BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

乗りだしの軽さに驚く軽量ポリウレタンチューブ「チューボリート・Sチューボロード」

編集部が気になるパーツやアクセサリーをインプレッション! それぞれのメンバーが気になるアイテムをチェック。今回は、チューブとしてはちょっと高価だけど、チューブレスレディータイヤのような軽い乗り心地を実感できる軽量ポリウレタンチューブ、「チューボリート・Sチューボロード」を編集部のモチがテスト!

驚きの軽さをもつポリウレタンチューブ(Tubolito)

チューボリート
Sチューボロード

価格:5280円
バルブ:仏式
サイズ:700×18~28C
バルブ長:42、60、80(mm)
重量:23g(42mm)、24g(60mm)、25g(80mm)
厚さ:0.15mm ※ディスクブレーキホイール専用

新しい足まわりを手に入れた感じ

まず、軽い!と驚く。乗り出しが軽く、クリンチャータイヤなのにチューブレスレディータイヤの乗り心地に近くなった。今回は115g / 1本のチューブから23gのチューブに履き替えたので、前後で184gも軽くなっている。やっぱり軽さは正義なのかな? メーカーによると耐パンク性能はブチルチューブの約2倍だそう。さらにフリックスキットというチューボリート専用のパンク修理パッチが出ている。リムブレーキ用のチューボロード(4730円)、MTB用、シクロクロス/グラベル用、BMX用、ブロンプトン用などもラインナップしている。チューブとしてはかなり高価だけど、乗り心地のよさを手持ちのMTBでも試してみたくなった!

タイヤにはめずに空気を入れると伸びて戻らなくなるので注意。そのほか樹脂製バルブを真っ直ぐはめる、タイヤレバーを使用しないなど、あたりまえだけど装着時にも注意が必要

モチのひと言

チューボリートについて、ブチルチューブとあまり変わらないという人もいるし、ラテックスチューブのほうがいいという人もいる。賛否両論のチューブをいちど試してみたかった。そして今回、そのチャンスが来た!

モチのその他の記事は
こちらから

問:マルイ
www.facebook.com/maruiltd

出典

SHARE

PROFILE

もち

BiCYCLE CLUB / 編集部員

もち

マウンテンバイクを中心にeバイク、ロードバイク、ミニベロ、ママチャリなど何でも乗る編集者。速くは乗れないけど上手く乗れるようになりたいと思っている。ENSや全日本選手権に参戦するなどを無謀な挑戦をすることもたまにある。2児の母でもある。

もちの記事一覧

マウンテンバイクを中心にeバイク、ロードバイク、ミニベロ、ママチャリなど何でも乗る編集者。速くは乗れないけど上手く乗れるようになりたいと思っている。ENSや全日本選手権に参戦するなどを無謀な挑戦をすることもたまにある。2児の母でもある。

もちの記事一覧

No more pages to load