BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

女子自転車のトップのレベルを痛感! イタリアでのレースデータも公開、與那嶺恵理のいま

3月21日、ワールドツアーウィメンのロードレース「トロフェオ・アルフレッド・ビンダ」がイタリア北部ロンバルディア州バレーゼ県チッティーリオで開催され、日本チャンピオンの與那嶺恵理(よなみねえり、チーム・ティブコ-シリコンバレーバンク)が出場し、43位でフィニッシュした。

優勝はイタリアのエリーザ・ロンゴボルギーニ(トレック・セガフレード ウィメン)で、マリアンヌ・フォス(チーム ユンボ・ヴィスマ ウィメン、オランダ)のいる2位集団に対して1分42秒差をつけ圧勝しているが、このメイン集団に與那嶺の姿はなかった。国内なら男子レースでも走り切れるパワーを持つ與那嶺だが、世界のトップ、ワールドツアーウィメンはさらにその上をいっているのが現状だ。ここではパワーデーターもあわせて、與那嶺自身のレポートをお伝えする。

トロフェオ・アルフレッド・ビンダは開催地チッティーリオ出身の名選手で、初めてのプロロード世界選手権の勝者でもあるアルフレッド・ビンダの名に由来する。その名を冠した女子レースとして、1974年から開催される伝統のレースとして知られている。

レース数をこなせていない、成績を出せない悔しさ

悔しいです。最後に残り仕事ができなかった自分に腹が立ちます。ですが、これもワールドツアー。参考までにパワーデータも一部公開しますので、見て下さい。

水曜日のノケレでのレースを終え、丸一日移動をしてイタリアで開催するトロフェオ・アルフレッド・ビンダへ。今シーズンワールドツアー2戦目。そろそろパリッとレースをしたいです。

コースは変則的に5周回、周回ごと2回上ります。なので合計10回以上上ることになります。

チームからの作戦、私はサラ(ジガンテ)のサポートと、中盤以降の動きに乗ること。あとは適当に位置取り良く、自由にしていいよ。

という、指示をもらいながらレース結果は思うようにいかない。

とにかく速かった。私が弱いのかな。凹みます。もっとやれるはず。

最初の登りからむっちゃ速く、耐えるので精一杯

脚がスカスカする。

「そろそろ割れるから、残ってるEriとSarahは次の動きに乗って」と無線が入り残り2周となりましたが、無線で監督にも「ちょっと今日は厳しいかも」と伝えました。

下りで前に上がって、ゴール手前の上りから激しく動きが始まりました。

動画はこちらから

武井享介(TK)コーチのライブをどうぞ。3分30秒過ぎからです。

あと一歩でギリギリ乗り切れず、悔しいことになってしまった。

で次の上りでなぜか脚が一杯になってしまい、6名ほどがドロップ。エースのローレン(スティーブンス)とサラが前に残り、私はチームカーのコンボイが使いきれず、メイン集団に復帰できませんでした。

こうなるんだったら動かなきゃよかった。けど千切れるつもりで動くわけじゃない。当然、上りで耐えられると思って動くわけで。メイン集団に最後まで残れないなんて、あり得ない。

私がまだ少し弱い。

仲良しの元同僚たちが良い順位を獲得し、私もそろそろ順位が欲しいです。

エースのローレンが16位とサラ23位と前に残った。サラはアンダーのツアーリーダージャージを獲得!

與那嶺のパワーデータ

レース時間 3h50m
平均パワー 228 W
最大パワー 706 W
最大平均パワー(20 分) 261 W
NP(Normalized Power) 233 W
TSS(Training Stress Score) 291.2
運動量 2,706 kJ

與那嶺のパワーデータ。平均パワーで228Wと体重の4倍以上で4時間近いレースを走っていることがわかる。

TKコーチからは「昨年のレース数は彼女たちより少ないから、今年の前半で適応を引き出しましょう」といわれている。

チームの安心感、最高の機材、あとは私がやるだけ。

この後のレーススケジュールはヘント〜ウェヴェルヘムはスキップして、ドワーズ・ドール・フラーンデレン、ロンド・ファン・フラーンデレンに挑みます。

今週は少しトレーニングのボリュームを増やし、ちょっと体も再構築します。

 

全てを力に変えて

よなみね えり

リザルト
トロフェオ・アルフレッド・ビンダ(1.WWT)141.8㎞

1 エリーザ・ロンゴボルギーニ(トレック・セガフレード ウィメン、イタリア)3:43:29
2 マリアンヌ・フォス(チーム ユンボ・ヴィスマ ウィメン、オランダ)+1:42
3 セシリーウトラップ・ルドヴィグ(FDJヌーヴェルアキテーヌ・フチュロスコープ、デンマークST
4 カタジナ・ニエウィアドマ(キャニオン・スラム レーシング、ポーランド)ST
5  ソラヤ・パラディン(リブレーシング、イタリア)  ST
6 マビ・ガルシア  (アレBTCリュブリャナ、スペイン)ST
43 與那嶺恵理(チーム・ティブコ-シリコンバレーバンク、日本) +5:17

コース

 

レース公式WEBサイト
cyclingsportpromotion.com

輿那嶺恵理 公式WEBサイト
http://eriy.jp/

 

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load