BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

GIOS(ジオス)・ナチュールカーボン|ニューモデルインプレッション

注目の最新モデルを徹底インプレッション! 今回は、ジオスらしいシルエットはそのままに2021年モデルから追加された待望のカーボングラベルロード、GIOS・NATURE CARBON(ジオス・ナチュールカーボン)をベテランライダーの管洋介がテスト。走るスタイルに合わせたアップグレードも楽しめる1台だ!

ニューモデルインプレッション
一覧はこちらから

エアロシルエットをまとったカーボングラベル「NATURE CARBON」

近年はロードバイクだけでなくグラベルロードにも力を入れているイタリアのジオス。2020年モデルまではスチールとアルミの金属製フレームのみのラインナップだったが、2021年モデルで待望のカーボングラベルロードが追加された。
ナチュールカーボンはジオスらしいロードバイク然としたシルエットであり、エアロ性能も高めた形状を採用する。フレームに使用される素材は30tグレードの高弾性カーボンで、チューブ径や形状のコントロールにより、グラベルに対応した振動吸収性を生み出している。
コンポーネントはグラベルロードの標準ともいえるシマノ・GRXを採用し、オンロードとオフロードをボーダレスに走れる38Cタイヤをアッセンブル。完成車パッケージのままでグラベルを十二分に堪能できる仕様といえる。
もしアップグレードするならユーザーが購入後に好みのものに交換できるよう、あえて低コストの選択がされているホイールだろう。
今回試乗したバイクも標準のWH-RS171からマイクロテックのMR38カーボンホイールにアップグレードがされており、大幅な軽量化を達成していた。カーボンまで奢らなくともアルミリムのミドルグレードでも十分効果は見込めるので、自分の理想に合わせたホイールで購入後のアップグレードを楽しみたい。

ハイトの高いグラベル用タイヤに対応するために、ダウンチューブは湾曲した形状を採用
コンポーネントはシマノ・GRXをアッセンブル。STIレバーをRX600、リアディレイラーをRX800、ブレーキキャリパーをRX400としたミックスだ
空気抵抗を軽減するためにシートポストクランプはフレームに内蔵する。また細身のシートステーを下側にオフセットして接続することで、振動吸収性と路面追従性を確保した
カーボン製のストレートフォークは42Cタイヤまで装着可能なクリアランスを確保

ジオス
ナチュールカーボン

30万5800円(完成車)、16万2800円(フレームセット)

SPEC

■フレーム:ハイモジュラス30Tユニディレクショナルカーボンモノコック ■フォーク:カーボン ■コンポーネント:シマノ・GRX ■ハンドル:ジオス・オリジナル ■ステム:ジオス・オリジナル ■シートポスト:ジオス・ナチュール ■ホイール:シマノ・WH-RS171 ■タイヤ:パナレーサー・グラベルキング、700×38C ■カラー:ブラック×ブルー ■サイズ:490、510、530mm ■試乗車重量実測値:8.6kg(510mm/ペダルレス)※ホイールのみ完成車と異なる

機敏な運動性能を武器にグラベルだけでなくロードライドにも通用する

管洋介がインプレッション

大胆な弓状のアーチを描いたダウンチューブの形状が走りに大いに生かされていて、トルクキャッチから踏み込みに至るまでの伝達力が機敏だ。ライダーの意思と同時にバイクが前に出る感覚があり、オフロードでスピードの細かな緩急があるシーンや、オンロードの上り、Uターンコーナーの立ち上がりなど、軽快な瞬発力を武器に楽々とクリアできる。そして振動に対してもこの弓状のダウンチューブとトップチューブに加え、オーバル状のフォークが路面からの突き上げを軽減。さらにはカムテールデザインのダウンチューブ、オフセットされたリアステーなど随所に巡航性能を高める機構が詰まっている。グラベルタイヤだけでなくオンロードタイヤに履き替えればロードバイクとしても存分に楽しめるバイクだ。

インプレッションライダー
管洋介

競技歴25年のベテランライダーで自身のチーム、アヴェントゥーラサイクリングの代表も務める。最新のカーボンロードからスチールバイクまで、長年の経験を生かした的確なインプレッションが持ち味。身長168cm。

ニューモデルインプレッション
一覧はこちらから

管洋介のその他の記事は
こちらから

 

問:ジョブインターナショナル
www.job-cycles.com/gios

出典

SHARE

PROFILE

管洋介

BiCYCLE CLUB / 輪界屈指のナイスガイ

管洋介

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

アジア、アフリカ、スペインなど多くのレースを走ってきたベテランレーサー。アヴェントゥーラサイクリングの選手兼監督を務める傍ら、インプレやカメラマン、スクールコーチなどもこなす。

管洋介の記事一覧

No more pages to load