャニオン・スラム・レーシング、ポーランド)が2位でフィニッシュしている。ここのところ結果を残せていなかった與那嶺だが、万全なコンディションで臨んでいたがメカトラブルでの後退、自身にとってフラストレーションのたまる結果となった。與那嶺自身のレポートをお伝えする。

ベストコンディションで臨むも、チェーントラブル

レースは60km過ぎ、最初のセレクションのパヴェにいい位置で入る。 先頭から20名ぐらい。いい感じ。
しかし……、 パヴェの上り返しでチェーンが突然噛み込み、完全にスタックしてしまいました。メカトラブルを直してくれる奇跡のおじさんはすぐに現れず。チームカーはプロトンの最後尾、のさらに後ろにいる。

止まって手でチェーンを引っ張り上げ、なんとか修復をしたらコミセールカーにも抜かれ最後尾になってしまいました。 多くのライダーに抜かれる間、時間が止まりました。 楽しみにしていたDDV、入念な準備をして試走もしっかり2回もしたのに。
コースを頭に入れて展開を考えて。 そこまで準備をしても、これですよ……。もう泣きたい。

機材とフレームの相性が少し悪く。 私とクリスティンはスプロケットを11-32T。 今日はクリスティンもチェーンスタック。 フランダース(4月4日、ロンド・ファン・フラーンデレン)に向けて負荷はしっかりかけるべきだから、 こうなったらあとは個人TTの気持ちで。 同じトラブルが起きてしまったクリスティンと一緒に走り続けることにした。

走りながら本当にがっくり。 武井コーチもがっくり。多くの準備をしてこの結果。 本当に、仕方がない。 変速のタミング、機材のセッティング。 丁寧にもう一度見直して、日曜日のフランダースへ。

全てを力に変えて

よなみね えり

リザルト
ドワーズ・ドール・フラーンデレン(UCI 1.1)122.2 km

1 アネミエク・ファンフルーテン(モビスターチーム、オランダ)3:04:04
2 カタジナ・ニエウィアドマ(キャニオン・スラム・レーシング、ポーランド) ST
3 アレクシス・ライアン(キャニオン・スラム・レーシング、アメリカ)0:19
52 與那嶺恵理(チーム・ティブコ-シリコンバレーバンク、日本) +7:41

 

レース公式WEBサイト
https://www.ddvl.eu/nl/ddv

輿那嶺恵理 公式WEBサイト
http://eriy.jp/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load