BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

雪壁残るゾンコランでチームメイトのトラトニク2位、新城幸也は86位|TEAM ユキヤ通信

第104回ジロ・デ・イタリアに出場中の新城幸也。第14ステージの舞台はモンテ・ゾンコラン。ジロでは度々決戦の地としてコースに入る名物的な峠の一つで、標高1750mをいっきに駆け上がるというべき、平均勾配11%、最大27%の激坂を越える山岳ステージ。今年は200km越えのステージが設定された。

心配されたほどの山頂での天気の崩れはなかったものの、時より小雨で霧が立ち込め、気温は3度という厳しい状況のフィニッシュ地点となった。

新城の所属するチームバーレーン・ヴィクトリアスは逃げに乗ったヤン・トラトニック(スロベニア)にレースを託すことになる。ヤンはチームの期待に応える走りで、区間2位でフィニッシュ。さらにダミアーノ・カルーゾ(イタリア)も総合3位をキープし、新城はトップから31分45秒差の86位でレースを終えている。

新城幸也コメント

『ヤンのステージ優勝にもう一歩だった。序盤のアタック合戦で抜け出した11人が強力で、アスタナはステージ優勝を狙っていたんだろうけど、逆にタイムを失ってしまったよね。

ダミアーノは相変わらず、強くて頼もしい限り。ヤンが逃げに加わったことで、自分1人でダミアーノの位置取りをしなくてはならなくて、ゾンコランの登り口までは行きたかったのだが、2級の頂上は越えれたのだが、下りの中切れにあいってしまい、ゴールまで40kmを残して、集団から遅れてしまった。

最低限事は出来たのだが、もう一仕事したかった。それは明日にセーブしろという事だと思って、今日のステージは走りきった。

明日も簡単に見えて、簡単ではないステージ。登ってみないとわからないが、勾配もきついし、集団になるとサバイバルな展開になると思う。また、逃げになる可能性もゼロではないよね』

無事にフィニッシュし下山に備える新城               photo Miwa IIJIMA

☆レース公式ページ↓
レースのアプリもダウンロードできます。

www.giroditalia.it

放送予定(ライブ配信)

・Jスポーツ サイクル
ジロ・デ・イタリア | サイクルロードレース | J SPORTS【公式】

・GCN+
GCN+ Live racing, Highlights & Analysis + Documentaries, Shows & Adventure Films (globalcyclingnetwork.com)

SHARE

PROFILE

BiCYCLE CLUB 編集部

BiCYCLE CLUB 編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

BiCYCLE CLUB 編集部の記事一覧

No more pages to load