BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ノコギリ形状がエアロで1255gという軽量ホイールを実現「353NSW」登場|ZIPP

「ZIPP(ジップ)」から、新製品「353 NSW DISC-BRAKE(ディスクブレーキ)」が登場。ジップの代名詞ともいえるノコギリ形状の「Sawtooth」を採用することで空気抵抗のを減らした45㎜ハイトリムを採用。さらにチューブレスホイールの中で最軽量クラスとなる1255gという軽さを実現している。

さらにTotal System Efficiencyというホイールを設計するアプローチを採用することで、スピードを妨げる抵抗(風の抵抗、重力、転がり抵抗、振動損失)などを最適化している。この2つのテクノロジーを融合することで、パフォーマンスを向上させたのが、この353 NSW ディスクブレーキだ。

ノコギリ形状でより、エアロに、軽くできるSawtoothリム

ノコギリ状の起伏により構成されるSawtooth(ソーティース)リムは、回転することでヴォルテックスジェネレーターとしての役割を持ち、空力効率と横風の安定性を最適化する。さらに、構造的にも補強となることから軽いリムを実現している。

ワイドリムとフックレスリムというトレンドの先端を行くジップ

ジップでは、フックレスリムは「より速く」を実現するために不可欠なものだとしている。これは今までジップが説明してきているように、フックレスではタイヤとリムのつながりがスムーズになることで、エアロ効果を発揮するからだ。また、構造をシンプルにすることで樹脂が効率的に浸透、カーボン繊維によるレイアップが確実にできる構造となりため、より強度が高く、軽くすることができる。

新しくなったCognition V2ハブセットを搭載

Axial Clutch V2(アクシャル・クラッチV2)機構により、従来モデルと同じく空転時にはラチェットを分離することで機械抵抗を減らしながら、1周あたり54ノッチとなり、従来の36ノッチよりもより細かくなっている。これにより、踏み込んだ時のタイムラグを減らし、また、耐久性も向上させている。

353 NSW CARBON TUBELESS DISC-BRAKE

価格:フロント/262,460円 リア/319,550円

SPEC

ホイールサイズ:700c
リム材質:カーボン
適合タイヤ:チューブレスレディ
ブレーキタイプ:ディスク(センターロック)
対応フリー:SRAM 10/11sp 12x142mm/XDR 12x142mm(カンパニョーロ用フリーは別売り)
ホイールセット重量:Front 580g Rear: 675g
※12mmスルーアクスル、XDRボディ。チューブレステープは重量に含まれません。

付属品:12mmアクスル用エンドキャップ、センターロックインターフェース、ロックリング

特徴

  • ZIPP最軽量のチューブレスホイール
  • タイヤ装着を容易にするために最適化されたタイヤベッド
  • TSEによる効率化と転がり抵抗の低減
  • HyperfoilノードとHexFin ABLCディンプルパターンを採用したノコギリ状のリムが、最高のエアロ性能とク横風安定性を実現
  • Cognition V2ハブセットは、ペダリング中も惰性走行でも効率的に転がります。
  • 搭載されているAxial Clutch V2テクノロジーにより、機械抵抗を減らし減速を抑えます。
  • ダイレクトプリント技術「ImPress」で描かれたZIPPのロゴグラフィック

 

問:インターマックス
http://www.intermax.co.jp/

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load